ホンダ新型N-BOX最新情報!フルモデルチェンジは2017年!

◆この記事をシェアする

ホンダの軽ハイトワゴン「N-BOX」のフルモデルチェンジが近づいてきました。

販売台数でトップを走る大人気軽自動車だけに、新型モデルも早くから多くの注目を集めています。

今回は新型N-BOX、そして新型N-BOXカスタムの最新情報をたっぷりご紹介します!

スポンサーリンク

ホンダN-BOX(エヌボックス)とは

ホンダN-BOX(エヌボックス)

出典 – http://www.honda.co.jp/auto/

ホンダ N-BOX(エヌボックス)は、2011年12月に発売された軽トールワゴンです。

「原点に立ち返って日本に新しい乗り物を創造したい」という思いから、ホンダ初の本格的量産型乗用車「N360」の「N」を車名に採用。

さらに、「New」「Next」「Nippon」「Norimono(乗り物)」という意味合いが新たに込められています。このフレーズが登場するテレビCMも印象的でしたね。

その後、ホンダから軽自動車の「N-ONE」と「N-WGN」が登場しますが、N-BOXが「Nシリーズ」の第一弾モデルにあたります。

室内空間の広さと低燃費性が特徴

N-BOXの室内空間

出典 – http://www.honda.co.jp/auto/

N-BOXには新しく設計された「Nシリーズ共通プラットフォーム」が採用されています。

さらに、車体の中央部分に燃料タンクを配置した「センタータンクレイアウト」や前後70mm短縮した「ミニマムエンジンルーム」を取り入れたことで、クラストップクラスの広い室内空間を実現しています。

また、エンジンは658cc 直3DOHCを搭載。軽自動車としては高い出力が特徴です。

燃費は、現在でこそモデル末期のためライバル車に抜かれていますが、発売当時はJC08モード燃費で22.2km/Lと十分な低燃費性能を備えていました。

軽四輪車新車販売台数No.1を獲得

2011年12月に発売されたN-BOXですが、2012年・2013年と2年続けて軽四輪車新車販売台数No.1を獲得。

2014年はダイハツ・タントに1位を奪われましたが、2015年に再びNo1に返り咲いています。

圧倒的な人気ですね。”キング・オブ・軽自動車”といえる存在です。

幅広いラインナップも魅力

N-BOXの派生モデルとして、荷室の積載性と使い勝手を向上させた「N BOX+(プラス)」とクーペ調に若干ルーフが低く設計された「N-BOX SLASH(スラッシュ)」がラインナップされています。

なお、N-BOXとN-BOX+には、エクステリアや性能をグレードアップした「カスタム」が設定されています。

カスタムも含めるとかなり幅広い選択肢があるのもN-BOXのいいところです。うれしい悲鳴ですが購入の際に迷ってしまいそうですね。

新型N-BOXの最新情報

さて、ここからは新型N-BOXに関する最新情報をご紹介していきます!

新型N-BOXのエクステリア

■現行モデルのN-BOX

ホンダN-BOX

現行のN-BOXがとても大人気で好調な販売台数を記録しているだけに、基本的にはキープコンセプトとなり、大幅なデザインの変更はないと思われます。

勝っているいるときは下手に動くなというやつですね。

サイドのプレスラインの形状が変更になったり、若干上品な印象のフロントマスクに化粧直しするなど、細部をブラッシュアップするだけにとどまります。

また、N-BOXカスタムは、現行モデルの押し出しの強いデザインを受け継ぎ、さらにワイルドなデザインに。メッキパーツやLEDラインイルミネーションなどを増やして、10~20代の若者を意識したスタイルになるようです。よりノーマルのN-BOXと強い差別化が図られることになるでしょう。

新型N-BOXのインテリア

インテリアも変更点も少ないですが、全体的に質感の向上が図られます。

現行モデルも多彩なシートアレンジが可能ですが、さらに改良が加えられ利便性が向上するとの噂があります。これは期待できるポイントですね!

内装の質感に関して評価がよろしくないホンダだけに、稼ぎ頭であるN-BOXをどのように改良してくるか気になるところです。

新たな情報が入ったらご紹介します!

ボディサイズや室内空間

ボディサイズ、室内空間ともに、現行モデルとほとんど同じになると予想されています。

プラットフォームが共通なうえ、ハイトワゴンとして限界までサイズが拡張されているので、これ以上の室内空間拡大は望めません。

あとはシートアレンジの多様性やデッドスペースをいかに有効活用できるかが違いを生み出せる点になってきます。

燃費性能はどこまで向上?

今回のフルモデルチェンジで一番の鍵となるのは、ライバル車たちに抜かれてしまった「燃費性能」です。

現行のN-BOXの燃費は、JC08モード燃費で25.6km/Lです。

一方、ハイトール軽自動車の圧倒的王者であるN-BOXに追いつけ追い越せで、各社の軽自動車は軒並みN-BOXを上回る燃費性能をそなえてきました。

主なライバル車の燃費数値は次のとおり。

  • ダイハツ タント:28km/L
  • スズキ スペーシア:32.0km/L
  • 日産 デイズルークス:26.2km/L

最大のライバルであるダイハツ・タントとは約3km/Lの差があり、スズキ・スペーシアにいたっては32.0km/Lを記録。8km/L近い差をつけられています。

それでもN-BOXは、デザインや室内の造りなどで優位性を保ってきましたが、燃費性能で競合車に追いつく、もしくは追い越すことでさらに大きなアドバンテージを手に入れることができます。

ホンダとしても躍起になって燃費向上に力を入れているはずです。

最新の情報では、現行型と同じ「S07A型」エンジンを改良して搭載するとのこと。改良だけでは、スペーシアの32.0km/Lを超えることは困難な気がしますが、最低でも30.0km/Lの大台にはのせてくるはずです。

近々で軽自動車に乗り換えを検討している人にとっては、大きな注目ポイントになりますね。

ホンダセンシングの搭載

すでに、ステップワゴンやオデッセイに装備されている、安全運転支援システム「ホンダセンシング(Honda SENSING)」が、ホンダの軽自動車として初めて新型N-BOXに搭載されます。最も売れている軽自動車だけに当然といえば当然ですね。

近年、軽自動車の衝突安全性能が著しく向上しているとはいえ、やはり普通自動車に比べるといざというときの安全性は劣るものがあります。

特に、生活の足として運転する機会や、小さなお子さんを乗せることが多い傾向にあるハイトール軽自動車だけに、高い安全性能は欠かせません。そういった意味では心強い装備となりますね。

発売時期はいつ?

新型エヌボックスの発売時期は、2017年の後半と予想されています。

早ければ2017年夏頃。遅いと2017年の年末ごろとなりそうです。

【完全無料】あなたの愛車の現在の価値は?32秒ですぐチェック!

ホンダ新型N-BOX最新情報!フルモデルチェンジは2017年!
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする