【2016最新】コンパクトカー人気・おすすめランキングBEST5

◆この記事をシェアする

国産コンパクトカーの人気・売れ行き車種を、最新の新車販売台数をもとにランキング形式でご紹介します!

それぞれの車種の主なスペックや特徴、おすすめポイントなども解説。

車の購入・乗り換えを検討している方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ミニバン人気・売れ行きランキング

5位 トヨタ ヴィッツ

トヨタ ヴィッツ

  • 販売台数:5,204台
  • 新車価格:115~219万円
  • 動力分類:ガソリン
  • 乗車定員:5名
  • 燃  費:17.2~25.0 km/L

トヨタを代表するコンパクトカー「ヴィッツ」。欧州をはじめとする海外市場でも販売されており、「ヤリス」という車名で展開されています。

現行の3代目モデルは2010年に登場。排気量は1.0L、1.3L、1.5Lと3つの選択肢があります。

ボディカラーは、ベーシックな色からポップなものまで全17色をラインナップ。見た目や性能をスポーツテイストにカスタマイズした「G’s」も設定されているなど、購入する際にいろいろ楽しく悩めそうです。

なお、2016年12月にマイナーチェンジを行うと予想されており、ハイブリッドモデルや新カラーの追加などが予定されています。

関連記事 トヨタ新型ヴィッツ最新情報!マイナーチェンジでハイブリッド追加へ

4位 日産 ノート

日産 ノート

  • 販売台数:5,606台
  • 新車価格:147~226万円
  • 動力分類:ガソリン
  • 乗車定員:5名
  • 燃  費:18.2~26.2 km/L

日産ノートがヴィッツを僅差で上回り4位にランキングされています。

初代モデルは2004年に登場。2012年に現行モデルへとフルモデルチェンジをおこなっています。

現行ノートは日本専用モデルとして開発・生産されており、国内ユーザーのニーズに合わせた設計がされています。エンジンは直列4気筒の1.2Lと1.6Lが用意されています。

なお、2016年秋には大型改良が施され、Vモーショングリルを取り入れたエクステリアへの変更や、ハイブリッドモデルの追加などがおこなわれる予定です。

3位 トヨタ パッソ

  • 販売台数:6,476台
  • 新車価格:115~183万円
  • 動力分類:ガソリン
  • 乗車定員:5名
  • 燃  費:24.4~28.0 km/L

耳に残る「プチトヨタ」のキャッチコピーとともに2004年に登場したトヨタ・パッソ。2016年4月に3代目となる現行モデルへフルモデルチェンジをおこなっています。

今回の新型は、「街乗りスマートコンパクト」がコンセプトとなり、2代目まで設定されていた1.3Lモデルが廃止に。

ボディサイズは前モデルとほぼ同じですが、ホイールベースが50mm延長されたことにより、前席と後部座席のスペースが75mm拡大。居住性が向上しています。

また、マツコ・デラックスさんを採用したTVCMシリーズもとてもインパクトがありましたね。覚えている人も多いのではないでしょうか。

2位 ホンダ フィット

ホンダ フィット

  • 販売台数:7,034台
  • 新車価格:129~222万円
  • 動力分類:ガソリン/ハイブリッド
  • 乗車定員:5名
  • 燃  費:19.0~36.4 km/L

初代モデルは2001年に発売開始。燃料タンクを車の中央付近床下に配置する「センタータンクレイアウト」を新たに採用したことで、それまでのコンパクトカーでは考えられないような広い室内や低燃費性能を実現。

その後現在にいたるまで、新車の年間販売台数No1を何度も獲得するなど高い人気を誇っています。個人的にはいまだに「コンパクトカーといえばフィット(FIT)」というイメージが強いです。

現行は2013年9月に発売された3代目モデル。パワートレインが刷新され、出力や低燃費性が大幅に向上。1.3Lモデルでは26.0km/L(JC08モード)を達成しました。

また、2代目フィットがマイナーチェンジをおこなったタイミングで、ハイブリッドモデルの「フィット・ハイブリッド」が新たに登場。現行モデルでは、最高36.4km/Lと高い燃費性能を実現しています。

1位 トヨタ アクア

トヨタ アクア

  • 販売台数:11,220台
  • 新車価格:176~243万円
  • 動力分類:ハイブリッド
  • 乗車定員:5名
  • 燃  費:33.8~37.0 km/L

ランキング1位に輝いたのは、2011年12月に発売された小型ハイブリッド車「トヨタ・アクア」でした!

ちなみに、年間販売台数では4年連続1位(2012~2015年)を獲得しています。すごい人気ですね…。

発売から「世界トップクラスの低燃費」と宣伝しているとおり、圧倒的な低燃費性能が最大の特徴。老若男女問わず受け入れられるデザインも魅力です。

また、クロスオーバーSUVテイストにカスタマイズした「X-URBAN」や特別仕様車の「 S“Style Black”」なども人気があります。

発売から6年を迎える2017年には新型へフルモデルチェンジするとみられています。国内トップの販売台数を誇るアクアだけに、どのように進化するのか大注目となりそうです。

関連記事 トヨタ・アクア 新型へフルモデルチェンジは2017年末か

※当ランキングは、2016年8月の新車販売登録台数をもとに作成しています。販売登録台数は日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会、carmuse調べによるもの。

【2016最新】コンパクトカー人気・おすすめランキングBEST5
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする