アウディ新型コンパクトSUV「Q2」徹底解説!価格や発売日情報も

この記事をシェアする

アウディから間もなくデビュー予定のコンパクトSUV「Q2」。

来年には日本でも発売される予定ですが、かなり売れそうな予感がします。

今回はそんなアウディの新型車「Q2」を徹底解説!デザイン、性能、価格、日本での発売日など詳しくご紹介していきます!

アウディ新型Q2 徹底解説

Q2はアウディで最もコンパクトなSUV

アウディQ2(フロント)2台のアウディQ2

ジューネーブモーターショー2016で発表された、アウディの新型コンパクトSUV「Q2」。

アウディには既に「Q7」「Q5」「Q3」というSUVがラインナップされていますが、今回新たに追加される「Q2」は、アウディでもっともコンパクトサイズのSUVとなり、価格的にもエントリーモデルにあたります。

特徴はそのコンパクトなスタイリングと、SUVでありながらもクーペのようなスタイリッシュさを感じさせるエクステリア。

立ち位置的に、ひとつ上の「Q3」はファミリー層を狙って発売されたモデルなのに対し、「Q2」は若者をターゲットにして投入されるモデルとなります。

アウディQ2のエクステリア

アウディQ2(フロントその2)アウディQ2(リア)アウディQ2(真正面) アウディQ2(サイド)

アメリカンフットボールの選手をイメージしたという、力強くスポーティーなスタイリングが特徴的です。

また、「ポリゴン(多角形)」をモチーフとしてデザインに取り入れており、今までにないようなスタイルとなっています。

八角形の大型フロントグリルやヘッドライト・テールランプなどもエッジの効いたデザインで統一されているのがわかります。近年のSUV車は流線的なデザインが多くなる中、どこか懐かしい雰囲気も感じさせてくれますね。

さらに、車高が低くリアにかけて低くなるルーフラインや、ショルダーと呼ばれるサイドウィンドウ下のボディパネルを大きくえぐったようなデザインなどによって、クーペのような印象も受けることができます。アグレッシブさの中にスタイリッシュなイメージがうまく溶け込んでいるといえます。

さらに、各パーツのカラーリングを好きな色に変更することができるなど、カスタマイズも楽しめるようです。

ボディサイズ

Q2のボディサイズは、

  • 全長:4191mm
  • 全幅:1794mm
  • 全高:1508mm
  • ホイールベース:2601mm

ちなみにQ3は、全長4400×全幅1830×全高1595mm なので、一回り小さくなります。

特に、全幅が1800mmを切るというのは、細い道路でのすれ違いや、車庫入れのしやすさにおいて結構大きな違いになります。

それでも、全幅1700mmを下回る、トヨタ『アクア』や日産『ノート』などの国産コンパクトカーに比べれば、室内空間に余裕を感じることができるサイズです。

国産のライバル車でいうと、ホンダ『ヴェゼル』、マツダ『CX-3』、日産『ジューク』などと同じくらいの大きさに分類されます。

パワートレイン

エンジンは、ガソリンエンジンのTFSI、ディーゼルエンジンのTDIともに3種類ずつラインナップされ、合計で6タイプが用意されます。

■ガソリン

  • 1.0 直列3気筒 TFSI:最高出力85kW(116ps)
  • 1.4 直列4気筒 TFSI COD:最高出力110kW(150ps)
  • 2.0 直列4気筒 TFSI:最高出力140kW(190ps)

■ターボディーゼル

  • 1.6 直列4気筒 TDI:最高出力85kW(116ps)
  • 2.0 直列4気筒 TDI:最高出力110kW(150ps)
  • 2.0 直列4気筒 TDI:最高出力140kW(190ps)

なお、日本に導入されるモデルは、ガソリンモデルの1.0リッターTFSIと1.4リッターTFSIの2つが予定されています。

トランスミッションは、6MTまたは7段Sトロニックの組み合わせになります。

また、アウディお馴染みのクワトロ(4WD)ですが、ガソリン、ディーゼル各モデルの高級グレードのみ選択可能になるようです。

販売価格は?

ドイツでの販売価格は、ベースグレードで2万4900ユーロ。日本円で約292万円です。

日本導入時の価格も、300万円前後になるでしょう。

アウディQ2の発売日情報

アウディQ2は、2016年11月にヨーロッパから発売を開始する予定。ドイツアウディでは7月14日から既に受注を開始しています。

気になる日本への導入時期は今のところ公表されていませんが、2017年夏ごろと予想されています。

国内で人気が高まっているコンパクトSUVで、しかも憧れのアウディが比較的お手頃な価格で購入できるとなれば、日本でもかなり人気が出そうです。今後も目が離せない1台です。

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る