C-HRはあなたの期待に応える十分な燃費性能

この記事をシェアする

トヨタから発売されたミドルサイズの新型車種であるC-HRは圧倒的な存在感をもつSUVとなっています。トヨタによるとSUV累計販売台数がランキング1位になったとの情報もあります。

街なかでよく見かける車、人気車種だけあってやはり燃費は気になってくるのではないでしょうか。

これから購入を検討している人にはわかりやすく、実際に乗っている人にはより実感できるようにC-HRの燃費を見ていきましょう。

C-HRにはガソリン車とハイブリッド車の2種類がある

燃費を見ていく前にモデルを確認しておきましょう。C-HRには2種類のモデルが存在しています。ガソリン車とハイブリッド車です。どちらも皆さんご存知のモデルですね。

関連トヨタC-HR(CHR)徹底解説!ついに発売開始!内装や外観情報まとめ!

ガソリン車について

C-HRのガソリン車は1.2リッターガソリンエンジンを搭載しており4WDに設定されているターボモデルとなっています。4WDということもあり力強いエンジンが搭載されています。

C-HRの4WDに搭載される4気筒の1.2リッターターボエンジンは、欧州などではフォルクスワーゲンのゴルフなどに搭載されているエンジンと同様のものです。この1.2リッターターボエンジンは直噴化やアクセル操作に対するレスポンスを重視したターボチャージャーを採用しているので1.8LのNAエンジン並の性能バランスを得ることが出来ています。

2WDの本体価格は、¥2,120,370

4WD本体価格は、¥2,300,370

*価格はS-Tモデルです。

ハイブリッド車について

C-HRハイブリッドモデルのエンジンやトランスミッションなどは基本的にプリウスと同様のものが採用されています。

バッテリーもプリウスの量販グレードと同じでニッケル水素が搭載されたバッテリーが積んであります。残念ながらハイブリッド車には4WDモデルはありません。

本体価格は、¥2,420,370

*価格はSモデルです。

関連C-HRが2019年12月にマイナーチェンジ!E-Four追加やルックス改修など

関連C-HR GRスポーツ(6MT)を2020年春に発売!専用デザイン&装備について

https://www.instagram.com/p/B1z1S7BFN0M/?utm_source=ig_web_copy_link

https://www.instagram.com/p/B1yT7sVl8a2/?utm_source=ig_web_copy_link

C-HRそれぞれののカタログ燃費の違いは大きい

C-HRのカタログに乗っている燃費を比べてみるとこのようになります。写真では分かりにくいので、文字にしておきます。

  • ガソリン2WD
    16.4km/L

  • ガソリン4WD
    15.4km/L

  • ハイブリッド2WD
    30.2km/L

こちらの燃費は、JC08モードでの燃費計測になります。

関連JC08モード燃費と10・15モード燃費の意味や違いとは

ガソリン車とハイブリッド車でここまで違いが出ています。カタログの燃費でここまで差がついてしまうと、実燃費はかなり違ってくるのではないでしょうか。カタログ燃費と実燃費はエアコンの有無や走り方などにより、実際にはかなり異なります。

ただ数値だけでも分かりますが、SUVの中ではダントツで燃費がいいことはおわかりになるかと思います。SUVの燃費は平均して14〜15km/Lになるので、C-HRのハイブリッド車だけを比べるとかなりいいほうですね。

C-HRの実燃費を比較

特に“格好良さ”と“走り”に力を入れて開発されたC-HRは、ドイツの世界一厳しいと言われるニュルブルクリンクサーキットやその周辺の公道を走り込んで開発テストされたので、日本の曲がりくねった道を走っても、操作性や乗り心地はSUVというカテゴリーどころか乗用車として見ても高レベルな仕上がりになっています。

そんなC-HRの気になる実燃費を見ていきましょう。

口コミやSNSなどの評価を合わせてみたところ、このような結果になりました。

【街乗り】
ガソリン車(2WD)
17.8km/L

ガソリン車(4WD)
11.5km/L

ハイブリッド車
19.7km/L

実燃費では、4WDのガソリン車でも11km/Lを超えています。ハイオク仕様の3.0リットルエンジン搭載モデルでも、4WDだと平均8.6km/Lなので平均を超えてきています。

また、ハイブリッド車は20km/Lに少し届かない数値となりました。これでもスゴイ数値ですが、これは街乗りでの数値ですので、高速道路で走った場合はもっと数値が伸びてくるようです。

【高速】
ガソリン車(2WD)
22.4km/L

ガソリン車(4WD)
17.2km/L

ハイブリッド車
24.8km/L

やはり高速では燃費も伸びてくるようで、カタログ燃費に近い数値となっています。また、ガソリン車とハイブリッド車を比較するとどちらも実燃費で7km/L近くもの燃費差があり、ハイブリッド車はガソリン車の倍近く走ってくれそうです。

これはハイブリッド車のほうがかなりお得に走ることができそうですね。

C-HRのガソリン車とハイブリッド車の燃料代を比較

ハイブリッドの方が確かに燃費はいいのですが、ガソリン車とハイブリッド車ではガソリン代にどれくらいの違いが出るのか知りたいですよね。実際に調べてみました。

ガソリンは140円/Lで年間10,000km走ることを想定して街乗りの燃費で計算しました。

計算式はこれです。

距離(10,000km)÷ 燃費 × ガソリン代(140円/L)

  • ガソリン車(4WDターボ)
    10,000÷11.5×140=121,739

  • ハイブリッド車
    10,000÷19.7×140=71,065

MEMO

この差約5万円となります。1年間でハイブリッド車のほうが約5万円お得に走ることが出来るようです。現在ガソリン代を気にして、ハイブリッド車の方を選ぶ方も多くなっているようです。

5万円あれば家族でちょっとした旅行に行ったり、美味しいものを食べに行ったりとプチ贅沢もできますよ。これはかなりお得ですね!

恐るべし、ハイブリッド。

まとめ

  • C-HRのモデルは2種類ある
  • カタログ燃費の違いは大きい
  • SUV車なのにかなり実燃費がいい
  • ハイブリッドの方が約5万円お得に走れる

いかがだったでしょうか?

カタログ燃費においてはもちろん、実燃費もかなりいい数値となっています。燃費だけを気にするなら、4WDが必要な人以外はハイブリッドという結論で間違いない車になっていますが、本体価格だけ考えると2WDのガソリンターボと迷ってしまう部分がありますね。

どちらにしてもSUVというカテゴリーで見ると他のライバル車を寄せ付けない十分な燃費性能ということが出来るでしょう。

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る