マツダ新型CX-5徹底解説!フルモデルチェンジで2017年2月発売!

◆この記事をシェアする

マツダのクロスオーバーSUV「CX-5」が2017年2月にフルモデルチェンジを予定しています。

新型CX-5の発売日情報やデザイン、スペックなど、最新情報を詳しくお伝えします!

スポンサーリンク

現行CX-5は2012年登場

現行CX-5

現行モデルのCX-5は2012年2月16日に発売されました。

「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」をテーマに開発された新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」が初めて全面採用された車種としても有名です。

特に、高い低燃費性を実現した「SKYACTIVエンジン」は高い評価を集め、マツダが躍進する大きなきっかけになりました。さらに、日本で初めて本格的に採用され、今やマツダの代名詞となった「クリーンディーゼル」は、販売台数がガソリンモデルの約4倍となるほどの人気です。

2012年と2013年には、SUVの国内販売台数で第1位を獲得。第33回日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞しています。まさに、人気と実力を兼ね備えており、マツダの歴史において大きな分岐点となった1台です。

2015年1月のマイナーチェンジでは、内外装デザインの一新、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の強化、「アダプティブ・LED・ヘッドライト」の新搭載、グレード再編などがおこなわれました。

新型CX-5を徹底解説

さて、ここからは新型CX-5の最新情報をご紹介していきます!

ロサンゼルスオートショー2016で世界初公開

ロサンゼルスオートショー2016で初公開されたマツダ新型CX-5

出典 – http://car.watch.impress.co.jp/

2016年11月16日(現地時間)、「2016 ロサンゼルスオートショー」において、マツダ新型「CX-5」が世界初公開されました!

実は、前日15日のプレスデーで一足早くお披露目されましたが、モーターショーで正式に公開されるのはこの日が初めてとなりました。

新型CX-5では北米市場にディーゼルエンジン搭載車を初導入

出典 – http://car.watch.impress.co.jp/

プレスカンファレンスでは、マツダの代表取締役副社長である丸本明氏がスピーチを行い、

  • 現行CX-5を皮切りに展開を開始した新世代商品が支持され販売好調である。
  • 現行CX-5は、グローバル販売車数の4分の1を占める主力モデルとなっている。
  • 新型CX-5では、北米市場にディーゼルエンジン搭載車を初めて導入する。

などの説明がされました。

また、デザイン担当者は、新世代商品群から採用した魂動デザインを通じてマツダのブランドを確立できたことに触れ、新型CX-5はさらに先を行くデザインを取り入れたと明言。

さらに、

「新型CX-5は、SUVでありながらも品格や成熟さを感じさせるデザインを目指しました。エレガントでありながらも活き活きとしていて、艶やかでありながら凜々しくもある。そのようなスタイリングにチャレンジしました。」

MNAO デザインディレクター ジュリアン・モントゥース氏
引用:http://car.watch.impress.co.jp/

と述べています。

スカイアクティブを全面採用した第1号車として成功を収めたCX-5。果たして、どのような進化を遂げているのか!?次章から詳しく解説していきます。

エクステリア(外装)デザイン

街を走るマツダ新型CX-5(フロントビュー)

出典 – http://www.itmedia.co.jp/business/

街を走るマツダ新型CX-5(サイドビュー)

出典 – http://www.itmedia.co.jp/business/

街を走るマツダ新型CX-5(バックビュー)

出典 – http://www.itmedia.co.jp/business/

エクステリアは、高評価だった従来モデルの良さを引き継ぎつつ、さらに深化(進化)させた印象です。

ボディ全体では、先代よりも重心が低くなり、トレッド(左右の車輪の中心間距離)を10mm拡大したことで、地面に根を張ったようなスタイリングになりました。

ボディラインと4つのタイヤがより一体化したことで、SUVの力強さが伝わってくると同時に、エレガントさも表現されています。

さらに上品さもありますよね。これはかっこいい!

マツダ新型CX-5(前から横)

出典 – http://www.itmedia.co.jp/business/

マツダ新型CX-5(前)

出典 – http://www.itmedia.co.jp/business/

マツダ新型CX-5(フロントマスクアップ)出典 – http://www.itmedia.co.jp/business/

外観で一番大きく変わったのはフロントマスクです。

特に、従来モデルより細く切れ長になったヘッドライトと、ワイド&ローになったフロントグリルが大きく印象を変えています。また、グリルの下側から左右のヘッドライトまで連なるメッキのラインがより表情を引き締めているのが分かります。

フォグランプ周りを含めたフロントバンパーのデザインも、水平基調でエレガント&クールです。

また、Aピラーは35ミリ後退し、角度も大きく変わっています。ロングノーズ化することで躍動感が生まれると当時に、運転席からの左右の視界が広がるという実用的なメリットも兼ねています。

マツダ新型CX-5(横から後ろ)

出典 – http://www.itmedia.co.jp/business/

マツダ新型CX-5(上から後ろ)

出典 – http://www.itmedia.co.jp/business/

リアはフロントフェイスに比べて目を見張る変更はありません。

ですが、リアコンビランプは現行モデルより細く鋭くなっており、リア全体のプロモーションも、従来の少しぼってりした印象からキュッと引き締まったスタイルになっています。

マツダ新型CX-5(横)

出典 – http://www.itmedia.co.jp/business/

一見見落としがちですが、実は新型CX-5のボディサイドは、新デザインテーマがもっとも表されている箇所とのこと。

フロントからリアへと緩やかに下降するプレスラインから、”美しさを追求した”というマツダのこだわりが垣間見えます。

この青線内の内容は、新型CX-5が正式発表される前の予想&スクープです。

主に、予想CGやテストカーについて紹介しています。

一応残しておきますので、気になる方はご覧ください!

次期CX-5のデザインはどうなる?

エクステリアは、基本的には驚くような大きな変更はなくキープコンセプト。

マツダの統一デザインとして確立された、「魂動(こどう)-Soul of Motion」を継承し、さらに洗練された最新の魂動デザインになります。

既に発表されている同じCXシリーズの「CX-9」や「CX-4」に似たデザインになるでしょう。

■新型CX-9

マツダ新型CX-9

■新型CX-4

マツダ新型CX-4

ヘッドライトは全体的に幅が細くなり、鋭くスポーティーな印象に。フロントグリル内のルーバーなどにメッキ素材が多く使われ高級感もアップします。

ボディのサイド面も、「CX-9」や「CX-4」と同じように、抑揚の少ないデザインになるのかは気になるところです。エッジを効かせたライン使いで差別化を図る可能性も考えられます。

関連記事 マツダ新型CX-9徹底解説!日本発売はいつ?価格は?

関連記事 マツダ新型CX-4最新情報!価格・日本発売日・内外装・スペック!

新型CX-5 予想CG

「New Automotive Trends」という海外メディアに、次期CX-5の予想CGが掲載されていたのでご紹介します。

マツダ次期CX-5の予想デザイン(フロントビュー)

出典 – http://automotrends.com/

マツダ次期CX-5の予想デザイン(リアビュー)

出典 – http://automotrends.com/

マツダ次期CX-5の予想デザイン(サイドビュー)

出典 – http://automotrends.com/

CX-9、CX-4と同じく、フロントグリルのメッキトリムがヘッドライトに連なるデザイン。かっこいいですね!

リアは大きな変更が見られませんが、コンビネーションランプのデザインが変更されているのが分かります。

あくまで予想デザインですが…。

テストカーの姿をキャッチ!

マツダ新型CX-5のテスト車両(フロント)

出典 – http://www.autoexpress.co.uk/

マツダ新型CX-5のテスト車両(フロントアップ)

出典 – http://www.autoexpress.co.uk/

マツダ新型CX-5のテスト車両(サイド)

出典 – http://www.autoexpress.co.uk/

マツダ新型CX-5のテスト車両(リア~サイド)

出典 – http://www.autoexpress.co.uk/

2016年8月、海外でテスト走行を行う姿がスクープされました。

ボディ全体が迷彩調にカモフラージュされていますが、やはり現行からキープコンセプトとなり、CX-9やCX-4と同じようなデザインということが分かります。

インテリアも少しだけ…

マツダ新型CX-5のテスト車両(インテリア)

出典 – http://www.motorauthority.com/

車内の様子も少しだけ掲載されています。

こちらもほぼ黒い布に覆われていますが、ところどころ現行モデルとの違いが垣間見えますね。

現行ではマツダコネクトディスプレイがダッシュボードに納まるデザインでしたが、この画像では、最近のマツダ車同様に独立して飛び出るような形になっていることが確認できます。

ボディサイズは少し大きく

  • 全長:4,560mm
  • 全幅:1,840mm
  • 全高:1,700mm

現行モデルよりも、若干大きくなると予想されています。

現行モデルは、全長4,540mm×全幅1,840mm×全高1,705mmなので、全長が20mm、全高が5mm拡張されます。ほとんどサイズは変わらないですね。

搭載エンジンは?

マツダの中期経営計画において、SKYACTIV(スカイアクティブ)を進化させた第2世代となる「SKYACTIV GEN2」を、2016~2018年に順次新型車両に搭載する方針が示されました。

このSKYACTIV GEN2は、燃費性能を大幅に向上させることができ、従来の約15%燃費の向上が可能になります。

しかし、残念ながら新型CX-5への搭載は間に合わず、搭載されるエンジンも現行のスカイアクティブ世代に改良を施してパフォーマンスの向上を図ると見られています。

なお、2.2Lスカイアクティブディーゼルエンジンには、ナチュラル・サウンド・スムーザーが間違いなく搭載されるでしょう。

新型CX-5の価格予想

現時点で、フルモデルチェンジ後の販売価格は公表されていません。

ただ、現行モデルの新車価格244~348万円からほぼ据え置きになると予想されます。

もし値上がりしたとしても10万円ほどの誤差の範囲に収まるでしょう。

発売時期はいつ?

新型CX-5の発売日は、早ければ2017年の2月、可能性が高いのは2017年夏頃と予想。

2016年11月に開催されるロサンゼルスモーターショー2016で、次期CX-5の市販モデルが世界初公開されるのではないかと噂されています。

まだ情報は少ない状況ですが、今後新しい情報が入ったら随時ご紹介していきます。

派生モデルの3列シート7人乗りが登場か

■マツダCX-7

マツダCX-7

出典 – http://www.motordays.com/

以前より、国内のCXシリーズにも、3列シート7人乗りモデルがいよいよ発売されるといわれていましたが、新型CX-5から派生する形で3列シートモデルが登場するのではと予想するメディアも出始めました。

しかし、筆者としてはそれはないと思います。私の予想では、海外で展開するCX-9でもなく、以前日本でも発売されていた歴史があり現在中国のみで販売されているCX-7が再投入されるとみています。

当然、CX-7に新型CX-5のプラットフォームを利用する可能性は考えられますが、トヨタ・ランドクルーザープラドや日産・エクストレイルのように”CX-5の3列シートモデル”という形で発売されることはないでしょう。

せっかくCXシリーズは、ドイツ車のように車格によってナンバリングする方式をとっているので、CX-3、CX-5、CX-7といったラインナップにしたほうが分かりやすいですよね。しかも、数字の間隔が「2」ずつで綺麗ですし(笑)

関連記事 マツダCX-7 新型にモデルチェンジして復活!?日本で発売か

【完全無料】あなたの愛車の現在の価値は?32秒ですぐチェック!

マツダ新型CX-5徹底解説!フルモデルチェンジで2017年2月発売!
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする