ダイハツ 軽商用車「ハイゼット キャディー」を一部改良し2017年11月30日発売

この記事をシェアする

ハイゼット キャディー D“デラックスSAⅢ”

ハイゼット キャディー D“デラックスSAⅢ”

ダイハツは軽商用車「ハイゼット キャディー」を一部改良し、2017年11月30日(木)に全国一斉発売しました。また、ハイゼット キャディーのベース車両であり乗用モデルの「ウェイク」も同じく一部改良がおこなわれています。

新ジャンル軽商用車「ハイゼット キャディー」

ハイゼット キャディーは、軽乗用車(軽スーパートールワゴン)のウェイクをベースに、ハイゼットの派生車種として登場した2シーターライトバン商用車です。セカンドシートを取っ払うことで、広い貨物スペースや使い勝手を確保。FFレイアウトによる高い静粛性と低燃費も強みとしています。

<参考値>荷室長1,310mm/荷室幅(最大)1,210mm

また、仕事に就く女性やシニア層の増加に着目し、「人の働きやすさ」をテーマに開発された点も興味深いところ。確かに、今までの軽商用車はいかにも”仕事用”というそっけない見た目のものがほとんどでしたが、ハイゼット キャディーはそう感じさせないデザインやカラーリングが取り入れられています。

一部改良でスマートアシストⅢを搭載

さて今回の一部改良に話を戻しますが、一番の変更点は衝突回避支援システム「スマートアシストIII(以下、スマアシIII)」の搭載です。これまでも、グレード「D」以外には「スマートアシストII」が装備されていましたが、今回さらに機能強化されたスマアシIIIに置き換えられ、サポカーS<ワイド>に適合しました。

第3世代になったスマアシは、ソナーセンサーと世界最小ステレオカメラを採用。先行車だけでなく歩行者の認識も可能となり、ドライバーへのアラートや緊急ブレーキなど、衝突回避や被害軽減を支援してくれます。

また、スマアシIII搭載グレードには「リヤコーナーセンサー」を採用。リアの2箇所に設置されたソナーセンサーで死角になりやすい左右後方の障害物を検知し、ブザー音で知らせてくれる機能です。

商用車は、街中を走り回り、駐停車を繰り返す機会が多いだけに、対歩行者のサポートやコーナーセンサーの追加は非常に安心できますね。大きな乗り換え理由になるのではないでしょうか。

※ウェイクに用意された「パノラマモニター」は設定されません。

スマアシIII 機能一覧

  • 衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • オートハイビーム

その他改良点

  • グレード&価格設定変更(後に一覧表を掲載)
  • 車速感応式間欠フロントワイパー、セキュリティアラームを全車標準装備
  • ブライトシルバーメタリックを標準色化
  • 一部メーカーオプション等の変更

ハイゼットキャディーのカラーラインナップ

ボディカラーは、これまで「ホワイト」のみ標準色設定でしたが、新たに「ブライトシルバーメタリック」が追加されました。その他、「ミストブルーマイカメタリック」、「トニコオレンジマイカメタリック」、「ライトローズマイカメタリック」、「ブラックマイカメタリック」の4色は「選べるカラーパック(各税込み21,600円)」の申し込みが必要となります。

グレードおよび価格一覧

グレード エンジン スマアシ 駆動 価格(税込) エコカー減税
取得税 重量税
D 自然呼気  2WD 1,123,200円 免税 免税
4WD 1,247,400円 80% 75%
D“SA III” 2WD 1,188,000円 免税 免税
4WD 1,312,200円 80% 75%
D デラックス
“SA III”
2WD 1,258,200円 免税 免税
4WD 1,382,400円 80% 75%
X“SA III”  ターボ 2WD 1,355,400円

60%

50%
4WD 1,479,600円
スポンサーリンク
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る