マツダ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2016-2020】

◆この記事をシェアする

マツダ(MAZDA)が2016-2020年に発売予定(予想)の車種を、公式情報やスクープ等をもとにカレンダー形式でご紹介します!

スポンサーリンク

2016年発売済み マツダ車種

アクセラ

【2016年7月14日】ビッグマイナーチェンジ

エクステリアはフロントバンパーの形状が変更になり、エンブレムとナンバープレートの位置が少し下へ移動。ヘッドライトがLED化されます。その他、走行性能や静寂性の改良も実施。

また、最大の注目は1.5Lディーゼルエンジン搭載モデルの追加。CX-3やデミオと同じ「SKYACTIV-D 1.5 1.5L DOHC デーゼル直噴ターボエンジン」が採用されます。

7月14日の販売開始に向け、既に先行予約受付も開始しています。

詳細記事 アクセラ マイナーチェンジは2016年7月14日!新型の全容!

その他2016年発売済み車種

・ボンゴシリーズ 【2月12日 一部改良】

2016年発売予定(予想)

ロードスター RF

マツダ ロードスターRF

【2016年12月22日】新型車(追加モデル)

マツダの小型FRスポーツカー「ロードスター」に、追加モデルとなる「ロードスターRF」が登場します。

従来のロードスターは手動で幌(ソフトトップ)を装着するタイプでしたが、今回の新型は、電動格納式ルーフを採用した金属製のハードトップモデル。

スイッチのワンタッチ操作でルーフを開閉することができ、開閉にかかる時間はわずか13秒程。市販車としては現時点で世界最短です。

ちなみに、「RF」はリトラクタブル・ファストバックの略。

12月22日の発売にむけて、既に予約受付を開始しています。新車販売価格は324万円~。

2017年発売予定(予想)

CX-5

マツダCX-5

出典 – http://www.webcg.net/

【2017年2月】フルモデルチェンジ

2012年、マツダの新世代技術「SKYACTIV」エンジンを初めて全面採用した車として発売された「CX-5」。まだまだ人気を保っているクロスオーバーSUVですが、2015年のビッグマーナーチェンジを1回はさみ、2017年にフルモデルチェンジをむかえます。

新型CX-5は現行の「SKYACTIV-GEN1」を改良したものを採用し、新開発された2.5リッター直噴ターボエンジンが追加される見込み。飛躍的な燃費性能の向上は期待しないほうがよいでしょう。

エクステリアデザインは大幅な変更はなくキープコンセプトとなります。

2016年秋のLAモーターショーで初披露され、2017年に夏頃までに発売開始と予想。

詳細記事 マツダ新型CX-5徹底解説!フルモデルチェンジで2017年2月発売!

CX-6

CX-6のベースとなる「越 KOERU」

【2017年秋~冬】新型車

ミニバンからの撤退を決めたマツダですが、ミニバンシリーズ(MPV、ビアンテ、プレマシー)の後継モデルとして「CX-6」の開発を進めていると噂されてます。

CX-6は、CX-5から派生した3列シート7人乗りモデル。エクステリアは、中国で発売されているCX-4と同じく、「越 KOERU」コンセプトのDNAを受け継いだデザインになりそうです。

CX-4より一回りボディサイズは大きくなるものの、クーペのような車高の低いスタイリングになる見込みです。

2017~2019年の間に投入される予定の「SKYACTIV GEN2」はどうやら間に合いそうにありません。

上記画像は「越 KOERU」コンセプト。

詳細記事 マツダCX-6最新情報!新型3列シート7人乗りSUVが日本発売か!

CX-4

【2017年時期未定】新型車(国内投入)

2016年4月に開催された北京モーターショーでワールドプレミアされた「CX-4」。マツダのCXシリーズに新たに追加される新型車です。

フランクフルトショー2015で公開されたコンセプトモデル「越 KOERU」がベース。CX-5と同クラスになりますが、SUVとクーペが融合したスポーティーでスタイリッシュなデザインが特徴です。

高級コンパクトSUVの需要が高い中国で、2016年6月から発売開始となっています。日本への投入も期待されていますが、残念ながら現時点では具体的な情報は入ってきていません。

詳しい内容は下記リンクで確認できます。

詳細記事 マツダ新型CX-4最新情報!価格・日本発売日・内外装・スペック!

2019年発売予定(予想)

アテンザ セダン/ワゴン

マツダ現行アテンザセダン

【2019年頃】フルモデルチェンジ

現行モデルは2012年に登場した3代目モデルですが、2018~2019年にフルモデルチェンジを実施することが濃厚となっています。

マツダは2017年3月期~2019年3月期を「構造改革ステージ2」と位置づけ、第二世代となるSKYACTIV (GEN2)を開発・投入することを明言しています。

2017年にフルモデルチェンジ予定の「CX-5」や、新たに発売が噂される「CX-6」には従来のGEN1が採用される見込みですが、マツダのフラッグシップであるアテンザで初めてGEN2を導入するのではないかと予想されています。

そのため、発売は早くて2018年、遅くても2019年となるでしょう。

また、クーペモデルや、国産車で初となるディーゼルハイブリッドが追加されるという情報もあります。

詳細記事 マツダ次期アテンザ徹底予想!新型へフルモデルチェンジは2019年か

2020年発売予定(予想)

RX-9

RX-VISIONはRX-9のベース?

【2020年発売予定】新型車

2016年のお盆明け、マツダの役員会で、次世代ロータリーエンジンを搭載した新型車「RX-9」の開発に承認が出たというニュースが舞い込んできました。

東京モーターショー2015年で「RX-VISION」コンセプトが発表されてから、マツダのロータリー・エンジン搭載車の復活に期待が高まっており、2017年に発売予定とされる新型RX-7にも大きな注目が集まっています。

RX-9は、プレミアムスポーツカーという位置づけになり、価格は800万円前後になるようです。

詳細記事 マツダ新型RX-9を2019年発表か!?価格や発売時期は?

発売時期未定

CX-9

マツダCX-9

出典 – https://www.cars.com/

【時期未定】国内発売

2016年春より北米から順次販売される新型CX-9ですが、日本への導入も噂されています。

しかし、北米向けの車ということもあり全長5,065mm×全幅:1,969mmのサイズは日本には適さないとの声も。マツダも日本への導入はないと以前発表していました。

ところが、マツダはミニバン事業から撤退し、SUVに力を注いでいくことを公表。今後、MPVやビアンテのあいたポジションに、7人乗りのCX-9を投入する可能性は十分考えられます。サイズ的にも、トヨタのランドクルーザーが全長4,950mm×全幅1,980mmなので、ありえなくはありません。

2016年11月時点では、国内販売に関する情報は出ていません。

詳細記事 マツダ新型CX-9徹底解説!日本発売はいつ?価格は?

CX-7

マツダCX-7

【時期不明】復活

2006年~2011年までの6年間、日本でも販売していたクロスオーバーSUV「CX-7」。

北米を皮切りに大型SUVのCX-9が発売を開始しましたが、日本での発売に関しては今のところ正式なアナウンスがなく、大きすぎるサイズに対して懸念の声があがっています。

そんなCX-9に代わりに、CX-7が新型として復活するのではないかという噂がちらほら聞こえてきています。

ミニバンからの撤退を表明したマツダだけに、ミニバンに代わる3列シート7人乗りのモデルは早めにカバーしたいところでしょう。CX-7が復活する可能性はかなり高いとみています。

詳細記事 マツダCX-7 新型にモデルチェンジして復活!?日本で発売か

【完全無料】あなたの愛車の現在の価値は?32秒ですぐチェック!

マツダ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2016-2020】
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする