日産デイズ 新型情報!2019年春フルモデルチェンジ、プロパイロット搭載は?

この記事をシェアする

デイズがフルモデルチェンジ

日産の軽自動車『デイズ』『デイズ ハイウェイスター』がまもなくフルモデルチェンジ。

現在の日産にとって軽自動車は重要なモデルなので、次期型の出来に注目です。

フルモデルチェンジでどのような変更があるのか、今分かっている最新情報をまとめています。

半自動運転「プロパイロット」の搭載はあるのか!?

関連 三菱eKワゴン/eKカスタムの次期型予想はこちら

もうすぐ2代目モデルへ移行。発売日はいつ?

デイズは2013年6月に登場。

日産と三菱自動車の合弁会社NMKVによって共同開発された軽トールワゴンです。

標準モデルの「デイズ」とカスタムモデルの「デイズ ハイウェイスター」を設定。

三菱では「ekワゴン」「ekカスタム」として販売しています。

兄弟車なので基本構成は同じですが、エクステリアは細部を変えて差別化を図っています。

そんなデイズシリーズも登場から5年が経過。今回も共同で次期型の開発を進めています。

予想発売時期は2019年4月。2018年末という見立てもありますが可能性は低いでしょう。

日産・三菱 それぞれの個性を打ち出したフロントフェイスに

現行デイズ

現行デイズ

ノーマル仕様のデイズはダイナミックなフォルムと親しみやすさが共存するデザイン。

優しい印象をつくりだすヘッドライト、縦基調のL字型テールランプが特徴的です。

ボディサイドに走る大胆なキャラクターラインが躍動感を与えています。

現行デイズ ハイウェイスター

現行デイズ ハイウェイスター

一方のハイウェイスターは、

  • シャープな印象のヘッド&リアランプ
  • 幅のあるメッキバーを装着したフロントグリル
  • 塊感のあるバンパー形状
  • 15インチ切削アルミホイール

などにより存在感を強めています。

ハイウェイスターの新型デザインは、切れ長のヘッドライトでさらに精悍な顔つきに。

また、日産車おなじみのV-モーショングリルを採用して個性を強調。ekカスタムとの違いがより明確になります。

現行エンジン改良でパワーと燃費を向上

デイズ、ekワゴンシリーズといえば、2016年の燃費不正問題が思い出されます。

実験データじゃなくてデタラメな燃費値をカタログに表記。実燃費と大きく異なるんですけどコレは…?というやつですね。

当然、今販売しているクルマは不正していませんが、次期モデルでは燃費性能向上が至上命題。

3B20型

そこで新開発エンジンを!といいたいところですが、それは残念ながら間に合わない模様。現行のエンジン(3B20型)をブラッシュアップし、燃費性能やパワーアップを図るようです。

具体的には、低フリクション化やマッピングの変更などを実施。さらにボディやシャシーを軽量化して省燃費につなげます。

[参考]現行パワートレインスペック
タイプ NA(自然呼吸) ターボ
エンジン 660cc 直3 DOHC[3B20型]
最高出力 49ps/6500rpm 64ps/6000rpm
最大トルク 6kgm/5000rpm 10kgm/3000rpm
駆動方式 FF/4WD
トランスミッション CVT
JC08モード燃費 22.0 〜 25.8 km/L 21.8 〜 23.2 km/L
使用燃料 レギュラー

デイズEV(電気自動車)の噂も

日産と三菱は軽自動車タイプの新型EV(電気自動車)を計画中。

2019年内にも市販化?といわれています。

市販EVの先駆け、三菱「i-MiEV」の後継なのか、全くの新型なのか。それとも、先ほど新開発エンジンは次期デイズに間に合わないとお伝えしましたが、なんとか間に合わせるのか。

とっっても気になるところです。

デイズは日産の主力量販車の一角を担うモデルなので、少なくとも次期型のマイナーチェンジモデル(後期型)にはEVグレードを設定するでしょう!

安全装備を大幅アップグレード

注目は高速道路、同一車線自動運転技術「プロパイロット」の搭載。

アクセル、ブレーキ、ステアリングをクルマがコントロールしてくれるので、高速道路での長距離運転がすごく楽になるという機能です。

永ちゃんが渋く「やっちゃえ日産」と言うCMが記憶に新しい。

軽自動車では、全面改良したホンダ・N-BOXがアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線維持支援システム(LKAS)を装備しています。

デイズもフルモデルチェンジの目玉として軽自動車で初めてプロパイロットを搭載し、最先端の安全装備をアピールする公算が大きいです。

カーテンエアバッグのイメージ

カーテンエアバッグのイメージ

また、インテリジェントエマージェンシーブレーキが対自転車や夜間の歩行者に対応するほか、

  • 電動パーキングブレーキ
  • インテリジェント ルームミラー
  • インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)
  • インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)
  • 標識検知機能
  • SRSサイド/カーテンエアバッグシステム

といった新装備にも期待。

安全性能で一歩先を行くライバルを一気にぶち抜きます。

フルモデルチェンジ後のライバル車種は

主要なライバルは、ワゴンRとムーブ

ワゴンRは昨年フルモデルチェンジしたこともあり、デイズとムーヴに比べてほぼ倍の販売台数となっています。そもそもワゴンRは根強い人気があるのですが。

2018年8月 新車販売台数
車種 価格 本月
前年同月
日産 デイズ 115~164万円 4764台 94.2%
スズキ ワゴンR 107~177万円 9500台 101.7%
ダイハツ ムーブ 111~174万円 4840台 137.6%

デイズは全面刷新でいい勝負に持ち込みたいところ。

ムーヴも年末にフルモデルチェンジを予定しており激戦は必至です。消費者にとっては、いい意味で検討に頭を悩ますことになるでしょう。

関連 ダイハツ次期ムーヴ/カスタム 2018フルモデルチェンジ情報!外内装や発売日予想

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る