マツダ次期デミオ フルモデルチェンジ予想!2020年、第2世代SKYACTIVへ

この記事をシェアする

デミオ・フルモデルチェンジ

別記事でデミオの今夏マイナーチェンジ情報をお伝えしている最中ですが、本記事では早くもフルモデルチェンジについてご紹介。

次期デミオの発売時期、デザイン、サイズ、搭載エンジンなど、多少フライング気味ではありますが、充実の徹底予想でお届けしますよ!

フルモデルチェンジ時期は2020年が有力

さて、まず気になるフルモデルチェンジ時期ですが、2020年前半と予想します。

2019年と予想するところもありますが、”発表”はあっても”発売”はないかと。

というのも、現行デミオは2018年8月にマイナーチェンジ(以下MC)を実施するんです。通常MC後、数年は大きな改良がありません。

ただ、先にMCしたCX-3がガッツリ改良されたのに対し、デミオは新ガソリンの設定がメインで、見た目や装備に大きな変更なし。もしかしたら”商品改良”という名目になるかもしれません。

そのことから、フルモデルチェンジが近いことを匂わせますが、2019年は早いですねやはり。

さらにもうひとつ。最新の魂動デザインや新開発エンジンを採用する、次世代スカイアクティブ商品群のトップバッターとして、新型アクセラが2019年春頃までに登場予定です。

まずは2013年登場のアクセラが先にフルモデルチェンジ。2014年発売のデミオは翌2020年に新型デビューと考えるのが自然というわけです。

次期デミオのデザイン予想

現行デミオ

現行デミオ

現行の4代目モデルから、マツダのデザインテーマ「魂動 -Soul of Motion」を採用。

コンパクトカーではあるものの、アテンザやCX-5などの上位モデルと統一した、洗練された顔つきになりました。

経営不振を極めたマツダがここまで復活・躍進したのは、魂動デザインのカッコよさと、メルセデスやBMWのような、ラインナップを通して統一性をもたせたブランド構築が見事にはまった結果でしょう。

魁 CONCEPT

魁 CONCEPT

さて、次期デミオのエクステリアですが、キープコンセプトを前提に、最新の魂動デザインを身にまといます。

上の画像は、次期アクセラを示唆するコンパクトハッチバックコンセプト『魁 CONCEPT』。

デミオと車格が近いことから大きなヒントになります。

魁 CONCEPTのエクステリア

  • 細く、切れ長のヘッドライト
  • ワイドに拡大されたラジエターグリル
  • ”面”で見せる艷やかなボディライン

などが、次期デミオにも取り入れられそうです。

5ナンバーサイズを維持するのか?ボディサイズ予想

次期デミオで注目したいのがボディサイズ。5ナンバーサイズを継続するかが焦点です。

海外市場ではコンパクトカーの大型化が進んでいます。

  • トヨタ・ヴィッツ(海外名ヤリス)
  • 日産・マーチ(海外名マイクラ)
  • スズキ・スイフト

などグローバル展開する国産車は、国内では5ナンバーサイズ、海外では3ナンバーサイズと、効率の悪いことをやっています。それだけ車幅が1800mm前後ないと受け入れられない時代なんですね。

最近デビューした「カローラスポーツ」や「シビック」なんかは日本でも3ナンバーです。

こうした背景から、次期デミオもワイド化を図る可能性があります。ただ、日本では従来通り1700mm以内の5ナンバーサイズをキープするはず。

[現行デミオ]全長×全幅×全高:4,060×1,695×1,500mm

次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載か

「魁 CONCEPT」にも搭載していた革新の新開発ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載すると思われます。

新型アクセラが次世代商品群の第1弾としてSKYACTIV-Xを搭載。デミオはそれに次ぐ第2弾モデルとなる見込みです。

SKYACTIV-Xについて、マツダのパワートレイン開発本部長 中井英二氏は、

簡単に言うと、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの良いところを融合した次世代という名に相応しいガソリンエンジンです。これまで以上に高いレベルで優れた環境性能と意のままの走行性能を実現し、「地球」と「人」に寄り添うエンジンとも言えます。

と説明しています。

SKYACTIV-X特徴

出典:mazda.com

燃費は現在のガソリンエンジンに比べて、なんと最大20〜30%ほどアップ。それでいて、トルクも約10%〜30%向上するというからビックリです。

8月のMCでガソリンエンジンが1.3L⇒1.5Lに排気量アップしますが、SKYACTIV-Xでは、1.3Lに逆戻りか、1.0Lまでダウンサイジングするかもしれませんね。

あと、ディーゼル車の存在意義がなくなる気がします…。ガソリン車一本にして、排気量を2パターン用意する可能性も考えられます。

【あなたにおすすめ】

マツダ新型デミオ徹底解説!2018年8月マイナーチェンジで1.5Lガソリン車採用

マツダ新型アクセラ最新予想!2019年フルモデルチェンジ SKYACTIV-X搭載

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る