ホンダがフィットベースの新型SUV「WR-V」を発表!日本発売は?

◆この記事をシェアする

ホンダは、間もなく開催されるサンパウロ国際モーターショーに先駆けて、世界初公開する予定の新型コンパクトSUV「WR-V」のスケッチを発表しました。

フィットのSUV版とも言われている「WR-V」はどのような車なのか?そして日本で発売される可能性はあるのか?など詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク

ホンダの新型車「WR-V」とは

主に南米市場向けのコンパクトSUV

ホンダの新型車「WR-V」

出典 – http://autoc-one.jp/

WR-Vは、南米などの新興国向けに開発された新型のコンパクトSUVです。

2016年10月17日に市販モデルのスケッチ画像が海外の公式サイトで公開されましたが、これはブラジルにあるホンダの生産販売子会社によるもの。そして、開発自体も南米ユーザーの需要を汲み取って現地の「Honda R&D Brazil」がおこなっています。

世界的にSUV(特にクロスオーバータイプ)の人気が高まっていますが、南米でもSUV市場は拡大しています。既に南米では日本でも発売されている「CR-V」と「HR-V(日本ではヴェゼル)」が展開されていますが、さらに小型のSUVを投入してラインナップを強化しようとしています。

ちなみに、車名の由来は「Winsome Runabout Vehicle」の略。Winsomeは「魅力的な、愛嬌のある」という意味があり、Runabout「その辺を気軽に走り回る」ことを表します。

「魅力的、愛嬌がある」には、ホンダSUVの末っ子的な存在ということや、気軽に乗れる親しみやすさなどの意味合いが込められているのでしょう。また、ホンダは「都会的なSUVデザインと、高いユーティリティーをコンパクトなボディーサイズで実現。アクティブに生活を楽しむ方に向けたSUV」としています。

フィットがベース

ホンダ・フィット

出典 – http://www.honda.co.jp/

WR-Vのベースとなるのは、日本でもお馴染みの「フィット(Fit)」と言われています。

となると、現在日本で一番売れているSUVのホンダ「ヴェゼル(VEZEL)」もフィットと同じプラットフォームを採用しているので、WR-Vとヴェゼルもベースは同じということになります。

現時点でWR-Vのボディサイズの詳細は発表されていませんが、おそらくVEZELよりもコンパクトなボディとなるようです。

しかし、一部メディアでは3列シートを採用した7人乗りSUVと報じているところもあります。もし本当であればCR-Vと同クラスになってしまいますが…。まあないでしょう。

WR-Vのエクステリア

ホンダの新型車「WR-V」

出典 – http://autoc-one.jp/

先ほどもご紹介しましたが、改めて公開された量産型のスケッチです。

全体のフォルムはやはりフィットぽいですね。一方、フロントマスクはヴェゼルに似たデザインとなっています。

バンパーのデザインや、ブラックに塗装されたオーバーフェンダー、個性的な大型アルミホイールが、SUVとしての力強さを感じさせてくれます。

■ヴェゼル

ホンダ・ヴェゼル

出典 – http://www.honda.co.jp/

ちなみに、こちらがヴェゼルです。

ヘッドライトのデザインは結構違いますが、雰囲気はとてもよく似ています。

2016年11月8日から開催されるサンパウロ国際モーターショーでワールドミレミアされる予定なので、その際に詳細をまたご紹介したいと思います!

パワートレインは?

搭載エンジンは、ブラジル向け「1.5L FLEX-fuelエンジン」を用意。

またインドでは、1.5Lと1.2Lのガソリンエンジンと、1.5Lのディーゼルエンジンが搭載されていると予想されています。

日本発売はあるのか

気になる日本への投入について。

残念ながら、現在のところ日本での発売については何も発表されていません。しかし、日本で投入される可能性は十分あると思います。

まずひとつに、WR-Vは新興国をメインにしたモデルではあるものの、セダンの「グレイス(GRACE)」や、ミニバンの「ジェイド(JADE)」など海外市場をメインに開発されたモデルが日本に導入されている前例があります。

また、近年人気のあるクロスオーバーSUVのなかでも、特に「コンパクトSUV」のニーズが高まっていることが挙げられます。

国内では12月に発売予定のトヨタ「C-HR」や開発が進められているとされる「レクサス UX」など。海外メーカーでは「アウディQ2」が発売されるなど、各自動車メーカーがSUVラインナップに最も小型なSUVを投入してきています。

ヴェゼルは一応コンパクトクラスに分類されますが、全幅1,770mmあり3ナンバーサイズです。もし、WR-Vが全幅1,700mm前後のボディサイズということであれば、ヴェゼルとは差別化できますし、新たなニーズを満たすことができるはずです。

実際南米では、CR-VとHR-V(ヴェゼル)があるのに追加しますからね!

個人的にも日本へ持ってきてほしいなと思いますが、さてどうなるでしょうか。

ホンダがフィットベースの新型SUV「WR-V」を発表!日本発売は?
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする