要注意!軽自動車の乗車定員とは 子供の人数で5人乗りも可?

◆この記事をシェアする

軽自動車は何人乗り?教習所で習ったものの軽自動車の正しい乗車定員をすっかり忘れてしまった人も多いのではないでしょうか。

最近はN-BOXやタントなど、軽自動車の規格いっぱいの大きさで設計されたスーパーハイトワゴンタイプが主流になっていて、普通自動車と変わらないほどの広い車内スペースをもつ居住性に優れた車種が多くあります。つい普通自動車と同じ感覚で家族や友人をたくさん乗せてしまいそうですが要注意!!もし定員オーバーのまま運転をしてしまうと、交通違反で罰則の対象になってしまいます…

改めて、軽自動車の乗車定員やそのルール、違反時の罰則などを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

軽自動車の乗車定員

赤い車で出かける家族

軽自動車の乗車定員は4名と法律で定められています。

そのため、5名以上を乗せて運転することは禁止されていて罰せられます。最近は軽自動車の技術が進歩し、安全性や居住性が大幅に向上しているので5人乗っても大丈夫な気もしますが、決まりは決まりなので残念ながら従わなければなりません。

ちなみに、ほどんどの軽自動車は乗車定員4名ですが、ダイハツのコペン、ホンダのS660など車種によっては乗車定員2名の車もあります。シートの配列などで乗車定員が4名か2名か分かると思いますが、不安な方は車検証に乗車定員という項目が記載してあるので確認しましょう。

5人が乗れるケース

乗車定員は4名で変わりませんが5人乗れるケースがあります。12歳未満(11歳以下)の子供3人で大人2名と計算されるためです。※大人1人=12歳未満の子供1.5人分と計算

例えば、大人2名と子供3名(3歳、7歳、11歳)の場合は大人4人扱いとなり合計5人乗ることができます。

しかし、大人2名と子供3名(3歳、7歳、12歳)の場合は、お子さんが1人12歳なので大人3名、子供2名とカウントされ定員オーバーとなってしまいます。

3人兄弟の場合、一番上の子が12歳の誕生日を迎えると同時に家族5人で軽自動車に乗れなくなってしまうのです…。前もって買い替えを検討しないといけませんね。

シートベルト着用とチャイルドシート使用について

チャイルドシートに座る子供

後部座席もシートベルトの着用が義務化されましたが、大人2名、子供3名などで乗車する際にシートベルトが足りなくなる場合があります。しかし、このようなケースでシートベルトが足りない場合は、シートベルトの着用が免除され違反にはなりません。

また、チャイルドシートは6歳未満の子供に使用の義務があります。先ほどと同じようなケースでチャイルドシートの装着が出来ない場合は、出来る限りチャイルドシートを装着し、装着できないチャイルドシートに関しては免除されます。

このように、場合によってシートベルトとチャイルドシートが免除となりますが、万が一事故が起きた際、後部座席の真ん中に座っていたお子さんや抱っこしていたお子さんが車外に放り出されたり前席に激しく衝突するなど、とても危険が潜んでいます。

軽トラックの荷台に人は乗れる?

荷台に荷物を載せる軽トラ

軽トラックはほとんどの車種が乗車定員2名です。しかし例外として、荷台に積んだ荷物を見守るために最小限度の人数が荷台に乗ってもいいと定められています。

看守人数は条文でも「最小限度」となっているので具体的に何人までOKとは言えませんが、しっかり荷物を縛るなどして固定させてうえで1名、もしくは2名までが理想でしょう。

ちなみに、荷物を下ろした後、人だけが荷台に乗って帰るということはできませんので注意が必要です。運転席1人、荷台1人の合計2名でもダメです。あくまで運転席と助手席で乗車定員2名です。どうしても人のみ荷台に乗らなくてはいけない場合は、予め警察に許可をとる必要があります。

定員外乗車の罰則

乗車定員を超える人数を乗せて運転した場合、定員外乗車違反として罰せられます。

反則金が6,000円、違反点数が1点です。

また定員外乗車で事故を起こした場合、任意保険が適用されない場合がほとんどです。

安全を最優先に

大人2名・子供3名(12歳未満)といった乗車ケースは、シートベルトやチャイルドシートが使用できない問題を考えても、長期的に続けるのはおすすめしません。

軽自動車が広く快適になったといってもやはり普通車に比べると狭いですし、乗車人数が増えることで動力性能や安全性も落ちてしまいます。

こうした乗り方が多い方は、家族や友人の安全を第一に考えて普通車への乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。最近は燃費のいいコンパクトカーやミニバンがたくさん登場していますよ!

要注意!軽自動車の乗車定員とは 子供の人数で5人乗りも可?
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする