次期トヨタ86 フルモデルチェンジ最新情報!2020年デビューか 予想CG画像も!

この記事をシェアする

トヨタとスバルが共同開発した低重心の小型スポーツカー『86(ハチロク)』。

1代限りで姿を消すスポーツカーが多い中86/BRZともに継続が決定し、次期型の開発がスタートしたという情報が入ってきました。

予想デザインCGや新開発ターボなど、新型86に関する注目の最新情報をまとめてお届けします。

スポンサーリンク

次期86 スバル主導で開発開始!2021年発売か

現行トヨタ86

現行トヨタ86

次期モデルの開発チームが正式に発足しており、精力的に開発が進められています。

現行型とおなじく開発を主導するのはスバル。インプレッサの開発を統括した阿部一博氏が上級プロジェクトマネージャーに就任したとのこと。

愛好者が多い86/BRZだけに新型も基本的にはキープコンセプトとなります。FRスポーツ、2ドアクーペという性格も当然受け継がれます。

2020年秋頃にワールドプレミアされ、2021年の発売を計画中。

次期86のデザインを大胆予想

まずは現行86のエクステリアをおさらい

トヨタ86のエクステリア(フロント)トヨタ86のエクステリア(リア〜サイド)

現行モデルのエクステリアを簡単にご紹介。

端正なフロントマスクや流麗なクーペルックなど、とても完成度の高いデザインです。人気を支えるのは走りや価格だけでなくルックスの貢献度も大きいはず。

2016年7月のマイナーチェンジでは、空力特性をより強化したフロントバンパーに変更するなど、また違った表情をみせています。

予想CGで紐解く!新型86のニューデザイン 

新型のデザインについての詳しい情報は入ってきていませんが、現行よりもさらにシャープでスタイリッシュになり、海外のファンを増やすようなデザインになると予想。

また現行同様、86とBRZでフロントを中心に差別化を図るのは間違いありません。

ここで、2つの予想CGをご紹介します。

次期86の予想CG画像(その1)

まず1枚目は、今冬登場予定の新型スープラの弟分をイメージして作成された予想CG。

現行モデルの面影を残しながらもフロントバンパーは大胆な形状に。サイドのエッジーな凹凸はリアリティがあります。

ただ、”86”としてブランディングが確立されているので、あえてスープラとシリーズ化する必要はないでしょう。

次期86の予想CG画像(その2)

もうひとつの画像もショーモデル並の大胆予想。

トヨタの共通デザイン「キーンルック」のようなフェイスを採用。フェンダー周りはかなりボリューミーで、後輪前のフィン付き吸気口がスポーティさを強調しています。

実際はもう少し涼しい顔つきでスタイリッシュな雰囲気となりそうです。

新世代プラットフォーム(SGP)の採用は?

次期86には新世代プラットフォーム「SGP(スバル・グローバルプラット・フォーム)」を使ったFRスポーツになるという情報があります。

SGPは2016年に全面改良したインプレッサから導入。

従来のプラットフォームよりも剛性が高められ、走りの質感向上や10年先まで見据えた衝突安全性能を備えています。

一方で、現在のプラットフォームを改良したものを採用するという説もあります。FRスポーツという特性があるため、SGPで対応する難しさやコスト面での懸念があるのかもしれません。

シャシーはクルマの基本性能を大きく左右するだけに気になるところです。

ボディサイズは現行型とほぼ同じ

トヨタ86のボディサイズ

新型86のボディサイズは現行とほぼ変わらないでしょう。

全幅1800mm以下に抑えられ、取り回しのよさもキープ。

ボディサイズ予想(新旧比較)
項目 新型86(予想) 現行86
全長 4250 mm 4240 mm
全幅 1780 mm 1775 mm
全高 1315 mm 1320 mm
ホイールベース 2570 mm 2570 mm
乗車定員 4 人 4 人

※全高はルーフアンテナを含む数値。ルーフ高は1285mm。

新型86の搭載エンジン予想

1.8L ダウンサイジングターボが有力か

現行モデルは[2.0L 水平対向4気筒直噴DOHCエンジン]を搭載。

新型86には新開発の[水平対向ダウンサイジングターボエンジン]が導入される可能性があります。

希望する声の多かったターボ仕様となるわけですが、排気量は1.8Lが有力。

その他の可能性としては、1.5Lターボや逆に排気量拡大の2.4Lターボなどが挙げられます。

SGPを採用しない場合、ターボ化は厳しい

一方で、SGPを採用せず現在のプラットフォームを再利用する場合はターボエンジンの搭載は困難な状況です。

86/BRZは「FR駆動で過給器やハイグリップタイヤに頼らない」というコンセプトで誕生したため、プラットフォームの設計段階で四駆化やターボエンジンを搭載するスペースをつくっていません。そのおかげであれだけの低重心を実現しています。

そのためSGPを採用しない場合は、現行のFA20型エンジンを改良したものにプラスして、アセントに搭載されるFA24型ターボエンジンを自然呼気化したものが追加設定されるとみられます。

新型86の販売価格予想

現行の新車価格は262~496万円。

GRは4,968,000円とかなり高く設定されています。

「若い人達にもスポーツカーを楽しんでほしい」というコンセプトは継承され、新型になっても大幅値上がりはないと思われます。

エントリーグレードで270万円〜と予想。

スポンサーリンク
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る