【トヨタ新型アクア最新情報】マイナーチェンジ2017年6月19日発売!

◆この記事をシェアする

トヨタのコンパクトハイブリッド「アクア」が、2017年6月にマイナーチェンジを行います。

ノートe-POWERの登場により少し影が薄くなってしまった感はありますが、今でも月間販売台数は1万台を超えており、トヨタを代表する人気モデルには変わりありません。

今回の改良によってどのような変更があるのか、最新情報をもとに詳しく解説します!

トヨタ・アクアとは

トヨタ・アクア

アクア(AQUA)は、トヨタが2011年12月26日に発売したコンパクトハイブリッドカーです。もう6年が経つとは少し意外な気がします。

発売開始後の1か月間で約12万台を売り上げるなど爆発的に大ヒット。国内販売台数4年連続1位(2012~2015年)という偉業も達成しています。

同社のプリウスとともに、ハイブリッドカーを世に一気に浸透させるきっかけとなった歴史的モデルといえます。

圧倒的な低燃費性、取り回しやすいコンパクトさ、老若男女に受け入れられるデザイン、購入しやすい価格、などが日本市場にうまくマッチした結果でしょう。

今回が2回目のマイナーチェンジ

2014年12月に1回目のマイナーチェンジを行っています。

ヘッドライトやフロントバンパーのデザイン変更、シャークフィン型ラジオアンテナの装備、新ボディカラーの設定など、大小多くの改良が施されました。

また、特別スポーツチューニングモデル「G’s」に続く新グレードとして、クロスオーバーモデルの「X-URBAN」を追加しています。

そして今回、2014年12月のマイナーチェンジに続き、2回目のマイナーチェンジを実施することになります。

トヨタ新型アクアの最新情報!

エクステリア(外装)の変更点

■画像は現行アクア

現行アクア

パッと見た印象はそこまで大きく変わらないものの、多くの箇所でデザインの見直しがおこなわれます。

ヘッドライトは目尻がキュッと伸び、切れ長な印象に。従来モデルのヘッドライトは、アクアのかっこいいとも可愛いともとれる絶妙なデザインを印象付けるパーツでしたが、今回は上品で洗練された雰囲気となります。

また、ヘッドライトの変更に伴い、ボンネットフードやフェンダーも手直しされます。

リアの主な変更点は、リアコンビネーションランプとリアバンパー。リアバンパーは下方のエッジを効かせた窪みが緩やかになり、少しぼてっとした落ち着いたスタイルになります。

その他エクステリア変更予想

  • フロントバンパー
  • 15インチアルミホイール
  • ルーフスポイラー

ボディサイズも変更

■X-URBAN

トヨタアクアX-URBAN

標準車は全長が55mm延長されます。

一方、SUV風テイストのX-URBANは、今回の手直しによってXクロスオーバーに名称を変更。車の特徴を全面に押し出した分かりやすいネーミングになります。

Xクロスオーバーは、従来モデルに比べ最低地上高と全高が10mm高くなり、SUVらしさが強まります。

ボディカラーに新色が追加

ボディカラーに次の4色が新たに追加されます。

  • クリアエメラルドP
  • ジュエリーパープルマイカM
  • ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
  • ベージュソリッド(Xクロスオーバー専用色)

インテリア(内装)の変更点

現行アクアのインテリア

インテリアもモデル末期にふさわしいアップグレードが施されます。

注目は、TFTマルチインフォメーションディスプレイがエントリーグレードを除いて標準装備される点。このディスプレイは、燃費などの多彩な走行状況をリアルタイムでカラー表示し、エコ運転のアシストをしてくれるというものです。

その他、インパネ周りのデザインやスイッチ配置の変更、ステアリングへの可飾など、全体的に質感の向上が図られます。

アクアの生命線「燃費」は38km/L超か!?

昨年11月に登場したノートe-POWERがJC08モード37.2km/Lを記録。

アクアの37.0km/Lをわずか”0.2”だけではありますが上回りました。少しとは言え1位になることには大きな意味があります。

新型アクアは、ハイブリッドシステムの改良と徹底した軽量化によってカタログ燃費が38.0km/Lに引き上げられ、ノートe-POWERやマイナーチェンジを控えるフィット・ハイブリッドに対抗する構えです。

38km/Lを超える可能性も十分考えられます!

新グレードラインナップ&価格予想

■廃止となる「G’s」

アクアG's

下の表は、新型アクアのグレードと価格予想の一覧です。

グレード名 従来アクア 新型アクア
L 176.1万円 178.5万円
S 188.7万円 188.6万円
G 200.7万円 206.2万円
Gソフトレザー 209.0万円 208.9万円
Xクロスオーバー 210.0万円 206.2万円

おすすめグレードは、TFTマルチインフォメーション画面の追加やインパネ周りの質感が向上するにもかかわらず価格が変わらない「グレードS」。狙い目です。

なお、特別仕様車の「Sスタイルブラック」、「Xアーバンソリッド」、スポーツコンプリートモデルの「G’s」は廃止となります。しかし、G’sの後継モデルが今秋にも発売される予定です。

販売店ごとに異なるドレスアップパーツを用意

昨年末に発売したC-HRと同様に、各販売店ごとに差別化を図ったドレスアップパーツを設定します。

  • トヨタ店:メッキ調
  • トヨペット店:金属調
  • カローラ店:チェッカー模様
  • ネッツ店:カーボン調

新型アクアの発売日はいつ?

最新情報では、2017年6月19日(月)に発表・発売と予想されています。

延命の理由はTNGA世代「Bプラットフォーム」の完成待ち

月間販売台数をみると、2016年はプリウスに首位の座を受け渡し、ここ数か月は、日産ノートe-POWERの登場によって販売台数もカタログ燃費も負けてしまっている状況。

登場から6年がたち、フルモデルチェンジして商品力を強化してもおかしくないタイミングですが、「TNGA」世代のBプラットフォームの完成を待って一新することになります。

ヴィッツもアクアと同じくBプラットフォーム待ちです。プリウスやC-HRは先に完成した「TNGA-Cプラットフォーム」を採用しています。

こうして2度目のマイナーチェンジを迎えることになったアクアですが、果たしてマイナーチェンジによって盛り返すことができるのでしょうか。

発売までもう少しです!

スポンサーリンク



◆この記事をシェアする

【トヨタ新型アクア最新情報】マイナーチェンジ2017年6月19日発売!
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪