洗車やワックスがけの理想的な頻度とタイミングとは

◆この記事をシェアする

バケツとホースを準備して洗車

あなたはどれくらいの頻度で車を洗っていますか?

さまざまな答えが返ってきそうな質問ですが、愛車を少しでも綺麗な状態に保ちたいという思いはみんな同じはずです。

ということで今回は、理想的な洗車やワックスがけの頻度とタイミングについてご紹介していきます!

スポンサーリンク

みんなの洗車頻度はどれくらい?

まずは、アンケートの結果をもとに、みんながどれくらいの頻度で洗車をしているのかをご紹介します。

【コメント】

・月に1回程度手洗いしています。駐車場が砂と砂利なのですぐ汚れます。(30代男性)

・だいたい2か月に1回くらい。愛車が黒色だから傷つけたくないので洗車機は使わない。旦那に洗わせている。(20代女性)

・カーコーティングをしているため、週に1回ホースの水と合成セーム革で洗い流すだけ。(50代男性)

・雨が降ったあとには必ず洗車機にかけています。しばらく洗車をせずに放置しておくと水垢が取れなくなるので…。(30代前半女性)

・私はほぼ毎日水洗い。月に2回ほどシャンプーを使います。ガラスコーティングをしているのでワックスなどは使いません。(40代男性)

・半年に一度。どうしても汚れが目立ったときや旅行に行く前などに。暖かいときは自分で洗いますが、冬場は近くのガソリンスタンドで手洗い洗車とワックスがけをしてもらってます。(20代後半男性)

・洗車は不定期で行います。雪道や悪路を走行して泥汚れがひどい時、花粉や黄砂がふったあとが多いですかね。(30代男性)

【集計結果】

洗車頻度アンケートグラフ

コメントをみると、ほとんど毎日洗車しているというツワモノも人もいれば、特に頻度は決めておらず不定期で必要最低限という人までさまざまです。また、意外とガソリンスタンドで洗車機や手洗い洗車をお願いしているという人が多くいました。

また、集計したグラフを見てみると、1か月に1回程度という人が一番多く、次いで2か月に1回程度と続きます。2~3週間に1回程度も13%あり、みなさん小まめに洗車しているんだなという印象をうけます。

※carmuseによるアンケート・調査の結果です。コメントは一部抜粋・編集している場合があります。

理想的な洗車の頻度とタイミング

みんなの声では1か月に1回程度という人が最も多かったですが、ほぼ毎日洗うという人から1年に1回程度という人までいろいろな方がいました。

では、理想の洗車頻度はどれくらいなのでしょうか。

洗うたびに傷ついている?

青い車を洗車中

筆者が考える究極の理想は、「洗車をしない」ことです。なぜかというと、洗車をすることで少なからず愛車のボディを傷めてしまうからです。

洗車をするときには、スポンジや布などで磨いたり拭いたりする作業が必ずあります。この磨いたり、拭いたりすることでボディの塗装面に小さな擦り傷をたくさん作ってしまうのです。この小さな擦り傷のことを「スクラッチ」といいます。どんなに気を付けて洗車をしていても、ボディに摩擦を与えことで必ず小さな傷はついてしまいます。

あまりにも洗車の回数が多すぎたり、誤った洗い方を続けていると、次第に塗装の輝きが失われ、汚れも付着しやすくなってしまいます。

また、サビの問題もあります。洗車をする際に、雨天時とは違う角度や勢いで水をかけることで、隙間や足回りなどに水分が残りがちになります。気にしすぎる必要はありませんが、必要以上に洗車を繰り返すことでサビが発生しやすくなります。

理想は必要なときだけ洗車

洗車による弊害についてお伝えしましたが、かといって全く洗車をしなくていいというわけではありません。

汚れがひどい場合や鳥のフンがついてしまった場合などは、放置しておくと塗装面に悪影響なので洗車をするべきです。一方で、水垢やホコリなどはそのまま放っておいてもボディへの影響はほとんどありません。

なので、理想の洗車頻度やタイミングは「必要なときだけ洗車」をするということになります。そうすることで、愛車をいつまでも良いコンディションで保つことができます。

また、必要なときだけ洗車をすることで、水道代やシャンプー代などの節約にもつながります。さらに、洗車にあてる時間を他のことに使えるというメリットもありますね。1回洗車を始めると1~3時間はかかってしまうもの…。タイムイズマネーです。

洗車が必要な時とは

泥水のなかを走る赤いジープ

  • ひどい泥汚れ
  • 花粉や黄砂
  • 虫の死がい
  • 鳥のフン
  • 潮風や海水
  • 融雪剤

これらが付着したままだと、ボディや塗装が傷みやすくなるので洗車をすべきタイミングです。

特に、虫の死がいや鳥のフンは酸性なので、放置しているとシミになる恐れがあるので気をつけましょう。

また、潮風や海水の塩分がボディを腐食する原因となります。さらに、冬の道にまかれる融雪剤にも塩分が含まれます。海辺のドライブや海水浴、冬場のスキーなどから帰ったら、なるべく早めに洗車するようにしましょう。

台風のあともいろいろな汚れが付着しやすいので注意が必要です。

おすすめの定期的な洗車タイミング

今ご説明したように、花粉から融雪剤まで、1年を通して洗車が必要な時はおとずれます。結局平均すると2~3か月に1回はおのずと洗車をすることになるでしょうか。

加えてさらに、定期的な洗車のタイミングのおすすめとなると「夏前」と「冬前」です。梅雨明けの時期や本格的に寒くなる前、月でいうと7月と11月です。

暑すぎたり寒すぎると、やる気が起きなかったり体調を崩す可能性があるので、そうなる前に洗車しておこうというわけです。

また、7月は梅雨の汚れを落とせるし、11月は冬用タイヤに交換するタイミングとちょうどぴったりという利点もあります。

最後に

今回は、車をながく綺麗な状態に保つことを前提に、必要なときだけの洗車をおすすめしてきました。

しかし一方で、5年後や10年後の綺麗さではなくて、常日頃から車をピカピカな状態にしておきたいという人もいるでしょう。また、毎週の洗車が趣味で生きがいという人もいると思います。

これが絶対!という答えはなく、最終的にはどこに重きをおくか、人それぞれの価値観ということになります。

最後に言うなよと思われるかもしれませんが(笑)今回の記事が、愛車の洗車頻度に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



◆この記事をシェアする

洗車やワックスがけの理想的な頻度とタイミングとは
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪