新型BMW X5 世代交代で最新トレンドフェイスに 変更点や発売日をチェック!

この記事をシェアする

BMWのミドルクラス・クロスオーバーSUV『X5』が間もなくフルモデルチェンジを迎えます。

最新スクープ画像や予想CGをご紹介しながら、新型X5がどのような進化を遂げるのか詳しく解説していきます。

BMW X5が4代目へフルモデルチェンジ

現行BMW X5

現行BMW X5

BMW X5はブランド初のクロスオーバーSUVとして初代モデルがデビュー。

スポーティセダンをメインに展開してきたBMWにおいて、今では販売の中核車種となっています。

現行モデルは2013年に登場した3代目となりますが、早くも次期型が2018年に発表される予定となっています。

新型BMW X5の最新プロトタイプをキャッチ

新型BMW X5の最新プロトタイプ

最新プロトタイプの姿がスクープされました。

これまで度々目撃されてきたテスト車両は、ダミーのヘッドライトや重いカモフラージュを身にまとっていましたが、今回は市販型にかなり近い姿でキャッチされています。

新型X5のフロント

新型X5のフロント

現行X5のフロント

現行X5のフロント

基本スタイルは現行型のイメージを受け継ぎながらも、最新トレンドのフロントマスクを採用。

ヘッドライトは、2017年に発表された新型クーペSUV「X2」にそっくり。これまでの丸形のコロナリングから六角形のヘキサゴンLEDに変更されます。

キドニーグリルは縦方向に大きくなり、さらに存在感が増しています。

新型X5のサイド

新型X5のサイド

現行X5のサイド

現行X5のサイド(比較のため左右反転処理)

現行モデルではやや鋭角だったリアクォーターウインドウ。新型では丸みをおびた形状となっています。

新型X5のリア

新型X5のリア

現行X5のリア

現行X5のリア

リアコンビランプもX2のような平行基調のスタイルに一新すると思われます。スタイリッシュな印象となりそうです。

ほぼ市販型に近い レンダリングCGを入手!

次期X5のレンダリングCG

最新プロトタイプをもとに作成されたレンダリングCGを入手しました。かなり市販型に近い完成度といって良いでしょう。

連結されたワイドエアインテークも再現されています。

そのエアインテークやシャープになったヘッドライト・テールランプによって、これまでの骨太な印象に加え、洗練された雰囲気がかなりプラスされるでしょう。

CLARプラットフォームを採用

新型X5は、すでに新型5シリーズや7シリーズなどに採用されているBMWの新世代プラットフォーム「CLAR」を導入します。

アルミやカーボンなどの軽量素材を採用しており車両の軽量化に貢献。

なんと250kg以上もの軽量化を実現する可能性もあるとか。走行性能や低燃費性の大幅向上が期待されます。

さらに剛性も高められており、車体安定性や衝突安全性能にも寄与します。

新型BMW X5のボディサイズ

ボディサイズは若干拡大するとみられます。

新旧ボディサイズ比較
車名全長全幅全高
新型X5(予想)4920mm1950mm1760mm
現行X54910mm1940mm1760mm

新型BMW X5のエンジンラインナップ&燃費

搭載パワーユニットは、現行型のエンジンを改良しパフォーマンスを向上予定。

▼主要エンジンラインナップ予想

・2.0リッター直列4気筒ツインターボ
  最高出力251ps、最大トルク350Nm

・3.0リッター直列6気筒ツインターボエンジン
  最高出力335ps、最大トルク450Nm

・4.4リッターV型8気筒ツインターボ【X5 M仕様】
  最高出力600ps、最大トルク800Nm以上

その他、クリーンディーゼル車やプラグインハイブリッド車も引き続き設定される見込みです。

スパイショットをムービーでチェック!

ともに最新ヘッドライトは装着しておらず、初期〜中期の開発車両とみられます。

安全装備や自動運転システムを強化

現行モデルでは2016年に「レーン・チェンジ・ウォーニング」と「アクティブ・プロテクション」を新たに標準装備しました。

新型では自動ブレーキなどの安全運転支援や自動運転システムなどの最新デバイスがさらに充実します。

新型BMW X5の価格予想

昨年10月に日本でも発売された新型X3は先代よりも10万円ほど価格が上昇。

また2018年1月1日には、BMW全モデルに対し平均で約+2%の値上げを実施しています。

新型X5も全体的に10〜20万円ほど高くなる可能性が考えられます。

▼現行モデルの価格一覧

  • xDrive35i:919万円
  • xDrive35d SE:920万円
  • xDrive35d:943万円
  • xDrive35ixLine:968万円
  • xDrive35i M Sport:983万円
  • xDrive35dxLine:992万円
  • xDrive35d M Sport:1007万円
  • xDrive50i:1219万円
  • xDrive50i xLine:1314万円
  • xDrive50i M Sport:1341万円
  • BLACKOUT:1067万円
  • xDrive40e iPerformance:992万円
  • xDrive40e iPerformance M Sport:1057万円
  • xDrive40e iPerformance xLine:1058万円

発表時期・日本発売日について

今年のパリモーターショーの開催に先駆け、9月に発表される見通し。

もしかすると、2018年春のジュネーブモーターショーでデビューする可能性もあります。

仮に9月に発表された場合、欧州での発売が2018年末〜2019年初旬となり、日本への導入は2019年夏頃となるでしょう。

すでに新型に移行したアウディQ5や同じく全面改良が近づくメルセデス・ベンツGLEなど、ライバル車との販売競争にも注目です。

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る