スズキ新型スペーシア最新徹底予想!2018年フルモデルチェンジ予定!

◆この記事をシェアする

スズキ・スペーシアが2018年にフルモデルチェンジを行う予定です。

スズキの主力車種ですが、軽ハイトールワゴンではライバルのホンダ・N-BOXとダイハツ・タントに販売台数で大きく差をつけられている状況です。

今回のモデルチェンジでどのような進化を遂げ、巻き返しを図るのか!?徹底予想していきます!

スポンサーリンク

スペーシア(フレアワゴン)はどんな車?

2013年3月に発売

スズキ・スペーシア(Spacia)は、2013年3月15日に発売された軽スーパーハイトワゴンです。

車名の由来は「空間」を意味するスペース(Space)から。広い室内空間を連想できるようネーミングされました。

なお、マツダ・フレアワゴンはスペーシアの姉妹車です。いわゆるOEM提供車です。

パレットの後継車種

2008年に登場したパレットの実質後継モデルにあたりますが、1代限りでスペーシアに移行した背景には、室内の広さや燃費性能などが著しく進化したことや、売れ行きが伸び悩んだパレットのイメージを刷新する目的がありました。

とはいえ、プラットフォームやスライドドアなど基本設計は継承されています。

最大の特徴はJC08モードで29km/Lを実現した、発売当時クラストップの低燃費性能。

また、スポーティモデルのスペーシア カスタムも設定されています。

新型スペーシア(フレアワゴン)の最新情報

ここからは、新型スペーシアを徹底解説・予想していきます!

新型スペーシアのデザイン

■画像は現行スペーシアカスタム

現行モデルはパレットのDNAを受け継いだエクステリアとなっていて、メッキパーツの利用を控えた落ち着きのある雰囲気です。

悪くいうと個人的には少し地味かなという印象を受けます。

一方、ライバル車を見てみると、N-BOXはキリっとしたちょっぴりワイルドな風貌、タントは可愛らしいイメージです。

この2車種に比べると個性が弱かったスペーシアなので、フルモデルチェンジを機に押し出し感の強いデザインに生まれ変わるかもしれません。 

新世代プラットフォーム採用でさらなる軽量化

新型スペーシアには、既にアルトに採用されている次世代プラットフォームが採用されます。

これによって大幅な軽量化が可能に。

現行モデルでも、最軽量のグレードで車両重量は840kgで、N-BOXの950kg、タントの920kgと比べると圧倒的な差があります。

新プラットフォームによってさらに軽量化され、800kgを切るのではないかと予想されています。

各メーカー数キロ軽くするために多大な努力を重ねているなか驚きの数値ですね。

軽量化だけでなく、剛性、衝突性能も向上します。

エンジン改良&軽量化で燃費アップ

エンジンは現行型と同じく、NA(自然呼気)とターボの2種類が用意されます。

現在、NA&2WDモデルではJC08モード燃費32km/Lとなっています。

新型では、既に燃費に定評のあるエンジンR06A型にフリクション低減の改良が施されるものの、大きな燃費向上を見込めず、33~34km/Lと予想されています。

ただし、車重量が本当に700kg台に突入すれば、35km/L以上に到達する可能性も十分考えられます。

発売時期はいつ?

東京モーターショー2017で市販モデルがお披露目され、2018年1月に発売開始と予想されています。

実は当初の予定では2017夏にもフルモデルチェンジを行う予定でした。しかし、燃費不正問題の影響でスズキ全体の新車投入スケジュールが後ろ倒しに。

本来2016年にフルモデルチェンジを控えていたワゴンRやスイフトも2017年に延期となっています。

スズキ新型スペーシア最新徹底予想!2018年フルモデルチェンジ予定!
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする