ホンダ新型CR-V情報まとめ!フルモデルチェンジは2017年?

◆この記事をシェアする

ホンダのミドルクラス・クロスオーバーSUV「CR-V」のフルモデルチェンジ情報をご紹介します。

7人乗り&プラグインハイブリッドになるという噂や、日本で発売される可能性など、新型CR-Vの最新情報をたっぷりお伝えします!

スポンサーリンク

ホンダ CR-Vとは?

1995年登場のミドルサイズSUV

■初代CR-V

初代ホンダ・CR-V

出典 – http://www.favcars.com/

ホンダ「CR-V」は1995年10月に発売されたミドルサイズSUV。本格SUVというよりも、街乗りをメインとしているクロスオーバーSUVです。

CR-Vという車名は「Comfortable Runabout Vehicle(コンフォータブル・ランナバウト・ビークル) の頭文字です。

それぞれの単語の意味は、

  • コンフォータブル … ゆったり、居心地良い
  • ランナバウト … その辺を気軽に走り回るといった意味合い
  • ビークル … 乗り物

ゆったりと快適な乗り心地ながら、機動性のある車という意味が込められています。

5年~6年のスパンでフルモデルチェンジを行い、一番新しいモデルは2011年に発売された4代目モデル。3代目のデザインを継承しながらも、よりスタイリッシュな外観へと生まれ変わりました。また、ボディサイズはややサイズダウンしながらも、室内長は225mmも拡大されていて居住性の向上が図られています。

搭載エンジンは、2.0L 直列4気筒と2.4L 直列4気筒の2種類です。

現行モデルは国内で既に生産終了…

■国内最終モデル(4代目)

国内最終モデル(4代目)となるCR-V

出典 – http://www.honda.co.jp/

長年、人気SUVとして親しまれてきたCR-Vですが、残念なことに2016年3月31日をもって国内での生産終了が決定。同年4月以降は在庫対応のみとなっています。

生産終了の理由は販売台数の落ち込みです。まー当然の理由です。売れてたら生産終了になりませんからね。

背景には、コンパクトクラスのクロスオーバーSUVの台頭があります。CR-Vのような大柄なボディのSUVは日本国内の道路事情では運転しにくく、女性ドライバーや身の丈にあったものを好む若者、エコを重要視する方たちには支持を得ることがなかなか難しい状態です。

一方で、同じホンダの”コンパクト”クロスオーバーSUV「ヴェゼル」は発売直後から非常に好評な売り上げをキープ。2015年のSUV部門国内販売台数1位を獲得しています。かたやCR-Vは10位圏外となっています。

結果、ヴェゼルに吸収される形で生産終了になりました。

一方、海外では人気のCR-V

グローバル戦略車として海外展開しているCR-Vですが、北米を中心とした世界市場では現在もとても人気があります。

海外のSUVオブザイヤー2015を受賞するほどで、販売台数も伸びているようです。

そして、海外の自動車メディアでは、新型CR-Vと思われるスクープ画像なども出てきています。

新型CR-Vはどのように進化するのか?そして、一番気になる「日本では発売されるのか?」という疑問について、今から解説していきます。

新型CR-Vの最新情報まとめ

次期CR-Vは7人乗り&PHV搭載か

新型CR-Vと思われるテスト車両

出典 – http://www.autoguide.com/

最新情報によると、次期CR-Vは3列シートの7人乗り仕様になり、しかもPHV(プラグインハイブリッドシステム)が追加で搭載されると見られています。

新型CR-Vのテスト車両を見ると、現行モデルよりも全長が延長されているのが分かります。

また、PHVモデルの追加は、欧州や北米最大の販売マーケットであるカリフォルニア州などにおける排ガス規制の厳格化が関係しています。

今後もさらに排ガス問題に対する規制が厳しくなると予想されるなか、グローバルに展開しているモデルとしては速やかに対応するのは当然です。

7人乗りの設定はともかくとして、PHVの導入はほぼ確実といえるでしょう。

「7人乗り&PHV」なら日本復活もありえそう!

7人乗りでPHVが搭載されるとなると、日本で販売される可能性も十分あります。

世界のトレンドと同じく、日本でもクロスオーバーSUVの人気が高まっています。日産・エクストレイルには7人乗りの設定がありますが、その他のクロスオーバーSUVを見渡すと、3列シートで7人乗りが可能なモデルはパッと思いつきません。

今後、7人乗りのクロスオーバーSUVは、ミニバンの対抗馬としてもっと人気が出てくるはず。

また、プリウスPHVの新型が間もなく登場しますが、ハイブリッドに代わってPHVがいよいよ本格的に主流になってきそうです。

三菱・アウトランダーPHEVは、今でこそ例の問題で販売台数は落ち込んでいますが、ガソリンモデルより販売台数が多くなるなど、既に人気モデルとして一部の人たちに好評を得ていました。

新型CR-Vが7人乗りPHVとして上手く進化出来れば、ヴェゼルをはじめとしたコンパクトクロスオーバー車と差別化ができ、さらに他社のミニバン(特にミニバンに強いトヨタ)需要層をひっぱってくることもできそうです。

また、単純に歴代CR-Vのファンも多くいますし、中~大型SUVというカテゴリーをみすみす捨ててしまうのはもったいないですしね。 

新型CR-Vのエクステリア

新型CR-Vと思われるテスト車両(フロント~サイドビュー)

出典 – http://www.autoguide.com/

新型CR-Vと思われるテスト車両(フロントビュー)

出典 – http://www.autoguide.com/

新型CR-Vと思われるテスト車両(サイドビュー)

出典 – http://www.autoguide.com/

新型CR-Vと思われるテスト車両(リアビュー)

出典 – http://www.autoguide.com/

海外で撮影された新型CR-Vと思われるテスト車両です。

まだほとんどがカモフラージュされていますし、フロントマスクなんかはほとんど現行モデルのままなような気がします。

リアランプは、フィットやシビックのようなL型のデザインとなっています。

そして各メディアでも言われていますが、3列シート7人乗りになるため若干ボディサイズが大きくなっているようです。

発売時期はいつ?

発売時期は2017年末~2018年とみられています。

日本への導入については現時点で未定ですが、新たな情報が入り次第お伝えしていきます!

ホンダ新型CR-V情報まとめ!フルモデルチェンジは2017年?
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする