日産新型エクストレイル最新情報!2017年ビッグマイナーチェンジか

◆この記事をシェアする

日産の人気クロスオーバーSUV「エクストレイル」のモデルチェンジ情報をお伝えします!

エクストレイルの兄弟車である「日産ローグ」が新型にモデルチェンジし、エクストレイルもいよいよビッグマイナーチェンジが近づいてきている状況です。

新型エクストレイルのデザイン・搭載エンジン・発売時期などを、最新情報をもとにたっぷりご紹介します!

スポンサーリンク

現行エクストレイルは2013年登場

現行の日産エクストレイル

出典 – http://www.nissan.co.jp/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、卓越したオフロード性能と市街地でのオンロード性能をあわせ持つ、クロスオーバータイプのミドルサイズSUV。新車販売台数のSUV部門で常に上位にランクインする人気車です。

現行のエクストレイルは、2013年12月16日に発売された3代目モデルになります。

初代と2代目モデルは、本格オフロードSUVのような角ばったワイルドなボディでしたが、現行型は最近のクロスオーバーSUVのトレンドとなっている流線的でスタイリッシュなデザインに生まれ変わりました。

また、新プラットフォームの採用によってボディサイズ・室内空間が大きくなり、7人乗り仕様が初めて設定されました。さらに、2015年5月にはハイブリッド車が追加で発売されるなど、幅広いニーズに対応しています。

4年目の2017年にマイナーチェンジ

そんなエクストレイルが、登場から4年目となる2017年にマイナーチェンジをおこなう見込みです!

しかも、タイミングや予想されるモデルチェンジ内容をみると、ビッグマイナーチェンジ(大型改良)といっていいモデルチェンジになるでしょう。

ということで、ここからは新型エクストレイルのデザインや、搭載が予想される自動運転システムなどについて詳しくご紹介していきます。

新型エクストレイルのマイナーチェンジ内容

兄弟車の新型ローグが先にモデルチェンジ!

■初代日産ローグ

初代日産ローグ

出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

■2代目日産ローグ

2代目日産ローグ

出典 – https://ja.wikipedia.org/wiki/

日産ローグは、エクストレイルの兄弟車として北米市場で販売されているモデルです。

2007年に登場した初代ローグはエクストレイルとは全く似ておらず、プラットフォームはデュアリスなどと共通、外観はムラーノに近いデザインでした。

ところが、2代目からは3代目エクストレイルと同じプラットフォームを採用し、内外装もほぼ同じデザイン・仕様となりました(搭載エンジンは違う)。

新型ローグ(2017年モデル)を発表

日産新型ローグ2017年モデル(フロント)

出典 – http://jp.autoblog.com/

日産新型ローグ2017年モデル(リア)

出典 – http://jp.autoblog.com/

2016年9月、ローグの新型モデルが発表されました。

基本デザインを受け継ぎつつ、よりSUVらしいアグレッシブなエクステリアとなっていますね。

日本仕様とリンクしているモデルなので、新型ローグがマイナーチェンジ後のエクストレイルを予想するうえで重要なヒントになってきます!

エクステリア(外装)の変更点

まずはエクステリアから。

■新型ローグのエクステリア

日産新型ローグ2017年モデル(フロント~サイドビュー)

出典 – http://jp.autoblog.com/

日産新型ローグ2017年モデル(リア~サイドビュー)

出典 – http://jp.autoblog.com/

日産新型ローグ2017年モデル(サイドビュー)

出典 – http://jp.autoblog.com/

日産新型ローグ2017年モデル(リアビュー)

出典 – http://jp.autoblog.com/

日産新型ローグ2017年モデル(フロントビューアップ)

出典 – http://jp.autoblog.com/

ぱっと見ると現行モデルとの違いが分からないかもしれませんが、いろいろと細かい変更が施されています。

一定の評価を得ていた現在のデザインに敬意を払いつつ、うまくバージョンアップしているな~と感心させられました。

といっても従来のモデルと比較しないと分かりにくいと思うので、画像で見比べてみましょう。

■従来のローグ

従来のローグ(フロント)従来のローグ(リア)

■新型ローグ

新型ローグ(フロント)新型ローグ(リア)

まず、目につくのはV-モーションデザインの変更です。

従来モデルもフロントグリル内にV字型のメッキパーツを採用していましたが、新型はV字メッキが縦横ともに若干大きくなり存在感を増しています。

さらに、V字をかたどるようにラジエーターグリルが下方にグッとえぐれたデザインに変更されています。ここが特に大きく印象を変えている要因となっています。

また、フォグランプ周りのバンパーデザインも凹凸感のあるエッジの効いた造形になっています。V-モーションデザインとの融合具合がいい感じです。リアバンパーも形状が変更されているのが分かります。

あと、ヘッドライトはLED化されるとともに形状が変わり、サイズも少しだけ大きくなっているようです。従来モデルはV字メッキとヘッドライトの目頭の間に12~13cmの間がありましたが、新型モデルは数センチしか隙間がなく一体感が生まれています。

その他の変更点は、

  • リアコンビネーションランプのLED化
  • サイドミラーのデザイン変更
  • ルーフアンテナがシャークファンに変更

など。

従来モデルよりもSUVらしいワイルドなデザインになっていますね。いや~かっこいい!

やはり、従来モデルが日本の現行エクストレイルと同じデザインだったことを考えると、新型エクストレイルもローグと同様のデザイン変更が施される可能性が非常に高いです。

インテリア(内装)の変更点

■新型ローグのインテリア

日産新型ローグ(インパネ周り)

出典 – http://jp.autoblog.com/

日産新型ローグ(運転席)

出典 – http://jp.autoblog.com/

日産新型ローグ(後部座席)

出典 – http://jp.autoblog.com/

日産新型ローグ(ラゲッジスペース)

出典 – http://jp.autoblog.com/

上の画像は新型ローグのインテリアです。

前モデルに比べてステアリング(ハンドル)が、スポーティーなDシェイプ型に変更されています。また、センターコンソールやダッシュボードにも新たにソフトパッドが付けられています。

これらの変更が新型エクストレイルに採用されるかは分かりませんが、全体的に質感の向上が図られるのは間違いありません。

パワートレインの改良

新型ローグには今回新しくハイブリッド車が追加されました。しかし、エクストレイルとローグは搭載エンジンが違うのであまり参考になりません。ちなみに、ローグのほうが排気量の大きいエンジンを積んでいます。

新型エクストレイルは、現行型のガソリン・ハイブリッドそれぞれのパワーユニットが引き続き採用されるでしょう。多少改良をおこない、出力や燃費性能の向上が図られると予想します。

また、ハイブリッドモデルに新しいグレードが追加されるという噂もあります。

ディーゼルの復活はある?

クリーンディーゼルが復活するのではないかという情報も出てきています。

もともと2代目エクストレイル時代には、ルノーと共同開発した2000ccのクリーンディーゼルターボがラインナップされていました。

さらに、現行モデルでもオーストラリア仕様やヨーロッパ仕様では、先代よりダウンサイジングした1.6Lのディーゼルエンジンが設定されています。欧州の中古市場では先代モデルを含めてディーゼルモデルが非常に人気だそうです。

そして、ディーゼル復活の噂の種は、日産・ヨーロッパ・イーストのジェームズ・ライト氏がパリ・モーターショー16で、「エクストレイルに2.0Lディーゼル(190ps)を追加する」と明言したこと。排出ガスの規制値をEUが定めた「Euro6規制」をクリアすべく新型エンジンを開発している最中のようです。

日本で発売されるかはまだ分かりませんが、Euro6規制の基準を満たしたエンジンであれば国内への投入も問題ないはずです。既にガソリン仕様とハイブリッド仕様がありますが、国内でのディーゼルに対する需要はいまだ高いので、追加する価値は十分あると思います。さてどうなるでしょうか…。

「プロパイロット1.0」搭載か

日産プロパイロットのイメージ図

出典 – http://www.nissan.co.jp/

新型セレナで初搭載された自動運転技術「プロパイロット1.0」が新型エクストレイルにも搭載される予定です。

2016年発売のセレナに搭載したのに、翌年モデルチェンジのエクストレイルに搭載されないということは考えにくいです。

ちなみに、新型ローグにはプロパイロットは採用されていません。

発売時期に関する最新情報

新型エクストレイルの発売時期は、2017年と予想されています。

車のモデルチェンジ周期は平均6~8年。エクストレイルは日産のなかでも指折りの人気モデルなのでこの平均値におさまるでしょう。また、発売してから次にフルモデルチェンジするまでのちょうど間の時期に、一度ビッグマイナーチェンジをおこなうのが一般的です。

となると、発売から3年か4年後に大きなマイナーチェンジをおこなうというわけです。現行エクストレイルは2013年12月に発売されたので、4年目となる2017年にモデルチェンジを行う可能性が非常に高いというわけです。

また、ローグが新型になったのにそこから2年以上遅れるというのも考えにくいでしょう。

2017年のいつ発売となるかは現在のところ不透明ですが、春~夏あたりではないかと予想しています。

新しい情報が入りましたら随時お伝えします。

日産新型エクストレイル最新情報!2017年ビッグマイナーチェンジか
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪
スポンサーリンク

◆この記事をシェアする

◆フォローして最新記事をチェックする