オールテレーンタイヤって何?オールシーズンタイヤとの違いや特徴を解説!

この記事をシェアする

オールテレーンタイヤ。初めて聞いたという方や、耳にしたことはあるけどどんなタイヤなのかイマイチよく分からない…という方が大半ではないでしょうか。

そこで今回の記事では、オールテレーンタイヤとは何なのか!?特徴やメリット・デメリットを詳しくご紹介!また、よく混同される”オールシーズンタイヤ”との違いについても解説しています。

オールテレーンタイヤってどんなタイヤ?

オールテレーンタイヤを履くBMWのSUV

オールテレーンタイヤとは、四輪駆動車(4WD)向けのオールシーズンタイヤのことです。「全地形タイヤ」や「オフロードタイヤ」とも呼ばれます。

少々のオフロードや雪道なら走行可能な走破性を備えると同時に、オンロードでの快適性や走行性能も持ち合わせているのが特徴。まさに全地形をカバーするタイヤですね。

見た目的には、ブロック状の溝が広く深く彫られているのが特徴で、タイヤ側面には[all-terrain]を示す[A/T]または[T/A]表記があります。オールテレーン[T/A]

オールテレーン=あらゆる地形

オールテレーンタイヤのテレーンは[terrain]とつづり、「地形」を表しています。オフロードカーのことを[all-terrain vehicle(オールテレーンビーグル)]と呼ぶことがありますが、あらゆる地形に対応した万能車という意味なんですね。

オールシーズンタイヤとの違い

厳密にはオールテレーンタイヤ(全地形タイヤ)とオールシーズンタイヤ(全天候タイヤ)は区別されます。関係性としては、オールシーズンタイヤという大きな枠組みのなかに、四駆向けに特化したオールテレーンタイヤが含まれるというイメージです。

しかし、オールテレーンタイヤは、クロスカントリー車・SUV・ライトトラックなどのオフロード性能が高い車に標準装備されることが多いことから[オールシーズンタイヤ=オールテレーンタイヤ]と認識されることが非常に多くなっているのです。

最近ではオールシーズンタイヤにオールテレーンの機能を表す[A/T]が表記されることがあるなど、タイヤメーカーもほとんど同一に扱うケースが増えています。

オールテレーンタイヤのメリット

各メーカーから様々なトレッドパターン(タイヤの溝)や特徴をもったオールテレーンタイヤが販売されていて、実際の泥濘地や積雪面での走行性能もそれぞれ異なります。

これからご紹介するメリット・デメリットはオールテレーンタイヤの基本的な性質をもとにしています。

オールシーズンタイヤとしての機能

オールテレーンタイヤは”四駆向けのオールシーズンタイヤ”と言われるだけあって、オフロードだけでなく、ある程度までの雪道など様々な道路状態に適しています。

強靭なサイドウォール

悪路を走るオフロード車に使われるタイヤというだけあって衝撃に強いです。特にサイドウォールへのダメージ(縁石との擦れ・乗り上げなど)には耐久性があります。

オールテレーンタイヤのデメリット

舗装された道路(オンロード)と不整地(オフロード)、どちらも走れるタイヤを目指すことによって生じた問題もあります。

オフロードでの走行性能・耐久性

オールテレーンタイヤはオンロードでもある程度の走行性能を発揮するように設計されています。

そのためにオフロードでの走行性能が中途半端なところがあり、耐久性も本格的なオフロードタイヤに比べると劣ってしまいます。

オンロードでの性能

トレッドパターンの構造上、オンロードで高速走行をすると振動や音が少し目立ちます。

スタッドレスタイヤよりはオンロードに適していますが、やはりノーマルタイヤとしての走行性能はいまいちです。

深い雪や凍結時は厳しい

浅い雪道には対応していますが、本格的な積雪や凍結での使用は前提としていないので危険です。

四駆向けとはいえ、雪や凍結に対する性能はオールシーズンタイヤと同じなので、環境や状況に応じてスタッドレスタイヤやチェーンの装着が必要となります。

オフロードタイヤの種類

ここまでオールテレーンタイヤの特徴についてご紹介してきましたが、実はオフロード車のためのタイヤはオールテレーンタイヤだけではありません。

オフロードでの働きをどの程度重視するかによって大きく3つに分けられます。
※オフロード性能を☆で表しています。

  1. オールテレーンタイヤ    ☆☆
  2. マッドテレーンタイヤ    ☆☆☆
  3. ハイウェイテレーンタイヤ  ☆

この区別はタイヤ側面に略した形で表記されていることが多いです。
〈例:オールテレーン=A/T〉

ブリジストンの取り扱うオフロードタイヤ「DUELER」シリーズの画像と共に、3つを比較してみましょう。

1.【A/T】オールテレーンタイヤ

オフロードはもちろん、舗装された通常の道路でも性能を発揮できるように配慮されたタイヤです。

3つのオフロードタイヤの中でもっともオフロード/オンロード性能が両立され、バランスの取れたタイヤと言えます。

2.【M/T】マッドテレーンタイヤ

オールテレーンと比べてより険しい悪路での走破性を目的としているのが「マッドテレーンタイヤ」です。

溝が深く、本格的なオフロード仕様となっています。あえて空気圧を低くして接地面積を増やすことも出来るよう、またサイドからの衝撃に耐えられるよう、サイドウォールにまで溝が施されたタイヤもあります。

摩耗の速さや走行時の騒音などがデメリットです。

マッドテレーン=泥濘地

マッドテレーンタイヤのマッドは[mud]とつづり、「泥・ぬかるみ」を表しています。深い溝がやわらかい路面に食いつくことでトラクション性能を発揮。泥濘(でいねい)地や砂地を走ることも出来ます。

3.【H/T】ハイウェイテレーンタイヤ

オールテレーンタイヤのオンロード性能を追求した結果、ほとんどノーマルタイヤとしての性格を持つタイヤに行き着いたのが「ハイウェイテレーンタイヤ」です。高速走行にも優れているため、ハイスピードテレーンタイヤとも言います。

静粛性や燃費、濡れた路面での安全性などオンロードでの快適性能を重視しているため、雪道に対応していないタイヤもあります。

スポンサーリンク
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る