ホンダ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2016-2018】

◆この記事をシェアする

ホンダ(HONDA)が2016-2018年に発売予定(予想)の車種を、公式情報やスクープ等をもとにカレンダー形式でご紹介します!

スポンサーリンク

2016年発売済み ホンダ車種

フリード / フリード ハイブリッド

ホンダ・新型フリード

【2016年9月16日】フルモデルチェンジ

コンパクトミニバンというジャンルを開拓したホンダ・フリード。9月16日、フリード(FREED)、フリードハイブリッド(FREED HYBRID)ともに、2代目モデルへとフルモデルチェンジを果たしました。

初代モデルからのキャッチコピー「ちょうどいい」をさらに進化させたクルマとなっています。

エクステリアデザインは、キープコンセプトといえる範囲の変更にとどまりましたが、躍動感や機能性がプラスされています。

インテリアは、室内空間の拡大やさらなる多彩なシートアレンジが可能に。肌ざわりの良いファブリックシートや木目調パネルを採用するなど、全体的に質感が向上しています。

ガソリン仕様、ハイブリッド仕様ともに新型パワートレインとなり、さらに燃費が向上。JC08モード燃費は、ガソリンモデルが19.0km/L、ハイブリッドモデルが27.2km/Lと、ミニバントップクラスの低燃費を実現しています。

また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」の搭載(タイプ別設定)は、大事な家族を乗せるファミリーカーとしては安心できるポイントです。

なお、フリードスパイクの後継モデルとして、2列シート車の「フリード+」新たに設定されています。

新車価格は、ガソリンモデルが188~233万円。ハイブリッドモデルが225~272万円。

詳細記事 新型フリード最新情報!フルモデルチェンジは2016年9月16日!

2017年発売予定(予想)

NSX

復活ホンダ・NSX

出典 – http://news.yahoo.co.jp/

【2017年2月27日】復活

2015年の北米国際オートショーで、市販モデルが初お披露目されたNSX。日本が世界に誇る2シーター・スーパースポーツカーがついに復活します!

Acura(アキュラ)ブランドとして展開され、まずは北米から販売開始。2016年5月に第一号車が納車されています。

日本では2016年8月25日に新型NSXを正式発表。発売は2017年2月27日(月)予定と公表されました。(アイアンブレーキローター装着車は2017年5月発売予定)

ミッドシップレイアウトを採用し、大出力の3.5リッターV型6気筒DOHCツインターボエンジンと3基のモーターを組み合わせた「SPORT HYBRID SH-AWD(4WD)」が搭載されます。

ボディサイズは、全長4,490×全幅1,940×全高1,215mm。車両重量1,780キロ。

新車販売価格は税込2,370万円~。米国の専用工場での完全受注生産。既に受注受付を開始しています。

ステップワゴン ハイブリッド

現行ステップワゴン

【2017年秋】マイナーチェンジ、ハイブリッド追加

現行のステップワゴンは2015年4月に発売した5代目モデルですが、登場から約2年後の2017年秋頃、マイナーチェンジをおこないハイブリッドモデルが新たに追加となる見込みです。

ハイブリッド追加の背景には、トヨタのヴォクシーやノア、ニッサン・セレナなど、他社の競合ミドルクラスミニバンに販売台数で遅れをとっている現状があります。

国内では、ランニングコスト削減や環境問題への配慮などから、ハイブリッドモデルを選ぶユーザーが依然として多いので、ステップワゴンにハイブリッドを搭載するのは自然の流れといえます。

ジェイドなどと同じ1.5Lのハイブリッドシステムを採用するとみられ、燃費はノアやヴォクシーの23.8km/Lは最低限上回ってくるでしょう。

また、あまり評判が良くないエクステリアにも手が加えられると思われます。

詳細記事 ホンダ新型ステップワゴン 2017年マイナーチェンジでハイブリッド発売へ

N-BOX(エヌボックス)

ホンダN-BOX

出典 – http://www.honda.co.jp/Nbox/

【2017年後半】フルモデルチェンジ

ホンダの軽ハイトワゴン「N-BOX」が2017年にフルモデルチェンジ予定。2015年の軽自動車新車販売台数トップを誇る人気車だけに動向が注目されています。

燃費性能はライバル車のダイハツ・タント、スズキ・スペーシア、日産・デイズなどと対抗するために30km/L越えは最低限死守したいところです。

また、同社のステップワゴンやオデッセイなどに既に装備されている、安全運転支援システム「ホンダセンシング」の搭載も予想されます。

詳細記事 ホンダ新型N-BOX最新情報!フルモデルチェンジは2017年!

CR-V

ホンダCR-V

出典 – http://www.honda.co.jp/CR-V/

【2017年時期未定】フルモデルチェンジ

個人的に好きな車なんですが、日本国内ではあまり人気がないCR-V。一方で、アメリカをはじめ海外市場ではとても人気があります。

新型CV-Rは7人乗りになり、アコードと同じPHV(プラグインハイブリット)システムを搭載するという情報があります。

海外での発売は2017年初頭か2016年末を予想。日本導入は未定。国内では販売終了の噂もちらほら出ており動向が気になるところです。

詳細記事 ホンダ新型CR-V情報まとめ!フルモデルチェンジは2017年?

2018年発売予定(予想)

S1000

ホンダS1000

出典 – http://matome.naver.jp/

【2018年時期未定】新型車

2015年に発売され大人気となっている軽自動車規格オープンカーのS660。ホンダはそのS660をワイドボディにした新型車「S1000」を開発中です。

パワートレーンは新開発の1.0リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載。駆動方式はMR、トランスミッションは6速MTと6速ATが選択可能とされています。

2017年夏に欧州で発売される予定。日本での販売も行われるようです。

S2000も復活の噂があるなか、S660、S1000、S2000の3兄弟体制が実現するのでしょうか!?

詳細記事 ホンダ「S1000」発売日や価格、デザイン・性能を徹底予想!

S2000

新型S2000と思われるイラスト

【2018年時期未定】復活

2009年で生産終了となったミッドシップスポーツカー「S2000」が復活し、新型として販売される予定です。

新型ロードスターと同じくらいのボディサイズで、新型シビックタイプRのエンジンを改良し少し出力を抑えたものを搭載するとみられています。

詳細記事 ホンダ新型S2000 2018年に復活か!デザインや性能を予想!

シビック セダン

新型シビックセダン

【2018年内】日本国内投入(復活)

海外で既に販売開始されている新型シビックセダン。北米ではカーオブザイヤーを獲得するなど好評を得ている人気モデルです。日本では残念ながら2010年に生産終了となってしまいましたが、歴史のある車だけに復活を期待するファンが多くいます。

そんななか、ホンダの八郷隆弘社長が2016年2月に行われた記者会見で、「スポーティーな小型セダンに乗りたいという顧客は日本にも一定数いる。そのニーズに応えたい」と述べると同時に、2018年までに日本へ導入する可能性があることを明らかにしています。

デザインも優れているので、販売価格が200万円台に収まれば、日本でも結構売れると思います。唯一の懸念点は、全幅1800mmという日本では大柄なサイズです。

詳細記事 ホンダ新型シビック・セダンの全容解説!日本発売は2018年か?

発売時期未定

シビック ハッチバック

ホンダ新型シビックハッチバック

【発売時期未定】国内投入(海外では2016年末発売予定)

上の写真は、ジュネーブモーターショー2016で公開された「新型シビック ハッチバック」のプロトタイプです。

大型で躍動感を感じさせるエアインテークや大径アルミホイールなどを採用していますが、コンセプトカーとしては全体的に現実的なデザインとなっているため、量販モデルも、このコンセプトモデルのデザインがほぼそのまま継承されると思われます。

新開発のグローバル共通プラットフォームを採用。

2016年内にまずアメリカで発売を開始し、2017年頭にはヨーロッパでも販売されます。日本での発売予定は今のところ発表されていません。個人的には、2018年までに国内投入の可能性があるとされるシビック・セダンよりも、このシビック・ハッチバックを発売してほしいところですが…。

詳細記事 ホンダ新型シビック・ハッチバック最新情報!日本発売は?

WR-V

ホンダ新型車WR-V

【発売時期未定】新型車(新興国向け)

WR-Vは、南米など新興国をターゲットにした新型コンパクトSUVです。

上の画像は、サンパウロ国際モーターショーを前に、一足早く公開されたスケッチ。ホンダの人気コンパクト「フィット」の”SUV”版と言われているだけに、エクステリアの雰囲気はとても似ています。

近年、南米でもクロスオーバーSUV市場が活気づいています。既に南米では「CR-V」と「HR-V(日本ではヴェゼル)」が販売されていますが、さらに小型のSUVを投入することになります。

気になるのは日本で発売されるのかという点ですが、今のところ何も発表されていません。しかし、ヴェゼルのさらにコンパクト&廉価版SUVとして投入される可能性はゼロではないでしょう。

詳細記事 ホンダがフィットベースの新型SUV「WR-V」を発表!日本発売は?

【完全無料】あなたの愛車の現在の価値は?32秒ですぐチェック!

ホンダ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2016-2018】
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする