コペンGRの開発を検討か!専用内外装&チューニング、登場時期をうらなう

この記事をシェアする

コペンGR

ダイハツの軽オープン2シーター『コペン』に、トヨタ協力のもとGRモデルが登場するかもしれません。

最初は本当か?と思いましたが、両社の事情を紐解くと「なるほど、これはアリ」だなと納得できます。

そのあたりの話やコペンGRの専用チューニング、発売時期などをお伝えします。

コペンGRを検討!?ダイハツとトヨタの思惑

現行コペンは2014年6月にデビュー。「ドレス・フォーメーション」と銘打って、外板パネルを取り替えてイメージチェンジできることをウリにしています。

発売当初から展開するRobe(ローブ)、タフ&アグレッシブなXPLAY(エクスプレイ)、丸目ランプのCero(セロ)の3タイプを用意。

さらに、D-SPORTからエクスプレイ用のボディキットがリリースされるなど、飽きさせない工夫を凝らしてきました。

ダイハツ・コペンの3タイプ

しかし、販売台数は目標未到達の状態が続き、最近は放置気味に…。そこで、グループ会社、トヨタのGRブランドに助け舟を出してほしいと提案したようです。

GRはTOYOTA GAZOOレーシングによるスポーツカーブランドで、コンパクトカーからミニバンまで多くの車種に展開。そのチューニング技術とトヨタのブランド力・販売網を活かして、話題喚起&販売拡大を図ろうというわけです。

一方のトヨタは、東京モーターショー2015で公開した新世代ライトウェイトスポーツ「S-FR」の市販化を断念。代替案を模索してきましたが、コペンをベースに開発できるとなれば、課題のコスト面をグッと抑えることができます。

スバルとの共同開発で生まれた86&BRZの例もありますし、商売上手なトヨタです。実現する可能性は十分あります。

関連 トヨタS-FR 本当に開発中止!?代わりの小型スポーツカーは一体何に

専用の外板デザインは見送られ、ローブがベースに

当初は専用デザインを身に纏い、1リッターに排気量アップするとみられていました。

しかし、コスト面で折り合いがつかず専用外板デザイン無し・660ccに路線変更。ローブ・Sがベースとなります。

ヴィッツ GR SPORT “GR”

[参考]ヴィッツ GR SPORT “GR”

フロントバンパーは、ヴィッツGRのような縦型のエアインテークを採用し、ラジエーターグリルも面積の広い長方形(メッシュ状)になると予想。

その他、

  • 随所にGRエンブレム
  • 専用LEDイルミビーム
  • 専用16インチタイヤ&ホイール
  • 専用スポーツシート
  • 専用メーター/小径本革ステアリング

などを取り入れます。

TAMON DESIGNのコペンカスタム

TAMON DESIGNのコペンカスタム

上の画像は東京オートサロン2015に出展された、TAMON DESIGNによるカスタムコペン。

コペンGRの外観をうらなう上でかなり参考になりそうです。

リアバンパーのブラックアウト部分の形状や広さがスポーティさを際立たせています。

コペンGRのパフォーマンス

  • エンジンは0.6リッター直3ターボ
    ※カタログモデルと共用のKF型。64ps/9.4kgm
  • トランスミッションは5速MT
  • 基本骨格D-フレームの剛性UP
  • 足回りでは、専用サスペンション装着等

おそらく、GRブランドで中間に位置する「GR」になる見込み。

最強モデル「GRMN」になる可能性もあります。

想定販売価格

260万円〜

※参考:コペン・ローブS (MT)は207万円

発売時期

ベースとなるコペンが2019年初夏にマイチェンを受ける予定。

その改良モデルにGR設定を検討中。

約半年後の2019年12月発売に期待です。

関連 ダイハツ 新型コペンのマイナーチェンジ予想!時期は2019年を予定か

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る