新型レクサスCT200h 先取り大予想!2019年フルモデルチェンジで2世代目へ

この記事をシェアする

新型レクサスCT200h

レクサスの人気コンパクトハッチバック『CT200h』が2019年にフルモデルチェンジ予定。

17年8月の2度目のマイチェンで延命処置がとられましたが、ついに2世代目に移行します。

新型レクサスCTは新世代プラットフォームを採用。ターボやEVなど多彩なパワートレインの追加が噂されています。

デザイン予想をはじめ、スペックや発売日などをくわしくご紹介します。

新型レクサスCTのデザインを徹底予想

新型車レクサスUXが参考になる

レクサスは2018年11月27日、新型車「UX」を発売しました。

コンセプトは「クリエイティブ アーバン エクスプローラー」。NXよりもわずかに小さいサイズの都会派コンパクトクロスオーバーです。

CTと同じ最コンパクトクラスなので、UXの最新デザインは大きなヒントになります。

レクサスUXのエクステリア(フロント)

レクサスUXのエクステリア(フロント)

三眼LEDヘッドランプを採用。その上部にアローヘッド形状のクリアランスランプを配置するのは現行CTと同じですが、より精悍な表情を作り出しています。

スピンドルグリルは、角度によって見え方が変えるブロックメッシュ形状を採用。クロスオーバーとしての力強さや存在感を表現しているため、CTはまた異なる意匠のグリルになるでしょう。

レクサスUXのエクステリア(リア)

レクサスUXのエクステリア(リア)

左右に連なった形状のリヤコンビネーションランプを採用。

新型CTにも導入されそうな気がします。

▼[参考]現行CTのエクステリア

現行CTのエクステリア(フロント) 現行CTのエクステリア(リア)

予想CGを2つご紹介!

まずは、『THEOPHILUS CHIN』というメディアに掲載された予想CG。

東京モーターショー2015で公開された、レクサスのフラッグシップコンセプト「LF-FC」をもとにしてデザインしています。

近年、続々とモデルチェンジしたレクサスの各モデルと同じく、細く鋭いLEDヘッドライトや大型で押し出しの強いスピンドルグリルが採用されています。

リアコンビネーションランプのデザインは好みが分かれそうなところですが、全体的には高級感があってカッコイイですよね。

2つ目は最新の予想CG。

現行プリウスで不評の、ヘッドライトとフォグランプが縦に連なったデザインを反映。

また、アローヘッド型クリアランスランプがスピンドルグリルまで伸びていて、かなり大胆なフロントマスクになっています。

斬新ですが好みは大きく分かれそう。

当初はクロスオーバーになるという噂があった

UXの登場が判明するまでは、次期CT200hはコンパクトクロスオーバーSUVになるのでは?という情報が多く出回っていました。

近年、世界的にクロスオーバーSUVの人気が非常に高まっており、他の高級ブランドメーカーもこぞって力を入れているカテゴリーとなっています。

レクサスにもクロスオーバータイプのNXが既に販売されていますが、海外市場では、その高い価格帯からいまいち販売台数を伸ばすことが出来ていない現状がありました。

そこで、次期CT200hをクロスオーバータイプとしてモデルチェンジすることで、特に需要のあるコンパクトなクロスオーバーSUVをラインナップすることができ、価格帯もCTと同レベルの比較的手に届きやすいものにすることができる。というのが、この噂のもとです。

しかし、お伝えのとおり、新型CT200hはそのままコンパクトハッチバックとして存続します。まあ、当然といえば当然ですね。

CT200hはレクサスの入門モデルでありながらも、運転しやすいボディサイズ、確かな走行性能、レクサスという名に恥じない内外装の質感をもち、多くの支持を得ています。それをただクロスオーバーSUVに変更してしまうというのはあまりにも安易な考えです。

新プラットフォーム「LNGA」を採用

新型レクサスCTは、トヨタの新型プラットフォーム「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」のレクサス版「LNGA」を採用します。

TNGAは新型プリウスから採用されたプラットフォームで、各セグメント内共通で使用出来る仕組みのため、大幅な生産性向上やコスト削減が可能となります。

それだけでなく、機能面でも軽量化や走行性能の向上が実現できる優れモノです。

また、ボディサイズはわずかに大きくなる見込み。プラットフォームの恩恵による低重心で全高も低くなり、よりスポーティーなスタイリングになります。

ホディサイズ予想・比較 ※単位:mm
車名 全長 全幅 全高 ホイールベース
新型CT(予想) 4380 1780 1450 2640
現行CT 4355 1765 1460 2600
UX 4495 1840 1520 2640
プリウス 4540 1760 1470 2700

新型レクサスCTのパワートレイン・燃費性能

CT200hは、車名の最後に「h」と付いていることからも分かるようにハイブリッドモデルです。

次期CT200hのハイブリッドシステムは、新型プリウスにも採用されている「THSⅡ」を採用。バッテリーの位置などが変更されます。

エンジンは改良を加えた、1.8L 直列4気筒DOHCエンジン「2ZR-FXE」を搭載する予定。

従来モデルの燃費はJC08モードで30.4km/Lですが、新型モデルは35.0km/L前後に向上する見込みです。

また、現在NXに搭載している2.0Lターボエンジンからターボを取り除いた新NAエンジン(8AR-FS)も設定される予定。日本に導入されるかは不明です。

その他にも、PHVもしくはピュアEVの追加も検討されている模様。こちらも楽しみです。

第2世代の「Lexus Safety System +」を搭載

新型CTには、UXと同じく第2世代の「Lexus Safety System +」を搭載。

第1世代のLexus Safety System +に採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の組み合わせは変わらず、各機能が進化しています。

Lexus Safety System +の機能

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト
  • アダプティブハイビームシステム
  • ロードサインアシスト

デビュー後のライバル車種は?

アウディA3やベンツAクラスといったモデルがベンチマークになります。

特にフルモデルチェンジで4代目に進化し、今年10月に国内でも発売したAクラスは高い評価を得ています。※導入時のパワーユニットは1.3L直4ターボのみ。

プレミアムブランドだけに、対話型インフォテインメントシステムや運転支援システムといった先進装備の技術競争も見ものです。

フルモデルチェンジ後の価格

予想価格:380〜480万円

現在のバリエーション&価格バージョンL  477万0000円
Fスポーツ   440万0000円
バージョンC  399万0000円
ベース     377万0000円

東京モーターショー’19でのワールドプレミアが有力か

お伝えしている通り、新型は2019年に登場予定です。

当初は2017年前半にもフルモデルチェンジかと予想されていましたが、新型車のレクサスUXを先に投入し、CTのフルモデルチェンジ時期は後ろにずれ込むという結果になりました。

新型CTは初代モデルと同じ、ジュネーヴ・モーターショー(2019年3月開催予定)でのワールドプレミアが最短の候補。最有力は2019年秋の東京モーターショーです。

新たな情報が入り次第ご紹介していきますのでお待ちください!

<レクサスの関連記事>

レクサス 新型車&モデルチェンジ最新情報【2018-2019】

【レクサスLC F】2019年登場 新開発V8搭載の本格派スポーツ!価格や予想画像など

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る