トヨタ新型クラウン最新情報!2018年3月フルモデルチェンジで大進化!

◆この記事をシェアする

トヨタの高級セダン「クラウン」が2018年3月にフルモデルチェンジを予定しています。

伝統を積み重ね15代目となる次期クラウンは、大きく変わるエクステリアや新型エンジンの搭載など注目ポイントが盛りだくさん!

現在分かっている『新型クラウン』の最新情報をたっぷりご紹介します!

スポンサーリンク

新型クラウンの最新情報

次期クラウンの姿をスクープ!

新型クラウンのスパイショット(1)新型クラウンのスパイショット(2)新型クラウンのスパイショット(3)新型クラウンのスパイショット(4)新型クラウンのスパイショット(5)新型クラウンのスパイショット(6)新型クラウンのスパイショット(7)

次期クラウンとみられるテスト車両が、ドイツ・ニュルブルクのコースで撮影されました!

ボディはカモフラージュされていますが、全体の雰囲気を読み取ることができる貴重な写真ですね。

ドイツで試走をおこなっているものの、右ハンドルであることから、あくまで国内での販売を見据えて開発を進めていることが伺えます。

外観デザインはクーペ調スタイリングに!

新型クラウンはクーペ調スタイリングに

現行クラウンもかなりスタイリッシュなエクステリアになりましたが、新型ではさらにクーペ調でスポーティなデザインになるようです。

ルーフ後部からリアにかけての角度がきつくなり、リアデッキの長さも少し短くなっているように感じます。

また、今回のスクープ画像では分かりづらいのですが、クォーターピラーにもうひとつウインドウが設けられるとのこと。

サイド面に左右3つずつのウィンドウがあるので「6ライトキャビン」といいますが、ルーフラインに添うようウィンドウラインが縁取られることから、よりクーペのような流麗なスタイリングとなります。

新世代プラットフォームを採用

GA-Lプラットフォーム

新型クラウンには、新開発の「GA-Lプラットフォーム」が採用されます。

このGA-Lプラットフォームは、トヨタの車両作り方針「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に基いて開発されたFR車向けプラットフォーム。

既に、今年3月に登場した「レクサスLC」に採用されており、2017年秋に発売予定のレクサスLSにも搭載されます。

トヨタブランドとしては、次期クラウンが初めて使われる車種となります。

GA-Lプラットフォームによって、ボディの高剛性化・軽量化・低重心化など全体的にパフォーマンスが向上し、優れた走りだけでなくデザイン面でも大きな恩恵を受けることができます。

パワートレインは3種類

パワートレインは、

  • 2.0リッター直4ターボ(ガソリン仕様)
  • 2.5リッター直4+モーター(ハイブリッド仕様)

の2つがメインとなり、さらにマジェスタ専用に、

  • 3.5リッターV6ハイブリッド

が用意される見込みです。

現行クラウンアスリートに3.5Lエンジンが設定されていましたが、新型ではラインナップされないようです。

なお、新型に搭載されるエンジンは現行と同じ排気量ですが、TNGAに基づき一から再設計し、従来よりも高い走行性能と環境性能を両立させた「Dynamic Force Engine(ダイナミック フォース エンジン)」にグレードアップされます。

2.5LターボやFCVモデル追加の噂も…

新型クラウン発売から数年後には、2.5リッター直4ターボやFCV(燃料電池自動車)が追加されるという情報も出てきています。

数年後のマイナーチェンジで2.5リッター直4ターボがラインナップに加わるというのは現実的な話ですね。

一方のFCVは2019年にも発売されるのではという噂がありますが果たしてどうなるでしょうか。一部ではPHVモデルが出るのではと予想するところもあります。

トヨタを代表するフラッグシップモデルだけに、こうした情報が飛び交うのも理解はできますがなかなかカオスな状況ですね…。続報に期待しましょう。

新安全技術を装備!

Toyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)のイメージ

出典:toyota.jp

現行クラウンには、先進の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)」が装備されています。

新型クラウンではさらに安全装備の強化が図られます。

まず、衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポートする「プリクラッシュセーフティシステム」に操舵回避機能が追加される見込みです。

これはブレーキだけで衝突を避けられない場合、ハンドルも自動制御で操作されることによって回避を支援してくれるというもの。

リヤクロストラフィックオートブレーキ機能のイメージ

出典:toyota.jp

また、新型カムリに搭載された新機能「リヤクロストラフィックオートブレーキ」も装備される可能性が高いでしょう。

これは「インテリジェントクリアランスソナー」に付随する機能で、バックする際に左右後方から来るクルマを検知し、危険な場合は自動でブレーキをかけてくれるというシステム。

後退するときは運転操作に気を取られて周りが見れなくなる人が多いので、とても安心できる機能ではないでしょうか。

今回ご紹介した以外にも先進安全技術が搭載される可能性があります。

発売日情報

発売時期は2018年3月の予定です。

マジェスタシリーズは少し遅れて登場することになるでしょう。

なお、2017年10月27日(金)〜11月5日(日)に開催される第45回東京モーターショーへの出展が決まっているとのこと。

新しい情報が入り次第随時お伝えしていくのでお楽しみに!

スポンサーリンク



◆この記事をシェアする

トヨタ新型クラウン最新情報!2018年3月フルモデルチェンジで大進化!
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪