日産キューブの歴代モデルまとめ【旧型・現行】

この記事をシェアする

キューブの歴代モデル

初代モデルの登場から20年が経過したコンパクトカー、日産・キューブ。

  • 個性的なエクステリア
  • 使い勝手の良いインテリア
  • お求めやすい価格

などが魅力です。ボディ形状を端的に言い表した車名は一度聞いたら忘れないですよね。

今回は、3世代に渡って親しまれているキューブの歴代モデルの概要やスペックをまとめてご紹介します!

日産キューブの歴代モデルまとめ

初代(Z10型)1998年~2002年

マーチをベースに作られた車でしたが、その名のとおり四角いボディ形状のおかげで広い車内を実現。また、シートを倒すことでフラットシートに出来たり、便利な収納が豊富だったりと、使いやすく実用性が高いコンパクトカーでした。

手ごろな値段も手伝って大人気となり、発売当時は街中でかなりの数をみたものです。筆者も人生で初めて購入した車が初代キューブでした。販売台数が多かったので中古車市場にもかなり多く流れていましたね。まだまだ走れる中古車が20万~60万でごろごろしていました。カスタマイズされたライダーも人気がありました。

2代目(Z11型、BZ11型)2002年~2008年

初代と同じくマーチをベースとしていましたが、よりキューブ(四角、立方体)なボディとなりサイズも拡大。初代は万人受けするようなデザインでしたが、2代目キューブは個性的で、どちらかというとかわいい、女性をターゲットにしたようなエクステリアになりました。特に、バックガラスが左右非対称なところは特徴的で、最初見たときはびっくりしたのを覚えています。賛否両論ありましたが2代目も好調な売り上げを残しました。

また、3列シート仕様の「キューブキュービック」もラインナップしていました。

3代目(Z12、NZ12型)2008年~現行

2代目から大きなデザイン変更はなく、キューブの世界観をそのまま受け継ぐ形で登場。ホイールベースの拡大によって広くなった室内や、厚くソファのような座り心地のシートなどを気に入っているユーザーが多いです。なお、3列シートのキューブキュービックは廃止に。

関連 日産・キューブの全ボディカラーをチェック!人気色はコレだ!!

4代目キューブが2019年に登場予定!

現行の3代目モデルが登場してから11年が過ぎました。全面改良が近づいています。

新型はスライドドアを搭載したコンパクトミニバンに生まれ変わる見通し!トヨタ・シエンタとホンダ・フリードの2強状態となっている市場に参入を果たします。

関連 新型キューブ 2019年フルモデルチェンジ!スライドドアのコンパクトミニバンに

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る