トヨタ新型プリウスPHV徹底解説!発売日は2016年12月を予定

◆この記事をシェアする

トヨタ新型プリウスPHVの発売が近づいています。

従来モデルから、デザイン・性能ともに大きな進化をとげる注目の新型プリウスPHVを徹底解説します!

スポンサーリンク

2代目となる新型プリウスPHVが登場

ニューヨークモーターショーで世界初公開

新型プリウスPHV

出典 – http://autoc-one.jp/

新型プリウスPHVその2

出典 – http://autoc-one.jp/

新型プリウスPHVその3

出典 – http://autoc-one.jp/

新型プリウスPHVその4

出典 – http://autoc-one.jp/

新型プリウスPHVのインテリア

出典 – http://autoc-one.jp/

2016年3月23日~開催したニューヨーク国際オートショー2016で、新型プリウスPHV(米国名:プリウスプライム)が初公開されました。

通常のハイブリッドモデルのプリウスは、2015年12月に既にフルモデルチェンジを行っており、好調な販売台数を記録しています。通常のプリウスに続き、プリウスPHVも2代目モデルへとフルモデルチェンジということになります。

今まで、PHVやFCVなどの次世代エコカーは、見た目が奇抜な(初代プリウスPHVは逆にノーマルのプリウスと違いがなく地味だった)だけで、中身(性能や実用性)がまだまだ伴っていないという印象でしたが、今回の新型プリウスPHVは違います。

まず、単純にデザインがかっこいい!ということもありますが、走行距離や動力性能が大幅に向上し実用性が一気に高まりました。いよいよPHVが主役になる時代が来たかと感じさせる出来になっています。

デザインや走行性能などは後ほど詳しくご紹介します!

そもそも「PHV」って何?

PHVとは、「プラグインハイブリッド」の略です。

基本はEV(電気自動車)走行ですが、電池切れとなった時にはガソリン(ハイブリッド)で走行することができるのがPHVです。

プラグインという言葉からもわかるとおり、車にプラグをさして電気を充電します。

EV走行だけだと、走行距離が限られるので、自宅近くしか走行できないというデメリットがあります。しかし、プラグインハイブリッドの場合は、電池の充電がなくなってしまったときに、ガソリンで動く仕組みに自動で切り替わるので、長距離のドライブでも安心して運転することができるのです。

まさに、低燃費性と実用性を兼ね備えているクルマということが分かりますね。トヨタのホームページにも、「ハイブリッド車に次ぐ次世代環境車の柱である」と記載されています。

さらにソーラー充電も可能に

日本で初公開された新型プリウスPHV

出典 – http://newsroom.toyota.co.jp/jp/

2016年6月15日には、日本国内※1でも新型プリウスPHVがお披露目されました。

※1 東京お台場で開催された次世代エネルギー技術の展示会「スマートコミュニティJapan2016/スマートファクトリーJapan2016」において。

そこで公開されたのは、日本語に対応したインフォテインメントシステムや、ルーフに太陽光パネルが搭載された日本仕様モデル。

そうなんです。新型プリウスPHVは、これまでの「EV+ガソリン」に加えて、さらにソーラー充電が装備されます。

どんだけエコやねん!とつっこみたくなるくらいです。

ちなみに、量販車として世界で初めてソーラールーフを搭載するとのこと。これまた名誉なことですね。

■新型プリウスPHVがよく分かる動画もどうぞ!

新型プリウスPHV 徹底解説

エクステリアがかっこいい!通常のプリウスとの違いは?

トヨタ新型プリウスPHV(フロントビュー)

出典 – http://newsroom.toyota.co.jp/jp/

トヨタ新型プリウスPHV(リアビュー)

出典 – http://newsroom.toyota.co.jp/jp/

トヨタ新型プリウスPHV(サイドビュー)

出典 – http://newsroom.toyota.co.jp/jp/

トヨタ新型プリウスPHV(テールランプ)

出典 – http://newsroom.toyota.co.jp/jp/

か、かっこいい…。

従来の先進的なエコカーってなんか残念なデザインの車が多い印象でしたが、NEWプリウスPHVはイケメンな見た目に仕上がっています。

ちなみに、ひとつ前の型のプリウスは、通常モデルとPHVモデルでデザインの違いが分かりませんでした。

プリウスの開発責任者である豊島浩二氏も、初代プリウスPHVのダメな点として、「PHVのほうが高いけど、両モデルの違いがパッと見てわからなかった。これもPHVモデルがあまり売れず普及しなかった要因」と語っています。

今回ははっきりとデザインに違いを生み出し差別化を図っています。

いよいよ本気で売っていくぞというトヨタの気持ちがうかがえますね。

エクステリア(外観)を詳しく大解剖!

トヨタ新型プリウスPHV(フロントビュー)

出典 – http://gqjapan.jp/

フロントマスクでは、細くシャープな目つきの4灯式LEDヘッドライトが特に印象的。対向車が眩しくない「アダプティブハイビームシステム(AHS)」を採用しています。

また、ブラックの大型フロントグリルは、大胆なデザインですが主張しすぎず、ヘッドライトやフォグランプ周りの造形と絶妙に調和しています。

特にボディカラーがホワイトだと、よりブラックが際立っていてかなりかっこいいです。

あと、こうしてみると、生産終了になったホンダ・ストリームと似ているかも…。

トヨタ新型プリウスPHV(リアビュー)

出典 – http://gqjapan.jp/

トヨタ新型プリウスPHV(リア~サイドビュー)

出典 – http://car.watch.impress.co.jp/

上の画像では分かりづらいかもしれませんが、リアウィンドウの中央部分が縦方向に少し窪んでいるデザインになっています。

この今まで見たことのない曲線をもつウィンドウは「リヤダブルバブルウィンドウ」といい、デザイン性だけでなく、空力が向上する効果もあるとのこと。

また、横いっぱいに繋がるリアコンビネーションランプも個性的で、プリウスとの大きな違いとなっています。ダブルバブルウィンドウのへこみと連動して、リアランプも中央がくぼんでいます。

夜間の点灯時だとかなり目立ちそうです。もちろんいい意味で。

トヨタ新型プリウスPHV(サイドビュー)

出典 – http://gqjapan.jp/

通常のプリウスに比べて、フロントオーバーハングが25mm、リアオーバーハングが80mm延長されており、のびやかなスタイリングとなっています。

合計105mmの延長は、かなり印象が違って見えます。

トヨタ新型プリウスPHV(テールゲート)

出典 – http://car.watch.impress.co.jp/

テールゲートにはカーボン素材が採用され、約40%もの軽量化を実現しています。

重さがほぼ半分になるわけですからすごいですよね。

ボディサイズ

新型プリウスPHVのボディサイズは、

  • 全長:4,645mm
  • 全幅:1,760mm
  • 全高:1,470mm
  • ホイールベース:2.700mm

となっています。

ちなみに、プリウスは全長4,540mm × 全幅1,760mm × 全高1,470mm(FF)。

プリウスよりも前後のオーバーハングが延びた分、全長が105mm長くなっています。

カラーラインナップ

ボディカラーは全9色を用意しています。

注目カラーは、新型プリウスPHV専用色となる新開発の「スピリテッドアクアメタリック」。エコカーらしいクリーンなイメージと先進性を感じさせるカラーです。

■全9色一覧

  • スピリテッドアクアメタリック
  • エモーショナルレッド
  • サーモテクトライムグリーン
  • スティールブロンドメタリック
  • アティチュードブラックマイカ
  • グレーメタリック
  • シルバーメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • スーパーホワイトII

新型プリウスPHVのインテリア

新型プリウスPHVのインパネ周り 新型プリウスPHVの大型ディスプレイ

先進性と機能性が融合するコクピットデザイン。

特に、新型のインテリアで大きく目を引くのが、センタークラスターにどーんと配置された縦型の大型ディスプレイ。存在感が半端ないです。

まさに先進性と機能性を具現化したこの11.6インチのディスプレイですが、トヨタ初の縦型ディスプレイになります。しかも、技術的に新型プリウスで搭載することも間に合ったようですが、差別化を図るためにPHVまで取っておいたとのこと。このあたりにも強い差別化の意図が見えますね。

縦型になったことで、ナビを使用した際に、進行方向の遠く先まで地図が見渡せるようになります。また、大型でしかも横型だと、画面の反対側をタッチするのに腕を伸ばさなければならず、操作性が良くありません。特に運転中だと危険です。縦型だとドライバーも助手席の人も操作しやすくなるというわけです。

新型プリウスPHVのインテリア全体

出典 – http://toyota.jp/

新型プリウスPHVは、リアシートが2人がけ専用に設計されています。

そのため乗車定員は5人乗りではなく4人乗りとなりますが、シート中央に大型コンソールが設置され、大人4人がゆったりとリラックスできる空間に仕上がっています。

前席のコンソールとの統一感あるデザインもいいですね。シートの造りなども相まって全体的に高級感すら感じさせてくれます。

新型プリウスPHVのラゲッジスペース

出典 – http://toyota.jp/

ラゲッジスペースの広さもこのとおり。

PHVということで大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載しなければいけませんが、極限まで高さを低く抑えていることが分かります。

さらに、デッキサイドを左右とも深く窪ませていることで、ゴルフバッグを2つ積むことができるスペースをつくっています。

このクラスでしかもPHVということを考えれば十分な広さといえるでしょう。

燃費・走行性能

■EV(電気)走行距離

従来PHV:26.4km
新型PHV:60.0km

満充電した場合のEV走行距離は、従来モデルのなんと2倍以上!すごい進化です。

大容量のリチウムイオンバッテリーを採用することによって、従来の約2倍の総エネルギー量が実現可能になりました。

これなら、通勤や日々の買い物など、日常生活におけるほとんどのシーンで、ガソリンエンジンを使用することなく走ることができます。

■EV(電気)最高速度

従来PHV:時速100km
新型PHV:時速135km

EV走行時の最高速度が従来比で、35km/hアップ。

新たに開発された「デュアルモータードライブ」システムによって、より力強い加速が可能になりました。

登坂走行時や高速道路を運転する際の安心感が格段にあがります。

■ガソリン(ハイブリッド)燃費

従来PHV:31.6km/L
新型PHV:37.0km/L

ガソリン使用時の燃費も従来モデルに比べて5.4km/L(JC08モード燃費)向上。

数値的にはアクアと同じになり、ハイブリッドカーとしても世界トップクラスの低燃費性をそなえています。

■搭載モーター+エンジンと駆動方式

搭載モーター:1NM
搭載エンジン:1.8L 2ZR-FXE

駆動方式:2WD(FF)

新型プリウスPHVの解説動画まとめ

【トヨタ公式】プロダクト イントロダクション

【トヨタ公式】試乗インプレッション(EV走行_性能編)

【トヨタ公式】試乗インプレッション(EV走行_性能編)

販売価格について

販売価格については、現時点でまだ正式な発表はありません。そのため、通常版のプリウスを例に予想してみます。

通常版プリウス(ハイブリッドモデル)の前モデルと新型モデルの価格差は15万円でした(Sグレード)。

今回の新型プリウスPHVは、デザインの差別化やソーラーパネルの搭載、また全体的な性能の大幅向上が図られていることを考慮すると、通常のプリウスよりも価格が高くなると思われます。

しかし、これからPHVを売り出していこうとしている時に、天下のトヨタがあまりに大きく価格を上げるということはしないでしょう。

よって、現行モデルのプリウスPHVはSグレードで294万円ですが、新型は320万円~になると予想します。

発売日はいつ?

発売時期は2016年冬を予定しています。トヨタの公式サイトにも「今冬 発売予定」と掲載されています。

おそらく2016年12月に発売となるでしょう。

ちなみに、いったんは2016年の10月26日に発売されるとトヨタから発表されていました。しかし、8月になって急遽、発売の延期が伝えられました。トヨタは「お客様により良いクルマを着実にお届けするため」としており、延期の理由を明らかにしていません。

産経新聞の記事によると、「生産に遅れが生じており、販売に必要な台数に足りない見通しのため」としています。さらに、「当初の計画よりも、初期の生産台数を少なく修正した」とも報じています。

楽しみにしていた人にとっては少し残念ですが、それでも2016年内に発売されます。あともう少しです。

【完全無料】あなたの愛車の現在の価値は?32秒ですぐチェック!

トヨタ新型プリウスPHV徹底解説!発売日は2016年12月を予定
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする