C-HRが2019年12月にマイナーチェンジ!E-Four追加やルックス改修など

この記事をシェアする

C-HRがマイナーチェンジ

トヨタ『C-HR』が2019年12月にマイナーチェンジを実施します。

同車は新世代プラットフォームTNGAをプリウスに次いで採用したコンパクトクロスオーバーSUV。

2017年のSUV新車販売台数1位を獲得するなど人気の車種です。

ハイブリッドにE-Four(4WD)を設定するなど、さらに魅力がアップするC-HRの変更点を予想します。

C-HRが初のマイナーチェンジ|2019年12月

C-HRの改良年表
年月内容
16年12月発売
17年8月2トーン外板色設定
17年11月特別仕様車「LED Edition」追加
18年5月一部改良
1.2LターボにFF車追加等
18年12月特別仕様車追加
19年12月 ※予想マイナーチェンジ

ご覧の通り、だいたい半年に1度のペースで何らかの施策を実施してきました。

昨年12月には特別仕様車の「Mode-Nero(モード-ネロ)」と「Mode-Bruno(モード-ブルーノ)」を発売しています。

稼ぎ頭のセグメントだけあって力を注いでいることが伺えますね。

そのことから、慣例のタイミング(デビューから約3年)で後期モデルに移行する可能性大。

マイナーチェンジ時期は2019年12月が有力です。

外装の変更点

現行C-HRの外装

現行の外装

ダイヤモンドの多面カットをモチーフにしたという、個性的で新鮮味のあるデザインが特徴。

背の高さを感じさせないクーペ的なフォルムもスタイリッシュ。一方で、後方視野は少し犠牲になります。

マイナーチェンジでは、

  • ヘッドライトのLED灯火形状
  • フロントバンパー&ロアグリル
  • ポジションランプの位置
  • リアバンパー&テールランプ形状
  • アルミホイール意匠

などの変更が予想されます。

また後期型には、走りを楽しむルックスと足回りを備えたC-HR GRスポーツが設定されます。

新しい外板色を追加

現在はモノトーンと2トーンがそれぞれ8色ずつ。

前者は定番人気のホワイトPクリスタルシャインの他、イエローやラディアントグリーンMなどカラフルな色も用意しています。

ツートンのルーフ色はブラックとホワイトどちらかを組み合わせています。

マイナーチェンジでは、新色の追加やツートンの配色変更が予想されます。

内装の変更点

現行C-HRの内装

現行の内装

操作パネルをドライバーに向けて配置した左右非対称のインパネまわり。

機能面を重視した結果ですが、外観と同じく独特な印象をうけます。

前後席ともニースペースは余裕があり、成人男性4人でもくつろげますが、見た目重視のリヤサイドウインドウによって開放感はありません。

C-HR新型では、

  • シート表皮の素材やカラー
  • メーター類やステアリングのデザイン
  • 充電スペースや小物収納

などが見直され、質感の向上を図る見込みです。

※現行のシートカラーは、ブラックとリコリスブラウン。

北米向けの2リッター自然吸気エンジンを投入!?

現在の国内向けラインナップは、

  • 1200cc直噴ターボ
  • 1800ccハイブリッド

の2種類。

マイナーチェンジではこれらに加えて、北米仕様のC-HRに搭載する、2.0リッター直4自然吸気エンジンを追加するという噂があります。

スペックは最大出力144hp、最大トルク19.3kgm。NAならではの高回転域における優れた走りやアクセルレスポンスの良さが特徴です。

過給機モデルとはまた違った魅力があるので、日本への持ち込みを喜ぶ人もいるでしょう。

可能性は低いと思いますがサプライズに期待です。

また、既存パワートレインも細微な改良で出力や燃費の向上を図るかもしれません。

ハイブリッドにE-Four(4WD)を追加

HV4WD(E-Four)

1200ccターボにはFF(2WD)と4WDを用意していますが、ハイブリッドは2WDのみ。

マイナーチェンジではハイブリッドにも待望の4WDが追加されます。雪深い地域の方には朗報ですね。

プリウスで初導入されレクサスUXや次期アクアにも搭載する電気式4WDシステム「E-Four」を採用。

しかも、新型RAV4でトヨタ車初採用した最新版(最大トルクが従来比1.3倍)を搭載します。

第2世代セーフティセンスにアップグレード

衝突回避支援パッケージ 「Toyota Safety Sense」が新世代版に置き換えられる見通し。

ライバルのヴェゼルもホンダセンシングを搭載していますが、「車線維持支援システム(LKAS)」や「標識認識機能」などC-HRにはない機能を備えています。

対抗すべく、さらに高機能な第2世代を実装します。

▼第2世代セーフティセンスの新機能

プリクラッシュセーフティの検知対象が拡大
レーザーレーダー+単眼カメラ方式の緊急自動ブレーキ。夜間の歩行者および、昼間の自転車も検知して衝突回避や被害軽減をサポートできるようになります。悲しい事故を減らせる可能性が高まります。

レーントレーシングアシスト(LTA)
走行中、左右の白線(黄線)を検知して、はみ出しそうになると警報&ステアリング制御で危険を抑制。高速道路などでレーダークルーズコントロール作動中は、車線内の中央を走るようにステアリング操作をサポートしてくれます。白線が見えにくいときは先行車に追従する機能も追加。

アダプティブハイビームシステム
ハイビームで広範囲を照らしつつ、先行車や対向車にはライトが当たらないように配光を制御。

ロードサインアシスト
標識を読み取ってメーター内に表示。最高速度、はみ出し通行禁止、車両進入禁止、一時停止の4つを検知します。

C-HR マイナーチェンジ後の価格

昨年5月の改良でグレード「S」、「S-T」の価格を引き下げていることから、マイチェンで大きな値上がりは無さそう。

ほぼ据え置きか数万円以内の微変動にとどまるでしょう。

▼現行の新車販売価格
ガソリン:229~284万円
ハイブリッド:261~297万円

▼現行の販売グレード上位
G LEDエディション※ :48%
G         :33%
S LEDエディション :12%
※現在はLEDパッケージとして販売

上海ショーで『C-HR EV(電気自動車)』を発表!

C-HR・EV

トヨタは今年4月に開催した上海国際モーターショーでC-HRのEV(電気自動車)を発表。

2020年に中国市場へ投入予定としています。

ヘッドライトやバンパー、ボディサイド下部に樹脂製の黒いガーニッシュがついていて、濃いめの顔になっています。もしかしたらマイナーチェンジのヒントになるかもしれません。

日本発売は未定ですが、数年以内に導入かという話もチラホラ。PHVやFCVとともに次世代の動力ユニットを担っていくので十分可能性はありそうです。

一番のライバルは○○だ!

代表的なコンパクトクラスSUVは、

  • ホンダ ヴェゼル
  • マツダ CX-3
  • 三菱 エクリプスクロス

など。

なかでもヴェゼルが一番のライバルです。

C-HRのライバル、ヴェゼル

フィットと同じタンクを中央に配置するレイアウトで、キャビンや荷室の広さはクラストップ。ハイブリッド車はi-DCDを搭載してパンチ力があります。

今年1月にはC-HRに対抗する1500ccターボの「ツーリング」を発売。

バチバチの顧客争奪戦を繰り広げています。

<こちらもどうぞ>

C-HR・GRスポーツ(6MT)を企画中!発売日や専用デザイン&装備について

トヨタ 新型ラッシュが2019年12月に復活!ヒット間違いなしの小型クロスオーバー!

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る