三菱 新型車&モデルチェンジ最新情報【2017-2018】

◆この記事をシェアする

三菱(MITSUBISHI)が2017-2018年に発売予定(予想)の車種を、公式情報やスクープ等をもとにカレンダー形式でご紹介します!

スポンサーリンク

2016年 発売済み車種

ミラージュ

【2016年1月14日】マイナーチェンジ

世界戦略車のコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジを実施。

内外装の質感を高めるとともにエクステリアデザインを一新し、スポーティー路線に変更しました。ボディカラーも「ワインレッド」と「サンライズオレンジ」の2色を追加。

また、予防安全技術「e-Assist(イーアシスト)」が全車に標準装備となります。

新車価格は、1,380,240円~1,485,000円(消費税込)

ミニキャブ バン

【2016年3月17日】一部改良

軽商用車「ミニキャブ バン」が一部改良し3月17日に発売済。

この改良では、積載量や走行状況に応じて、1速発進と2速発進を使い分けることができるモードを5速マニュアル車に追加。

販売価格は、939,600円~1,502,280円(消費税込)。なお、ミニキャブ バンはスズキ株式会社からのOEM供給車。

2018年発売予定(予想)

デリカD:5

新型デリカD:5のベースモデルとみられるConcept_AR

【2018年】フルモデルチェンジ

デリカD:5(ディーファイブ)は、ミニバンの居住性とSUVの力強さを併せ持つオールラウンドミニバン。異彩を放つ人気車です。

現行モデルの発売から約10年がたち、2017年にフルモデルチェンジを実施する予定でしたが、燃費不正問題の影響で延期となる可能性が高いようです。早くても2018年でしょう。

新型デリカD:5は、東京モーターショー2013で公開された「MITSUBISHI Concept AR(上記画像)」がベースになる見込み。デリカD:5よりコンパクトサイズですが、エクステリアは全体的にD:5にとても似ています。

パワートレインは、現行型を改良したものを搭載し、引き続きガソリン仕様とディーゼル仕様の2モデルが設定される見込みです。

詳細記事 三菱新型デリカD:5情報!フルモデルチェンジは延期?予想発売時期は?

パジェロミニ

【2018年】フルモデルチェンジ

2013年に惜しまれつつ生産終了となったパジェロミニが復活するかも!?

本家パジェロをほぼそのままミニチュア化したデザインや、優れたオフロード性能、衝突安全性を備えた人気車でしたが、90年代のSUVブーム終焉やエコカー減税非対応といった理由から姿を消しました。

しかし、昨今クロスオーバーSUVの人気が高まっていることや、軽自動車SUVのスズキ・ハスラーが好調な売り上げを記録していることから、三菱と日産のジョイントベンチャー企業によって新型パジェロミニの開発がスタートしたようです。

詳細記事 三菱新型パジェロミニ徹底予想!2018年フルモデルチェンジで復活か

燃費不正問題でどうなる三菱!?

燃費不正問題が発覚し、三菱自動車は日産の事実上傘下に入ることになりました。

それに伴い、今後の三菱車の販売スケジュールは未定になっています。三菱ブランド自体の存続や現在販売中の車種をどうするかなども現時点で不透明な状態です。

新たな情報が入り次第お伝えします。

三菱 新型車&モデルチェンジ最新情報【2017-2018】
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする