トヨタ新型スープラ最新情報!復活は2018年?デザインや性能は?

◆この記事をシェアする

2002年に生産終了となったトヨタの人気スポーツカー『スープラ』がついに復活!?

新型スープラのデザイン・スペック・発売日・価格など、最新情報を詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

トヨタ・スープラとはどんな車?

トヨタA80スープラ

出典 – http://www.favcars.com/

トヨタ・スープラは1978年~2002年の間、生産・販売されていたスポーツカーです。

初代と2代目までのスープラは、国内では「セリカXX」という名前で販売されていましたが、3代目からは北米仕様と同じく「スープラ」となりました。

4代目の通称「80スープラ」は、「THE SPORTS OF TOYOTA」というキャッチコピーをかかげ、トヨタとしては珍しくスポーツカーと銘うって登場。

ライバルの「スカイラインGT-R」や「RX-7」に比べてワイドなボディを持ち、全幅1,810mmに達する3ナンバー車となりました。

オーソドックスな後輪駆動レイアウトの採用やハイパワーなエンジンを搭載し、高性能なスポーツカーとして多くのファンを獲得した名車です。

関連記事 トヨタ80スープラ人気の秘密に迫る!現在の中古車相場は?

新型スープラの最新情報

ここからは復活が期待される新型スープラの最新情報を詳しくお伝えします!

コンセプトモデル「FT-1」がベース

FT-1コンセプト(サイド~リアビュー)FT-1コンセプト(フロントビュー)FT-1コンセプト(フロントビュー2) FT-1コンセプト(インテリア)

2014年1月開催のデトロイトモーターショーで初公開されたコンセプトカー「FT-1」が、次期スープラのベースになるとみられています。

細く鋭いヘッドライトやF1マシンのようなフロントバンパーが特徴的で、全体的な雰囲気は80スープラとどことなく似ているなという印象を受けます。かなりカッコイイですよね!

新型スープラのエクステリアはFT-1のデザインを色濃く継承されるようです。歴代スープラの魂を感じられるようなデザインになることを期待したいところですね。

なお、FT-1は東京オートサロン16や大阪オートメッセ16でも公開されています。

【動画】デトロイトモーターショーで登場した「FT-1」

【動画】FT-1の公式プロモーションビデオ

「スープラ」を改めて商標登録

以前からスポーツクーペ「FT-1」がスープラの後継モデルではないかと噂されていましたが、2016年に入ってイメージレンダリングが出回るなど、いよいよ復活が現実味をおびてきた形です。

さらに、2014年2月、トヨタがアメリカで「スープラ」という名称を商標登録(米国特許商標庁において)していたことが分かりました。一度2010年にもアメリカで同車名を商標登録していましたが、2014年1月末をもって期限切れに。そこで今回、改めて商標登録をおこない権利を取得した形です。

これはもう、復活するのはほぼ確定といっていいでしょう!

なお、トヨタはヨーロッパでも「Supra」の名前を再登録済したことが判明しています。

テスト車両をスクープ

2016年9月、ついに次期スープラ初の実車となるテスト車両がキャッチされました。

トヨタ・BMWの共同開発

新型スープラはトヨタとBMWで共同開発されます。

プラットフォームやパワーユニットなどをBMW側で生産し、ハイブリッドシステムなどをトヨタが担当します。

次期スープラのボディサイズは?

最新の情報では、先代の80スープラと比べて全幅が50mmワイドになると予想。また、全長が140mm、ホイールベースが70mm短くなり、全高が45mm低くなるとみられています。

80スープラは全幅1,810mmともともと車幅があるスポーツカーでしたが、よりワイドになることになります。

同社の86(ハチロク)の上位という位置づけになる新型スープラですが、実用面を考えると全幅1,800mm前後に抑えてほしいという声が多くありそうです。

なお、目標重量は1,500kgとしています。

気になる発売日は?

2017年秋の東京モーターショーか2018年1月のデトロイトモーターショーにワールドプレミアされ、発売時期は2018年秋ごろの予想です。

惜しまれながら姿を消した人気スポーツカーなだけに、新型スープラに関する情報はこれからも大注目となりそうです!

新しい情報が入りましたら、その都度詳しくご紹介していきます!

トヨタ新型スープラ最新情報!復活は2018年?デザインや性能は?
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする