BMW『X4』フルモデルチェンジ新型をジュネーブショー2018で公開!日本発売日は?

この記事をシェアする

BMWは3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018で、SUVクーペ『X4』の新型モデルを初公開すると発表しました。

注目のニューデザインやエンジンラインナップ、日本発売日などをご紹介します。

BMW X4がフルモデルチェンジで2代目へ

新型BMW X4

新型BMW X4

BMW X4は、「X6」の弟分として2014年に登場したスポーツ・アクティビティ・クーペ(SAC)。

スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)と呼ばれる「X5」や「X3」よりも、車高が低くクーペ色が強いのが特徴です。”SUVクーペ”と呼ばれることもあります。

2014年の登場から4年しか経っていませんが、ベースモデルのX3のモデルチェンジにともない全面改良されます。

冒頭でもお伝えしたとおり、2018年3月8日から開催されるジュネーブモーターショーで新型X4をワールドプレミアすることを発表しており、合わせて画像も公開されました。

新型BMW X4のエクステリア(外観)

新型BMW X4のエクステリア(前)

キドニーグリルは縦に大きくなり、存在感が増しています。

フロントバンパーも刷新。フォグランプが組み込まれたエアインテーク周りの造形は彫りが深くなりました。

力強さやアグレッシブさが強まった印象です。

新型BMW X4のエクステリア(ヘッドライト点灯)

ヘッドライトは、丸形のコロナリングから六角形のヘキサゴン型に変更。

昨年デビューした「X2」も同様のヘッドライトを採用しており、間もなくフルモデルチェンジ予定のX5を含め、今後のXシリーズに導入されていくと思われます。

新型BMW X4のエクステリア(横)

サイドでは、先代と同じく前後ドアノブに重なる直線的なキャラクターラインが走ります。

リアに向かってなだらかに傾斜する流麗なルーフラインは健在。

新型BMW X4のエクステリア(リア)新型BMW X4のエクステリア(リアコンビランプ)

薄型で水平基調のリアコンビランプを採用し大きくイメージチェンジ。

小さめのリアガラスとあいまって、スポーティな雰囲気が一気に増しました。かっこいい!

ヘッドライト、テールランプともにフルLEDです。

MEMO

細部のデザインや装飾が異なる3つのタイプが用意されます。

  • x Line
  • M Sport
  • M Sport X

CLARプラットフォームを採用。ボディサイズや車重は?

新型BMW X4はCLARプラットフォームを採用します。

CLARは、アルミニウムやマグネシウム、カーボン(炭素繊維)といった複合素材を採用した次世代プラットフォーム。新型7シリーズから導入されました。

CLARによって、剛性を高めつつも先代に比べて最大50kgの軽量化を実現。走行性能や安全性など全体的なパフォーマンス向上に繋がります。

新型X4は全長8.1センチ拡大

新型は全長8.1センチ拡大

一方、ボディサイズは従来モデルよりも拡大。

ボディサイズ比較
車種 全長 全幅 全高 ホイールベース
新型X4 4752 1918 1621 2864
従来X4 4671 1881 1624 2810
[参考]新型X3 4720 1890 1675 2865
[参考]X6 4925 1990 1700 2935

前モデルに比べて、全長8.1センチ、全幅3.7cm、ホイールベース5.4cm大きくなり、全高は3ミリだけ低くなりました。よりスポーティなスタイリングになっています。

前後重量配分はBMWこだわりの50対50に設計されています。

新型BMW X4のインテリア(内装)

新型BMW X4のインテリア

これまでセンターコンソールに埋め込まれていたナビディスプレイがダッシュボード上に移動。10.25インチのジェスチャーコントロール対応タッチパネル液晶を採用しています。

さらに、メーターパネル部分には12インチ液晶を搭載。ヘッドアップディスプレイ(フルカラー)もオプション設定されるなど、先進装備に囲まれたコックピットとなっています。

新型BMW X4の室内空間新型X4のラゲッジスペース

また、CLARプラットフォームの恩恵を受け、後部座席の足元スペースやラゲッジスペースなどが広くなっています。

  • 後席レッグルーム:+27mm
  • トランク容量(後席使用):525ℓ(+25ℓ)
  • トランク容量(後席未使用):1430ℓ

エンジンラインナップ&性能

新型BMW X4に用意されたエンジンは、ガソリン車が3タイプ、ディーゼル車が4タイプの計7つ。

いずれのエンジンも、”BMW EfficientDynamics”を体現する革新的なツインパワーターボテクノロジーにより、低回転域でも優れた俊敏性やレスポンスを実現。低燃費性や環境性能にも秀でています。

xDrive20i
エンジン:2.0L直列4気筒(ガソリン)
最大出力:135kW(184hp)/5,000-6,500rpm
最大トルク:290Nm(29.57kgm)/1,350–4,250rpm
燃費(JC08換算):16.4-16.9km/L
0-100km/h加速:8.3秒
最高速度:215km/h

xDrive30i
エンジン:2.0L直列4気筒(ガソリン)
最大出力:185kW(252hp)/5,200-6,500rpm
最大トルク:350Nm(35.69kgm)/1,450–4,800rpm
燃費(JC08換算):16.4-16.6km
0-100km/h加速:6.3秒
最高速度:240km/h

M40i
エンジン:3.0L直列6気筒(ガソリン)
最大出力:265kW(360hp)/5,500–6,500rpm
最大トルク:500Nm(50.99kgm)/1,520–4,800rpm
燃費(JC08換算):13.0-13.4km/L
0-100km/h加速:4.8秒
最高速度:250km/h

xDrive20d
エンジン:2.0L直列4気筒(ディーゼル)
最大出力:140kW(190hp)/4,000rpm
最大トルク:400Nm(40.79kgm)/1,750–2,500rpm
燃費(JC08換算):21.4-22.2km/L
0-100km/h加速:8.0秒
最高速度:213km/h

xDrive25d
エンジン:2.0L直列4気筒(ディーゼル)
最大出力:170kW(231hp)/4,400rpm
最大トルク:500Nm(50.99kgm)/2,000rpm
燃費(JC08換算):21.0-21.8km/L
0-100km/h加速:6.8秒
最高速度:230km/h

xDrive30d
エンジン:3.0L直列6気筒(ディーゼル)
最大出力:195kW(265hp)/4,000rpm
最大トルク:620Nm(63.22kgm)/2,000–2,500rpm
燃費(JC08換算):19.3-20.3km/L
0-100km/h加速:5.8秒
最高速度:240km/h

M40d
エンジン:3.0L直列6気筒(ディーゼル)
最大出力:240kW(326hp)/4,400rpm
最大トルク:680Nm(69.34kgm)/1,750–2,750rpm
燃費(JC08換算):18.1-18.7km/L
0-100km/h加速:4.9秒
最高速度:250km/h

欧州仕様車は発売当初から、ガソリン、ディーゼルともに設定される予定。

日本仕様車にどのエンジンが投入されるのか注目です。

なお、トランスミッションは全モデルに8速AT(ステップトロニック付)を搭載。BMW独自のインテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」が組み合わされます。

新型BMW X4のオススメ動画!

発売日情報。日本の発売はいつ?

現時点でわかっているのは3月に初公開されるという点だけです。

参考までに新型X3は、2017年6月に発表され、同年10月19日に日本市場で発売されました。(ガソリンモデルは遅れて2018年2月に発売予定)

新型X4も早ければ2018年7月頃に販売開始と予想。先に欧州でリリースされ、日本へは数ヶ月後に導入という可能性も考えられます。どちらにせよ2018年内には発売されるでしょう。

なお、生産拠点はサウスカロライナ州のスパータンバーグ工場となります。

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る