レクサス 新型車&モデルチェンジ最新情報【2016-2018】

◆この記事をシェアする

レクサス(LEXUS)が2016-2018年に発売予定(予想)の車種を、公式情報やスクープ等をもとにカレンダー形式でご紹介します!

スポンサーリンク

2016年発売済み レクサス車種

レクサス IS

北京モーターショーで発表された新型レクサスIS

出典 – http://levolant-boost.com/

【2016年10月20日】ビッグマイナーチェンジ

北京モーターショー2016にてレクサスISの大幅なモデルチェンジが発表されました。そして、10月20日新型レクサスISが発売開始となっています。

現行モデルもスポーティなデザインと走りが特徴ですが、新型レクサスISは「アグレッシブスポーツ」というコンセプトのもとデザインされており、よりスポーティーな外観へと進化しました。

インテリアも、ナビディスプレイを10.3インチに大型化するなど、随所で操作性と高級感の向上が図られています。

また、最新の安全技術「Lexus Safety System +」が全車標準装備となっています。

新車販売価格は、470~630万円。

その他2016年発売済み車種

・レクサス GS 【9月21日 一部改良&追加】

2016年発売予定(予想)

・無し

2017年発売予定(予想)

レクサス LC500/LC500h

レクサス新型車LC

出典 – http://www.lexus-int.com/jp/

【2017年4月】新型車(SCの後継)

2016年5月19日、LEXUSの新型車となるラグジュアリークーペ「レクサス LC」が日本で初披露されました。ガソリン仕様の「LC500」と、ハイブリッド仕様の「LC500h」の2台が登場。

ボディーサイズは全長4,760×全幅1,920×全高1,345mmで、「RC」より少しワイドな程度。運動性能や扱いやすさを重視した設計となっています。

エクステリアは、フロントだけでなくリアにも取り入れたスピンドル形状が特徴的。艶やかな曲面と全体的にエッジの効いたフォルムが非常に美しいです。

ハイブリッドモデルのLC500hには、世界初の「マルチステージハイブリッドシステム」が採用されます。

レクサスのフラッグシップクーペなだけに、価格は最低でも1,000万円以上の設定になりそうです。

詳細記事 レクサス新型LC500、LC500hを徹底解説!価格や画像集も!

レクサス CT200h

レクサス新型CT200hの予想CG

出典 – http://www.theophiluschin.com/

【2017年前半】フルモデルチェンジ

CT200hは小型ハッチバック型のハイブリッドカー。その運転しやすいサイズ感と、比較的購入しやすい価格から若者を中心に人気がある1台です。

当初、新型CT200hはコンパクトクロスオーバーSUVになるという情報がありましたが、結局、CTの派生モデルとしてレクサス「UX」という新型車が別で登場するようです。つまり、次期CT200hは今まで通りコンパクトハッチバックとしてモデルチェンジをおこないます。

ちなみに、上の画像は新型の予想CG画像。

新世代プラットフォームや新ハイブリッドシステムの採用により、走行性能や低燃性能などクルマ全体的にパフォーマンスの向上が図られます。

詳細記事 レクサス新型CT200h情報!フルモデルチェンジは2017年か?

レクサスRX(7人乗り仕様)

新型レクサスRX(7人乗り)のテストカー

出典 – http://www.motor1.com/

【2017年後半】派生モデル追加

大型クロスオーバーSUVの「RX」に、3列シート7人乗りモデルが追加されそうです。

現在3列シート仕様は「LX」だけですが、昨今人気のクロスオーバータイプであるRXにも設定することで、より商品ラインナップを充実させる方針です。

現行のRXよりボディを延長した専用ボディとなります。

欧州での車名は「RX350L」と「RX450hL」で、通常モデルと同じくガソリン仕様とハイブリッド仕様が発売される見込みです。

発売は早くて2017年後半と予想。

詳細記事 新型レクサスRX徹底予想!3列シート7人乗り仕様が2017年登場か

レクサス LS

レクサスLS600h

出典 – http://lexus.jp/

【2017年時期未定】フルモデルチェンジ

レクサスのフラッグシップセダン「LS」。2006年に現行モデルが発売されてから11年を迎える2017年、ついにフルモデルチェンジを行います。

新型LSシリーズのエクステリアは、高級感だけでなくスポーティーなイメージも併せ持つデザインに変更。現行クラウンのように年齢が若いユーザー層にもアピールする狙いです。

また、サイドミラーレスやLFC(燃料電池)モデルの設定など、フラッグシップモデルに恥じないような最先端技術が盛だくさんで採用されるはずです。

サイドミラーレスは、サイドミラーがない代わりに電子ミラーと呼ばれる超小型カメラを車体の左右に搭載し、その映像を車内のモニターに映し出すというもの。日本でも2016年6月から公道での走行が国土交通省から認可されています。

詳細記事 新型「レクサスLS」情報まとめ!フルモデルチェンジは2017年?

2018年発売予定(予想)

レクサス UX

【2018年頃】新型車

現在レクサスには、「LX」「RX」「NX」と3タイプのSUV車がラインナップされていますが、新たに「レクサスUX」という小型クロスオーバーSUVが導入される予定です。

新型UXはNXよりもさらにコンパクトサイズ。2016年末に発売予定のトヨタ C-HRと共通の基本コンポーネンツを採用する、いわばC-HRのレクサス版です。国内外で”コンパクトクロスオーバーSUV”の人気が高まっているだけに、レクサスとしても重要な役割を担うモデルとなります。

デザインは、パリモーターショー2016で公開された「UX Concept」がベースとなります(上記動画)

レクサスは、「コンパクトボディながらもデザイン性と居住性を両立させ、先進的な都市生活者の期待に応えることをテーマしたモデル」としています。

2Lと2.5Lのガソリン仕様と、2.4Lのハイブリッド、計3モデルが発売となる見込み。

UXシリーズの発売時期は、早ければ2018年と予想されています。2019年の可能性も。

詳細記事 新型レクサスUX200/UX250h情報まとめ!発売日や価格も!

【完全無料】あなたの愛車の現在の価値は?32秒ですぐチェック!

レクサス 新型車&モデルチェンジ最新情報【2016-2018】
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする