ダイハツ 新型車・モデルチェンジ情報まとめ【2018-2019】

この記事をシェアする

ダイハツの新車情報

ムーヴキャンバスやミライース、ミラトコットなど、日本市場で戦うメーカーならではのクルマを投入し、好調な売れ行きを維持しているダイハツ。

2018年後半以降も、基幹車種のムーヴやタントからラインナップに足りないSUVやミニバンまで、注目のニューモデルを多数登場させる計画です。

そんな勢いにのるダイハツの発売予想スケジュールを、スクープ情報などをもとに詳しくお届けします!

【おさらい】2017年の新型車&モデルチェンジ

ミラ イース

ミラ イース

【2017年5月09日】フルモデルチェンジ

ミラ イースは誰でも気軽に乗れる「第3のエコカー」をコンセプトに、2011年9月に発売された軽自動車。

自慢の燃費は35.2km/L(JC08モード)と先代から据え置いたものの、「安全・安心」を追求し、衝突回避支援システムの最新版となる「スマートアシストⅢ」を同車で初めて採用しました。

アルティス

アルティス

【2017年7月10日】フルモデルチェンジ

OEM提供元のトヨタ・カムリのフルモデルチェンジを受けアルティスも世代交代。ダイハツ初のハイブリッド乗用車となります。

トヨタの“キーンルック”デザインを採用し、超大開口のラジエーターグリル・バンパーによってワイド&ローなスタイリングを演出。カムリとの違いはエンブレムのみで、その他はほぼ共通です。

新開発のプラットフォームとパワートレーンを採用するとともに、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を搭載し、安全面も強化しています。

ムーヴ / ムーヴ カスタム

ムーヴ

【2017年8月1日】マイナーチェンジ

フロントフェイスはボリューム感のある造形となった一方、サイドはフラットでシャープなスタイリングにすることでメリハリを強調。ヘッドライトが大きくなった他、グリルやバンパーのデザインも一新されました。

また、対歩行者を可能とした「スマートアシストⅢ」を搭載するとともに、パノラマモニターを採用しています。

価格はムーヴが111~147万円、カスタムが137~174万円。

ウェイク / ハイゼット キャディー

ウェイク G ターボ“レジャーエディションSAⅢ”

ウェイク G ターボ“レジャーエディションSAⅢ”

ハイゼット キャディー D“デラックスSAⅢ”

ハイゼット キャディー D“デラックスSAⅢ”

【2017年11月30日】一部改良

軽ハイトワゴン「ウェイク」とウェイクをベースとした新ジャンル軽商用車「ハイゼット キャディー」が一部改良を実施。

両モデルともに、最新の衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載し、リヤコーナーセンサーも採用。乗用車モデルのウェイクには「パノラマモニター」も設定しています。

詳細 ダイハツ・ウェイク スマアシIII搭載等の一部改良を行い2017年11月30日発売

詳細 ダイハツ 軽商用車「ハイゼット キャディー」を一部改良し2017年11月30日発売

タント / タントカスタム

タント X“リミテッドSAⅢ”

タント X“リミテッドSAⅢ”

タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”

タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”

【2017年12月18日】一部改良・特別仕様車

車体の4箇所に設置したカメラによって、クルマを真上から見ているような映像をナビモニターに映し出す「パノラマモニター」を採用。

また、特別仕様車の「タント X“リミテッドSAⅢ”」と「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”」を追加設定しています。

詳細 ダイハツ・タントが一部改良でパノラマモニターを採用するとともに、特別仕様車を追加

ダイハツ 2018年 発売済の車種

ミラ・トコット

ミラ・トコット

ミラトコット

【2018年6月25日】新型車(ミラココア後継)

  • 3月に販売終了したミラココアの実質後継モデル
  • やわらかな雰囲気を踏襲しつつ今風のシンプルデザインを採用
  • グレード構成はベース車のミライースに準じたものに

詳細 ダイハツ新型車「ミラトコット」2018年6月25日発売 カタログ画像を先行チェック!

2018年 発売予定&予想

タント / タントカスタム

DN U-SPACE

DN U-SPACE

【2018年10月】フルモデルチェンジ

人気の軽スーパーハイトワゴン「タント」が2018年にフルモデルチェンジ予定。東京モーターショー2017に出展されたコンセプトカー「DN U-SPACE」が新型のもとになります。

好評のミラクルオープンドアはもちろん継続。ダイハツ車で初採用となる新プラットフォームの導入も注目です。室内空間の快適性や安全性能など全体的に向上が図られます。

詳細 ダイハツ新型タント/カスタム フルモデルチェンジ最新情報!発売は2018年10月か

ムーヴ / ムーヴ カスタム

ムーヴカスタム

【2018年12月】フルモデルチェンジ

  • 昨年登場の新型ワゴンRやN-BOX等の競合に対抗して早めの全面改良か
  • 新プラットフォームDNGA採用で大幅進化
  • カスタムはアル・ヴェルの様なさらに”イカツイ”顔つきに刷新?
  • 安全システム「スマートアシストⅢ」の機能強化

詳細 ダイハツ次期ムーヴ/カスタム 2018フルモデルチェンジ情報!外内装や発売日予想

ビーゴ後継

DN TREC

DN TREC

【2018年12月】新型車(ビーゴ後継)

  • 2016年に生産終了したコンパクトSUV「ビーゴ」の後継モデルが登場
  • 東京モーターショー’18に出展した「DN TREC」を市販化
  • 5ナンバーサイズを継承
  • 先代の「ラッシュ」と同じくトヨタにOEM提供
  • 1.0Lターボと1.2Lハイブリッドを設定

詳細 ダイハツ ビーゴ&トヨタ ラッシュ 後継モデルの新型SUVが2018年内デビュー!?

2019年 発売予定&予想

ミライースTR-XX

ミライース スポルザバージョン

画像は「ミライース スポルザバージョン」

【2019年】復活(後継モデル)

スズキ・アルトワークスの対抗馬として、ミライースにターボエンジンと5MTを採用するスポーツモデルがデビューする予定。懐かしの「ミラTR-XX」や「ミラTR-XXアバンツァート」と同じく”TR-XX”の名を受け継ぐのかも注目です。

パワートレインはハイパフォーマンスに専用チューニングしたKF型エンジンを搭載。ミライースの軽量高剛性ボディに過給機やスポーツサスペンションが備われば、走りの楽しさは言うまでもありません。レカロシートの導入も想定され、普段使いからサーキット走行まで楽しめる魅力あふれる1台。

詳細 【ダイハツ 新型ミライースTR-XX】ターボ&5MTの軽スポーツが2019年復活か!

新型ミニバン

DN MULTISIX

DN MULTISIX

【2019年冬】新型車

6〜7人乗りの新型ミニバンが登場予定です。東京モーターショー2017で筆者が一番わくわくしたのがダイハツのブースだったのですが、そのなかでも気になったのが『DN MULTISIX』というコンセプト。

その名のとおり6人乗りですが、コンパクトなボディにウォークスルーが可能な3列シートレイアウトを採用しています。新型ミニバンはこのDN MULTISIXによく似た見た目で登場するとみられます。スタイリッシュかつ存在感のあるデザインでかなりかっこいいですよね。このまま市販化してほしいくらいです。

ビーゴ後継と同じ1.0Lターボが主要パワートレインと予想。

新型ミニバン 予想スペック
全長×全幅×全高 4350×1760×1690mm
エンジン 1.0L 直3DOHC ターボ
最高出力 90ps/5500rpm
最大トルク 16.0kgm/2000rpm
トランスミッション CVT
価格 220万円〜

最後に

2017年の国内販売台数を前年比10.3%増の64万3153台としたダイハツ。

軽自動車市場でのシェアは32.9%と依然として高い数値を誇っています。

今年のお正月に放映された企業別テレビCMの本数トップとなるなど力の入れようが見て取れますが、本記事でご紹介したとおり2018年は主力モデルの世代交代が控えており、さらなる加速が期待されます。

【関連記事】

スズキ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2018-2020】

トヨタ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2018-2020】

日産 新型車&モデルチェンジ最新情報【2018-2020】

ホンダ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2018-2020】

マツダ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2018-2020】

三菱自動車 新型車&モデルチェンジ最新情報【2017-2020】

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る