トヨタ新型アクア 2019年フルモデルチェンジ情報!TNGA技術で質感・燃費アップ

この記事をシェアする

新型アクアのフルモデルチェンジ

デビュー7年目を迎えたコンパクトハイブリッドカー『トヨタ・アクア』。

今なお安定した人気を誇っていますが、いよいよ来年にフルモデルチェンジする予定です。

気になる新デザインや注目の燃費性能など、どのような進化を遂げるのか詳しく解説します!

8年ぶりフルモデルチェンジで2代目に進化

現行アクア

現行アクア

現行の初代アクアは2011年12月26日に登場。

「低燃費」「親しみやすいデザイン」「手が届きやすい価格帯」が受け、新車販売台数で4年連続1位(2012~2015年)を獲得するなど大成功をおさめたモデルです。

2016年以降はトップの座こそ譲ったものの、2度のマイナーチェンジなどで新鮮さを保ち、上位をキープしてきました。

とはいえ登場からすでに7年。e-POWERを搭載する日産・ノートの台頭などもあり、高い完成度ゆえにロングライフ車となったアクアも、そろそろフルモデルチェンジが必要です。

[参考]2018年4月 新車販売台数
車種 販売台数 前年同月比
トヨタ・アクア 9495台 122.3%
日産・ノートe-POWER 4756台 79%
トヨタ・ヴィッツHV 1140台 54%
トヨタ・プリウス 6220台 78.3%

そこで、デビューからちょうど8年となる2019年末にフルモデルチェンジを予定しています。

2代目となる次期アクアは、基本的にキープコンセプトながらも、TNGAテクノロジーによってクルマの性能・質感が大きく向上します。

トヨタの主力モデルなので、2019年秋に開催予定の東京モーターショーで大々的に初披露すると予想します。

新型アクアのデザインを大予想

「プレミアクア」に似たエクステリアになる?

プレミアクア

上の画像は、2013年の東京モーターショーで、コンパクトカーの製造を担うトヨタ自動車東日本が出展したアクアの派生モデル「プレミアクア」。高級感を向上したモデルです。

プリウスPHVのようなヘッドライト、レクサスのような大型メッシュグリルが特徴的。

もはやアクアの原型をとどめていない顔つきになっていますが、このプレミアクアが次期モデルのベースになるという憶測が出ています。

確かにクールなフェイスでかっこいいですが、やはりプリウスPHVと似ていますし、5年も前の提案デザインなので可能性は低いでしょう。

また現行型は、スタイリッシュでありながら、キュートな表情も併せ持っているデザインが老若男女に支持される理由だと思うので、もう少し柔らかい顔つきになるのではないでしょうか。

[参考]現行アクア

[参考]現行アクア

全体のボディ形状は、現行のアクアやプリウスと同じく、「トライアングル・シルエット」を継承するでしょう。

TNGAプラットフォーム採用で低くシャープなスタイルに

次期ヴィッツと同じく、次世代の車両作りシステム「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の基幹である、新プラットフォームを採用します。

このプラットフォームによって「軽量化」「高剛性化」「低重心化」が可能になり、さらなる低燃費、安全性の向上、走行性能UP、室内空間の拡大などを実現します。

デザイン面でも低重心化の恩恵を受け、低くてシャープなスタイリングになります。

5ナンバーサイズをキープ。全長は拡大か。

全幅1.7メートル以下の5ナンバーサイズをキープ。低重心化によって全高が低くなります。

また、全長はわずかに拡大し、居住空間が広くなると予想。その理由は2つ。ヴィッツハイブリッドの存在と海外市場の影響です。

ヴィッツ・ハイブリッド

ヴィッツ・ハイブリッド

アクアと同じくコンパクトカーとして馴染みのヴィッツですが、2017年のモデルチェンジでハイブリッド車を追加。アクアとキャラクターがあまりにも被ってしまうという課題があります。

また、アクアは米国市場で「プリウスC」として展開しているのですが、大柄なアメリカ人にとっては室内空間が狭く、サイズ拡大を望む声が多くあるといいます。一方、欧州ではコンパクトサイズの車が好まれる傾向があるため、欧州で販売されているヴィッツ(海外名:ヤリス)の大型化はあまり考えられません。

そのため、新型アクアは全幅を保持しながらも全長を少し拡大。「大のプリウス、中のアクア、小のヴィッツ」というすみ分けを図るというわけです。TNGAプラットフォームによって実現可能です。

搭載エンジン&HVシステム 気になる燃費性能は

次期アクアもハイブリッド専用車。となると、一番の売りはやはり燃費性能です。

現行モデルのJC08モード燃費34.4〜38.0 km/Lを超えてくるのは確実。プリウスの40.8 km/L超えに期待がかかります。

ハイブリッドシステムは、現行モデルと同じ「THSⅡ(トヨタ・ハイブリッド・システムⅡ)」を搭載。

エンジンは、現在の1.5Lから1.8Lに排気量アップとなる新開発ユニットを搭載する可能性があるといいます。

熱効率41%を実現する新エンジンによって低燃費を実現。同時に、高レスポンス化と全速度域での高トルク化も両立します。

待望の4WDは設定されるのか

現行モデルは4WDの設定がありません。

一方、4代目プリウスはシリーズ初の4WDを設定。従来よりもコンパクト配置を可能にした、新開発の「E-Four」を採用しています。

スタッドレスタイヤの性能が向上しているとはいえ、雪深い地域の方々にとっては4WDは心強い装備。

新型アクアでの導入を期待したいところですが、ハイブリッド+4WDはコストが高く、SUVのC-HRハイブリッドですら設定されていないので、引き続き2WD(FF)のみとなる公算が大きいです。

トヨタセーフティセンスの最新版を装備

プリクラッシュセーフティのイメージ

出典:toyota.jp

2018年4月の一部改良で、「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」の検知対象に歩行者(昼間)を追加。

また、アクセルの踏み間違い等でおこる被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」をオプション設定しています。

これにともない、衝突回避支援パッケージの呼び名を「Toyota Safety Sense C」から「Toyota Safety Sense」に改名。これまでコンパクトカー向けの「C」と中上位車種向けの「P」に分けられていましたが統一されました。

新型アクアにも当然トヨタセーフティセンスを装備。発売時点での最新バージョンを搭載します。

新型アクアの販売価格を予想

●新型の価格予想:190〜280万円

現行の価格は178~253万円。

新型の価格はほぼ据え置きか、ヴィッツとの差別化に伴い若干高めの設定となります。

ですが、エントリーグレードを200万台に乗せることはしないでしょう。ハイブリッドカーでありながら低価格という強みは踏襲すべきです。

また、競合のノートe-POWERは190~246万円なので、そこを意識した設定となるでしょう。

<こちらも読まれています>

【新型プリウス最新情報】2018年末のマイナーチェンジでPHV似デザインに刷新

ホンダ新型フィット 2019年フルモデルチェンジ 新開発ターボ&ハイブリッド搭載

マツダ新型デミオ 2018夏ビッグマイナーチェンジで質感向上&新ディーゼル採用

トヨタ新型シエンタ最新予想!2018年7月マイナーチェンジでデザイン手直しなど実施

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る