トヨタ86 スバルBRZ 新型にマイナーチェンジ!全貌や最新情報!

この記事をシェアする

トヨタ86と兄弟車のスバルBRZが、2016年秋にビッグマイナーチェンジ予定です。

新型モデルの画像をもとにマイナーチェンジで変更される点を徹底解説します!

発売日に関する最新情報もご紹介!

現行モデルの「86」と「BRZ」

現行トヨタ86

出典 – http://toyota.jp/

トヨタ86とスバルBRZは、トヨタ自動車と富士重工業(スバル)の共同開発によって誕生した国産スポーツカーです。生産は一貫して富士重工業が行っています。

「直感ハンドリングFR」をコンセプトに、小型・軽量・低重心で設計されています。

まずはBRZが2012年3月28日に先行して販売開始し、1週間後の4月6日に86が発売されました。

86・BRZともに世界各国で販売されていますが、86の北米市場における名称だけ「FR-S(サイオンブランド)」として販売されていました。しかし、今回のマイナーチェンジのタイミングでトヨタ「GT86」に変更となります。

スポーツカー文化を再び

国内でのスポーツカー人気が陰りをみせ販売台数が激減していたため、以前スポーツカーに憧れていた40代~50代の男性や、車離れが進む若者達をターゲットに設定。

走る楽しさを追及しながらも、低価格で購入できるスポーツカーとして企画・開発されました。

結果、86・BRZともに大人気となり、カスタマイズを楽しむ人も多くいます!

新型トヨタ86最新情報!

公開された新型トヨタ86

ニューヨーク国際モーターショー2016にてマイナーチェンジ後の新型86が世界初公開されました!

マイナーチェンジ後の新型トヨタ86(エンブレム映像とともに)

マイナーチェンジ後の新型トヨタ86(AE-86映像とともに)

マイナーチェンジ後の新型トヨタ86(フロント~サイドビュー)

マイナーチェンジ後の新型トヨタ86(フロントビュー)

マイナーチェンジ後の新型トヨタ86(サイド~バックビュー)

014_o

新型86 エクステリアの変更点

開発責任者の多田哲哉氏が「全てをやり直しました」と語るほど、大型改良となる今回のマイナーチェンジ。なかでもエクステリアの変更が印象的です。

現行モデルと画像で比較しながら説明します。

トヨタ現行86のフロントビュー

現行 フロント

トヨタ新型86のフロントビュー

新型 フロント

トヨタ現行86のリアビュー

現行 リア

トヨタ新型86のリアビュー

新型 リア

特にフロントバンパーは、今までのシンプルな形状からエッジの効いた刺々しいデザインに変更されており、まず目につくポイントです。

好みが分かれそうなところではありますが、空力特性や冷却性能の向上を求めた結果このようなデザインに行き着いたとのことです。

また、フェンダーカバーの形状も空力のために変更されていて若干ボリューミーな印象に。

ヘッドライト、リアコンビランプはLED化されデザインも変更。特にリアコンビランプは現行の白基調に比べて赤の割合が多くなり、イメージが大きく異なります。

さらに、空力性能を高めるエアロスタビライジングフィンの位置も変更されていて、ここでも走りの質を極限まで高めようとするこだわりが感じ取れます。

新型86 インテリアの変更点

トヨタ新型86のインテリア

続いてインテリア。

新しい形状のステアリングが採用され、少しサイズダウンしています。また、グリップの向上やオーディオコントロールスイッチの追加をおこなうと同時に軽量化されていて、よりハンドリングの質が高まっています。

インテリアは外観にくらべると変更点は多くありませんが、柔らかい肌触りの新素材「Grandlux」が随所に使われるなど、全体の質感がアップしています。

新型BRZも登場!

スバルの米国法人から、2017年モデルとなる新型BRZが公開されました。

gll1606051700002-p2 gll1606051700002-p3 gll1606051700002-p4 gll1606051700002-p7

スバル・BRZも86と同様に、内外装デザインの変更やシャーシ、パワートレインの強化など、大掛かりな改良がおこなわれます。

新型BRZのエクステリア 86との違いは?

マイナーチェンジ後のエクステリアですが、新型86とかなり違う印象を受けます。

ラジエーターグリルはワイド&ローになった新型86に比べて、従来モデルとほぼ変わらない正統派なデザインを採用。

フロントバンパーも新型86の波打つような攻めたデザインにはせず現状維持となっています。

しかし、フォグランプ周りのデザインは改良が施されています。サイズが1.5倍ほど大きくなり、フロントバンパーの一部先端がルーバーを支えるような形状になっています。よりスポーティーなイメージを与えてくれるポイントです。

ヘッドライトとリアコンビネーションランプはもちろんフルLED化されます。

新オプション「パフォーマンスパッケージ」追加

上位グレードの「リミテッド」を選択すると、4.2インチのカラーディスプレーがタコメーターの横に搭載されます。ハンドリング状況、アクセル開度、ブレーキ力、G(加速度)などが表示されます。

また、「リミテッド」のマニュアル仕様には、新オプションの「パフォーマンスパッケージ」が追加設定されます。パッケージ内容は、17インチの専用ブラックアルミホイールや、ブレンボ製ブレーキキャリパー、ザックス製パフォーマンスダンパーなど。

リミテッド+パフォーマンスパッケージの組み合わせはかなり人気となりそうです。

新型BRZ プロモーション映像公開!

映像では、ブラックとホワイトの新型BRZがワインディングロードを競うように走るシーンが収録されています。かなりかっこいいので是非ご覧ください!

6月12日に詳しい情報が公開される予定なので追ってご紹介していきます。

発売日に関する最新情報

現在の最新情報では、2016年秋の発売を予定していることが分かっています。

9月下旬~10月上旬に販売開始となるでしょう。

前回同様、86とBRZほぼ同時期に発売されると予想します。

なお、「パフォーマンスパッケージ」については、モデルチェンジから数か月後(恐らく2016年12月)に販売開始予定です。

最新情報が入り次第改めてお伝えしていきますのでお楽しみに!

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る