クーペとはどんな車のこと?意味や種類、該当車種を分かりやすく解説!

この記事をシェアする

クーペとは

クルマ好きの方なら一度はクーペに憧れたことがあるはず。

実用性が重視される現代にあって、「洗練されたデザイン」や「わくわくする走り」を提案することは異質に映るかもしれません。

今回は、クーペとはどんな車を指すのか、特徴や種類、該当車種などをわかりやすく解説します!

クーペとはどんな車のこと?

特徴や意味

トヨタ・86

トヨタ・86

クーペは主に「2ドアクーペ」のことを指し、次のような特徴を持ちます。

  • 2ドア
  • 主座席1列(補助的な後席がある場合も)
  • 2人乗り(後席がある場合は4人乗り)
  • 低めの車高
  • 優れたスポーツ性能や動力性能

最近は、実用性も兼ねた「4ドアクーペ」も人気が出てきています。

2列に変わっても出来るだけ屋根を小さくするように設計されていたり、センターピラーが目立たないようにしてあるなど、クーペのデザインを保持する努力がされています。

名前の由来

クーペの由来は、フランスの馬車【carrosse coupé】(カロッス・クペ)です。1列・2ドアで屋根を持った構造をしていました。

シートが向かい合った2列の馬車を半分に切ったような形なので「切られた馬車」という意味のカロッス・クペと名づけられ、やがて「切られた」を表す形容詞『クぺ』だけで呼ばれるようになり、自動車にも継承されました。

そのため、「2ドアで2人乗りの乗用車」のことをクーペというようになったというわけです。

主な該当車種

※生産/販売終了モデルも含む

【国産メーカー】

  • 日産 フェアレディZ
  • トヨタ 86
  • レクサス RC
  • ホンダ プレリュード
  • マツダ RX-8
  • ダイハツ コペン

【海外メーカー】

  • フェラーリ 488 SPIDER
  • ランボルギーニ アヴェンタドール
  • ポルシェ ケイマン
  • ロールスロイス ファントムクーぺ
  • ジャガー F‑TYPE
  • メルセデスベンツ CLA
  • BMW 4シリーズグランクーペ
  • アウディ TT

走りやデザインにとことん特化したクルマ達です。

特性上、ハイスペックさが求められるので、高級自動車メーカーが目立ちます。一方で、コペンのような軽自動車もあるのが面白いところ。

作り手側の視点で見れば決して儲かるカテゴリーではありませんが、企業イメージを保つ役割もあって競って開発されています。

クーペの種類

クーペは「バック」(背中)の形状で分類されます。大きく分けて2種類です。

ノッチドクーペ

日産・GT-R

日産・GT-R

ノッチは「段」のこと。ルーフとトランクの境目が明らかな段状(折れ目)になっているのが特徴です。

ボンネット(エンジンルーム)・キャビン(乗員室)・トランク(荷室)の3BOX構成が強調されていて、最もセダンに近いクーペです。”箱”形状にこだわる人に好まれます。

ファストバッククーペ

ポルシェ 911 カレラ 4S

ポルシェ 911 カレラ 4S

リアウィンドウ(ルーフからリアエンドにかけて)がなだらかな流線形をしています。スポーツカー然とした、いかにも速そうなモデルです。

ファストバッククーペの中には、流線形のルーフをボディ後方で切り落としたような「カムテール(カムバック)」というものもあります。

また、跳ね上げ式のハッチをつけたクーペは「ハッチバッククーペ」と呼ばれます。

スポーツクーペ

上記2つとはまた違った分類ですが、よりスポーティーなスタイルのクーペを”スポーツクーペ”と呼びます。GT-Rもポルシェもそう。

クーペの良いところ

走行性能

クーペは”人を運ぶため”というよりも”純粋に走りを楽しむ”ことにウエイトをおいた車。スポーツ走行、またはそれに近い走りが可能です。

重心が低いため安定して走ることができ、コーナーも速く回れます。ボディー形状は空気抵抗が少なく風を切るのに優れています。

デザイン性

ラインナップを見れば分かる通り、誰もが憧れるようなエクステリアが揃っています。

普段使いに便利な実用車が流行する中、クーペが提供するのは特別なドライブであり非日常性です。

特に2ドア車はコックピット感があり、乗り込むだけでワクワクしてきます。本格的なレースで使われるRECAROシートを標準装備するモデルも多いです。

安全性が高い

クーペはほとんどの車種が高級クラスに属しています。そのためメーカー最新の技術が惜しみなく注ぎ込まれており、安全走行のためのシステムが完成されていることも隠れたメリットのひとつです。ギミック好きにはたまらない仕様が施されています。

オープンカーが多い

屋根が開く構造と相性が良いので、オープンカーのほとんどがクーペ。オープンは、「コンバーチブル」「カブリオレ」「ロードスター」「スパイダー」などと呼ばれます。

一度味わうとその開放感にやみつきになるとよく言われますね。国産車だとマツダ・ロードスターが人気です。

BMWの6シリーズクーペと6シリーズ・カブリオレのように、クローズド仕様とオープン仕様があるケースが多いです。

クーペの残念なところ

積載能力がない

1列シートでハッチバックもないのがクーペのオーソドックスな形です。

大きなハンドバッグを持ち込むことすら窮屈に感じるかもしれません。

2列シートやハッチバック式のクーペもありますが、一般的な車と比べると積載能力の乏しさは顕著です。

排気量が大きい

最近は車体が小さく、排気量1500〜2000ccに抑えたライトウェイトスポーツも増えています。しかし、基本的には3000cc以上であることが多いです。

それは、燃費の悪さや自動車税の高さにつながります。経済的とはいえません。

価格が高い

高性能なパワートレーンやサスペンションなどを装備するので、自ずと高額になります。

また、生産コストに対して販売台数が少ないので、1台あたりの価格を高く設定する必要があります。

クーペは広く愛される車としてでなく、ターゲットを絞って展開しています。そこで圧倒的に優れた面と極端な短所が共立しているんですね。

最近はSUVクーペが大人気!

ランボルギーニ・ウルス

ランボルギーニ・ウルス

近年、SUVの踏破性とクーペのスポーツ性を合わせ持つ”SUVクーペ”が世界的に市場を賑わせています。

例えば、日本車だと日産・ジューク、輸入車だとランボルギーニ・ウルスなど。まだまだあります。

ガチガチの本気クーペだと、「目立って恥ずかしい」「乗り降りしづらい」と敬遠する人(特に女性)もいますが、SUVクーペだと「男らしくて」「使い勝手も良い」に変わるはず。

今後も各メーカーがこぞって力を入れ、さらに成長するカテゴリーになるでしょう。

【他のボディタイプも見る】

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る