C-HR・GRスポーツ(6MT)を企画中!発売日や専用デザイン&装備について

この記事をシェアする

C-HR・GRスポーツ

C-HRに『GRスポーツ』を追加すべく企画が練られています。

GRは「TOYOTA GAZOO Racing」がレースで養った技術を注ぎ込むスポーツカーブランド。

人気クロスオーバーSUVのC-HRに、専用デザインや待望のMTを採用します。

C-HR・GRスポーツの計画進行中

新型クラウン同様、デビュー前にニュルブルクリンクでテスト走行を重ねたC-HR。

コンパクトSUVではあるものの、レーシングカーのベースとなるほど走りに自信を持っています。

そんなC-HRにGRスポーツが追加される予定です。

GRブランドには、

  • 究極スポーツモデル「GRMN」
  • 本格スポーツモデル「GR」
  • エントリースポーツモデル「GR SPORT」

の3タイプがありますが、普段使いにも使いやすいGRスポーツがチョイスされる模様。

すでに開発を始めており、現在はライバル車研究や新規パーツの選定を行っている段階だと思われます。

エクステリア

ハリアーGRスポーツ

[参考]ハリアーGRスポーツ

▼予想される専用外装

  • 専用フロントバンパー&ラジエーターグリル
  • 専用LEDイルミネーションビーム
  • 専用サイドマッドガードorロッカーモール
  • 専用リヤバンパー
  • 専用バックドアガーニッシュ&リヤコンビランプ
  • GR SPORT専用エンブレム(フロント・サイド・リヤ)
  • 大径アルミホイール(ブラック塗装、切削光輝、リム段差仕様等)
C-HR Hy-Power コンセプト

C-HR Hy-Power コンセプト

上の画像は、昨年のフランクフルトモーターショーに出展された「C-HR Hy-Power コンセプト」。ハイパワーHVシステムを搭載したモデルで、フランスに拠点をおくデザイン・スタジオ「トヨタED2」が製作しました。

ダーク・カーボンで塗装されたボディやダイヤモンド・カットと呼ばれるルーフの柄が印象的。C-HR・GRスポーツの何らかのヒントになるかもしれません。

インテリア

現行標準モデルの室内

[参考]現行標準モデルの室内

▼予想される専用内装

  • ブラックインテリア(ピアノブラック、ダークシルバー等の加飾)
  • 専用フロントスポーティシート
  • 専用小径本革巻き3本スポークステアリング
  • 専用TFTタコメーター
  • 本革巻きシフトノブ
  • 専用スタートスイッチ(GRロゴ付)
  • アルミペダル(アクセル・ブレーキ)

パフォーマンス

▼予想される専用装備

  • 1.2L直噴ターボ(現行8NR-FTS型)+6速マニュアル
  • 専用チューニング電動パワステ
  • 各種剛性アップパーツ&スポット溶接打点追加
  • ローダウン&専用チューニングサス
  • アブソーバー&ばね特性チューニング
  • ブレーキキャリパー(ホワイト塗装 GRロゴ付)

2WD(FF)と4WDを設定するでしょう。

プライス

予想価格:298〜315万円

▼[参考価格]標準車の主要グレード
S-T LED Package:234万円
G-T:260万円
G-T 4WD:279万円

発売日

予想発売時期:2020年5月

マイチェン後の後期モデルに設定される予定。

もう少しデビューが早められる可能性もあります。

関連 新型C-HR マイナーチェンジ2019の変更点|HV車にE-Four(4WD)設定

【あなたにおすすめ】

2018年12月|C-HRに特別仕様車が登場!趣の異なる2種類の追加モデル

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る