スズキ新型アルト/ターボRS/ワークスのマイナーチェンジ情報!発売は2018年秋か

この記事をシェアする

アルトがマイナーチェンジ

スズキの軽自動車「アルト」が2018年秋にマイナーチェンジをおこなう予定です。

予想される主な変更点は次のとおり。

  • 内外装のデザイン変更
  • S-エネチャージの採用
  • 安全装備の充実

今回は新型アルトの変更点や発売日の最新情報など詳しくご紹介します!

スズキ・アルトとは

1979年デビュー。現行は2014年登場

スズキ・アルト

現行アルト

スズキ・アルト(ALTO)は1979年に初代モデルが登場。現行は2014年にフルモデルチェンジを受けたで8代目モデルです。

最近は室内空間の広さが売りのハイトワゴンが人気ですが、ベーシックなハッチバック型をキープし、低価格で低燃費という軽自動車の基本を押さえてます。

多くの人々に長く支持される理由となっています。

優れた燃費性能が魅力

HEARTECT(ハーテクト)

新プラットフォーム「HEARTECT」を採用

現行アルトは、新型プラットフォームを採用したことで軽量化に成功。

パワートレインは、エネチャージの搭載で発電用に使用するガソリン消費を最小限にし、燃費は37km/Lを実現。これはハイブリッド車を除くガソリン車でNo.1の記録です。

本体価格は84.7万円から。基本モデルのほかに、走りの楽しさを追求した「ターボRS」や「ワークス」など、多くのグレードがラインナップされています。

新型アルトのマイナーチェンジ内容まとめ

エクステリアの変更点

▼現行アルトの外観

アルト(フロントビュー)

アルト(リアビュー)

新型アルトの外観に関する情報は今のところ発表されていません。

現行アルトは、先代までとは大きく異なる外観へと変貌を遂げたモデルですので、特別大きな変化があるとは考えにくいです。

しかし、これまでのマイナーチェンジでは、ヘッドライトやバンパー、グリル形状などが手直しされてきました。今回も何らかの変更によってさらに魅力的なエクステリアに改良されるでしょう。

▼現行アルト ターボRSの外観

現行アルト ターボRS(フロント) 現行アルト ターボRS(リア)

▼現行アルト ワークスの外観

現行アルト ワークス(フロント) 現行アルト ワークス(リア)

ボディカラーに新色追加予定

カラーラインナップも変更される模様です。残念ながらまだ詳細は不明。

▼現行アルト

  • ピュアレッド
  • シフォンアイボリーメタリック
  • フィズブルーパールメタリック
  • アーバンブラウンパールメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • シルキーシルバーメタリック
  • ピュアホワイトパール
  • ピュアレッド (ミディアムグレー2トーンバックドア)
  • ブルーイッシュブラックパール3(ミディアムグレー2トーンバックドア)
  • ピュアホワイトパール (ミディアムグレー2トーンバックドア)
  • シルキーシルバーメタリック(ミディアムグレー2トーンバックドア)

ノーマルのアルトにはバッグドアがミディアムグレーの2トーン仕様が用意されています。マイナーチェンジではバッグドアの色が変更されそうな予感。

ブルーイッシュブラックパール3(2トーン)

ブルーイッシュブラックパール3(2トーン)

▼現行アルト ターボRS

  • ピュアホワイトパール
  • ピュアレッド
  • ブルーイッシュブラックパール3

▼現行アルト ワークス

  • スチールシルバーメタリック
  • ピュアホワイトパール
  • ピュアレッド
  • ブルーイッシュブラックパール3

インテリアの変更点

エンジンルームを最小化することによって室内長は2,040mm。軽セダンの中ではトップクラスの広さです。

なるべく心地よくゆったりと乗ってほしい、そのための工夫がいくつもあります。

▼現行アルトの内装

現行アルトの室内空間

大きく見やすいメーター類やシンプルですっきりしたインパネ周り。グレードによってはシートリフターやステアリングのチルト機構も備えているため、運転疲れのしにくい設計となっています。

あると便利な収納ですが、4㎏の耐荷重でバッグもかけられるフックや、ペットボトルだけでなく紙パックが立てられるドリンクホルダーなど、痒い所に手が届く仕様となっています。

現行モデルのいいところはそのままに、新型アルトではさらに快適な車内空間を期待したいですね。

▼現行アルト ターボRSの内装

現行アルトターボRSの運転席まわり 現行アルトターボRSの室内空間

エクステリアと同様、赤のアクセントカラーを取り入れた室内空間。

スポーティーなデザインの多機能メーターも走りの歓びを演出しています。

▼現行アルト ワークスの内装 現行アルトワークスの運転席まわり現行アルトワークスのRECAROシート

ワークスの名に相応しい無機質でクールなインテリア。

専用開発のレカロシートを採用する本格さもマニアにはたまらないポイント。スポーツ走行を見据えたホールド性と長時間の運転でも疲れにくい快適性を両立しています。

パワートレイン変更や燃費の向上について

現行アルトのパワートレインには「エネチャージ」が採用されています。

ガソリンを無駄遣いすることなくエネルギーを電気に変えて充電するエコシステムは、アルトの燃費を極限まで伸ばすことに成功しました。

今回のマイナーチェンジでは、そのエネチャージの進化版「S-エネチャージ」の搭載が予想されています。

S-エネチャージとは

S-エネチャージ説明図

従来のエネチャージは、電装品に使う”電気をいかに生み出すか”という点で優れており、発電のためにガソリンを使わないことで燃費向上に役立ってきました。

それに加えてS-エネチャージでは、生み出された”電気をいかに使うか”という点で進化が見られ、これまで不可能だったモーターによるエンジンアシスト機能が追加されています。

エンジンアシストによって加速時のパワーをモーターが補助してくれるようになり、さらなるエコドライブが可能となります。

またアイドリングストップ後には、スターターモーター機能を用いた静かでスムーズなエンジン再始動を可能とするなど、快適なドライブにも貢献しています。

S-エネチャージをさらに進化させたハイブリッド車となる可能性も

新型ワゴンRや新型スペーシアには、S-エネチャージをより進化させたハイブリッドシステムが導入されました。

ややこしいのですが、S-エネチャージもワゴンRなどに搭載のハイブリッドシステムも”マイルドハイブリッド”という括りは一緒です。

新型アルトも、S-エネチャージをすっ飛ばして、新マイルドハイブリッドを採用してくるかもしれません。現在S-エネチャージを搭載するのはハスラーだけになってしまいましたし可能性は十分あります。

ただ、マイナーチェンジという点や、現行でもリッター37kmと優れた燃費性能を備えていることを考えると、やはりS-エネチャージをチョイスし、価格の上昇も抑えるのではないでしょうか・

燃費40km/L達成はあるか

S-エネチャージの採用によって、軽自動車初の40km/L到達に期待がかかります。

しかし、現行でも37km/Lという燃費を叩き出しているアルトです。加速時のパワーアップやスムーズなエンジン始動など、走行性能全体のグレードアップのほうが受ける恩恵が大きいかもしれません。

「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載

デュアルセンサーブレーキサポート

スズキの予防安全装備「デュアルセンサーブレーキサポート」は、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた先進安全技術。最近では新型ワゴンRや新型スイフトに搭載しています。

現行アルトに搭載されている「レーダーブレーキサポート」は、作動対象が自動車などに限られていましたが、新型アルトでは歩行者も認識できるようになります。

その他にも以下の通り、多くの安全機能が拡張されますので、より安心して運転できます。

▼従来の「レーダーブレーキサポート」の機能

  • 誤発進抑制機能
  • エマージェンシーストップシグナル
  • ESP(R)車両走行安定補助システム

▼「デュアルセンサーブレーキサポート」の機能

  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • 車線逸脱抑制機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ
  • ハイビームアシスト機能
  • エマージェンシーストップシグナル
  • ESP(R)車両走行安定補助システム

※車種によって搭載機能が異なります。

アルトのおすすめ動画♪

新型アルトのスペック予想

新型アルト グレードS(FF)のスペック予想
全長×全幅×全高 3395mm×1475mm×1475mm
室内長×室内幅×室内高 2040mm×1255mm×1215mm
ホイールベース 2460mm
車両重量 650kg
最小回転半径 4.2m
エンジン種類 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 52馬力/6500回転
最大トルク 6.4kg-m/4000回転
モーター最高出力 2.2馬力/1000回転
モーター最大トルク 4.1kg-m/100回転
トランスミッション CVT
タンク容量 27リッター

販売価格を予想

アルトの現行モデルは84.7万円~124万円。

ベースグレードの価格は据え置かれると仮定して、S-エネチャージ採用グレードで+2万円~、デュアルセンサーブレーキサポート搭載モデルで+10万円弱の価格アップが見込まれます。

そうすると新型アルトは84.7万円~134万円あたりになるでしょう。

比較検討モデルはダイハツ・ミライース

一番のライバルは2017年5月のフルモデルチェンジで2代目となったダイハツ・ミライース。

ベーシックで低価格な軽自動車を目指し、燃費は35.2km/Lに据え置き。アルトの37.0km/Lを無理に越えようとはせず、走りの面の改善やスマートアシスト3を搭載したことによる安全面の強化を大きな売りとしています。

ダイハツ・ミライース

ダイハツ・ミライース

また、ミライースは新世代プラットフォームDNGAをダイハツ車で初投入すると予想されていましたが、フタを開けて見れば既存のプラットフォームを採用しコスト面を重視。そのうえで約80kgもの軽量化を実現しました。

安全性能は新型アルトがデュアルセンサーブレーキサポートを装備することで同等に。価格面は現在ほぼ互角といったところですが、追加予定のS-エネチャージ搭載モデルは燃費性能に比例して価格も上昇するでしょう。

走行性能はアルトに軍配が上がります。アルトの方が少し軽量なうえ、パワフルなエンジンやエンジン効率の良い副変速機付きCVTを採用。さらにミライースにはないスポーツモデル(アルトターボRSとアルトワークス)もラインナップしており選択肢が豊富です。

<走りと燃費のアルト>か<価格のミライース>

あとは内外装デザイン等の好みで選択すればいいでしょう。

関連 【ダイハツ 新型ミライースTR-XX】ターボ&5MTの軽スポーツが2019年復活か!

新型アルトの発売日情報

2017年12月と予想されていた発売時期ですが結局何の音沙汰もなくスルー…。

その後は2018年春(3月〜5月)の発売が有力視されていましたが、どうやら秋になるようです。

10月もしくは11月に発表・発売されるでしょう。

まずはスズキからの公式な発表を待ちたいところです。

新たな情報がわかり次第お伝えしますのでお楽しみに!

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る