運転免許取得や免許更新に必要な視力は?不合格だとどうなる?

◆この記事をシェアする

運転免許を取得するときや、免許の更新をする際には必ず視力検査を行います。
あなたは視力の合格基準を知っていますか?

視力検査表

これから初めて運転免許をとる場合は知らない方が大半だと思いますが、すでに免許を持っている人でも、合格に必要な視力や条件を忘れてしまっている場合がほとんどではないでしょうか。

運転免許の種類によって合格基準が違ったり、検査項目が増えたりと意外と複雑・・・
不合格になったり、免許の失効や格下げになってしまわないように、視力検査を受ける前にあらかじめ理解しておくことが重要です。

そこで今回は、検査の合格の基準や、もし不合格の場合はどうなるの?といった運転免許の視力検査にまつわる気になる情報をご紹介していきます!

スポンサーリンク

運転免許取得や免許更新に必要な視力の条件

免許を初めて取得するときも、免許を更新するときも必要な視力の条件に違いはありません。

下記は免許の種類ごとに合格基準をまとめた表です。

免許の種類 視力の条件
・小型特殊
・原付免許
・両目で0.5以上
・片眼が見えない方は、
他眼の視力が0.5以上、視野が左右150度以上
・普通第一種免許
・中型第一種免許(8t限定中型)
・二輪免許
・大型特殊免許
・両目で0.7以上
・片目で0.3以上
・片目が0.3に満たない方や片眼が見えない方は、
他眼の視力が0.7以上、視野が左右150度以上
・大型第一種免許
・中型第一種免許(限定なし)
・けん引免許
・第二種免許
・両目で0.8以上
・片目で0.5以上
・深視力検査3回の平均誤差が2cm以下

このように免許の種類によって、合格に必要な視力の条件は変わります。両目での検査だけの場合や、片目ずつの検査が必要な場合、深視力(奥行きの見え方)のチェックが必要な場合があるなどさまざまです。

それぞれもう少し詳しくみていきましょう。

小型特殊・原付免許

小型特殊とは、卸市場などで荷物を運ぶターレットという小型車や、農業で活躍するトラクター、コンバインなどが該当します。

原付免許は排気量50cc以下のバイクに乗ることができます。

小型特殊・原付免許は基本的に両目での検査のみで、0.5以上が合格ラインになります。片目が見えない方の場合は、見える方の視力が0.5以上で必要で、さらに左右の視野が150度以上必要になります。手術後で著しく視力が低い場合や、事故による失明などでまったく片方の目が見えない方でも、もう片方の目で補うことができれば免許を取得できるということですね。

普通第一種免許・二輪免許・大型特殊等

普通第一種免許とは、ほとんどの方が取得している、いわゆる普通免許のことですね。

二輪免許(普通自動二輪・大型自動二輪)はバイクを運転するために必要な免許です。

また、大型特殊免許はクレーン車やフォークリフトなどといった、特殊な車を公道で運転するために必要な免許です。

これらの免許を取得・更新するには、両目で0.7以上、片目でそれぞれ0.3以上の視力が必要になります。もし片目で0.3未満の場合や、片目が見えない場合は、もう片方の目だけで0.7以上必要で、左右150度以上見えなければいけません。

小型特殊・原付免許に比べて、必要な視力が高くなったり片目ずつの検査があったりと、合格基準が厳しくなります。

大型第一種免許・けん引免許・第二種免許等

大型第一種免許は、トラックやダンプカー、タンクローリーなど、乗車定員30名以上・最大積載量6.5トン以上の車を運転するのに必要です。

またあまり聞きなれない、けん印免許ですが、貨物トレーラーやキャンピングトレーラー、タンクローリーなど、運転席と荷台(客車)が分離していて、けん引する荷台または客車の車両重量が750kgを超える場合必要になります。

第二種免許は、バスやタクシー、代行運転などで、営業目的で乗客を乗せて運転するために必要な運転免許です。

これらの免許は、両目で0.8以上・片目で0.5以上の視力が必要です。残念ながら片目の視力が0.5未満の場合や、片目が見えない場合は免許を取得できません。

また、さきほどの免許と違い、深視力という検査項目が増えます。これは遠近感や立体感を正しく把握できているかテストされるものです。

大型な車は制動距離が長く、事故を起こした際の被害も大きくなります。またお客様を乗せて運転を行う場合はより高い安全性が求められます。そういったことから、合格の基準が一番高くなっていて、より遠くまで確実に視認する能力が必要とされています。

眼鏡やコンタクトレンズの着用、レーシックの場合

メガネやコンタクトレンズで視力を矯正している場合も、先ほどご紹介した視力検査の合格基準と同じです。

ただし、免許証の「免許の条件等」という項目に「眼鏡等」と記載され、運転する際は必ず眼鏡やコンタクトレンズを着用する必要があります。もしつけずに運転してしまうと、免許条件違反として、違反点数2点・反則金7,000円の罰則となります。十分に見えていない状態で運転しているので非常に危険です。絶対運転してはいけません。

ちなみに、普通免許は裸眼で合格したけど、大型免許は眼鏡をかけなければいけないといったケースもあります。その場合は「眼鏡等(大型車に限り)」という条件がつきます。

レーシック手術を受けた場合は?

最近はレーシック手術を受けて、視力を回復する人が多くなっています。レーシックを受けた場合は、裸眼として視力検査を受けることができ「眼鏡等」の条件がつくこともありません。

しかし、眼鏡等の条件付きで免許を取得したあとに、レーシック手術を受けた場合は注意が必要です。たとえレーシックによって視力が回復していたとしても、眼鏡等の条件がついたまま裸眼で運転していると条件違反になってしまうのです。どんなにレーシックしたから見えるんです!と警察の方に訴えても、残念ながら決まりは決まりなので無駄です。

眼鏡等の条件解除の申請

眼鏡等の条件を外すためには、運転免許センターや一部の警察署へ出向く必要があります。お住まいの地域によって申請先や受付日時が異なるので、事前に各地域の運転免許センターのホームページで詳細を見るか電話で確認するのがよいでしょう。

手続き自体は、限定解除申請書という用紙を記入後、視力検査をするだけで費用もかかりません。運転免許証だけ持参すればOKで、手続きも15分ほどで完了するようです。

もし不合格になった場合はどうなる?

万が一、視力検査で不合格になってしまった場合はどうなるのでしょうか?特に免許更新する時に視力が低下していることに気づかず、合格できなかったというケースが多いようです。

不合格となった場合は、当日のうちに再検査を受けるか、後日改めて検査を受けることができます。

当日中の再検査を希望する場合は、検査の担当者に再検査が可能か確認しましょう。

後日改めて検査を受けることになった場合は、再検査の日までにメガネ店や眼科へ行き、眼鏡やコンタクトレンズを購入しておきましょう。また大型免許などで必要な深視力検査で不合格になった場合も、適した眼鏡レンズに変更することでしっかり改善できることがほどんとです!

メガネ屋さんにたくさん陳列されたメガネ

たまに裸眼で再挑戦するぞ!という方もいますがあまりおすすめしません。もし合格できたとしても、基準ぎりぎりの視力しかないことがほどんどなので危険性が高まります。自分や同乗者の安全を守るためにも、すんなり免許を取得・更新するためにも無理をせず眼鏡などを準備したいですね。

ちなみに、不合格となっても更新にかかる費用は返却されますので2回分支払う必要はありません。

免許証の有効期限ぎりぎりで不合格になってしまったら・・・

免許証の有効期限内に合格できなけれな、免許が失効になったり、大型から普通免許に格下げになったりと大きな代償を払うことになってしまいます。視力がどうしても回復できない場合は仕方がないですが、免許失効や格下げはきついですよね。

もし免許証の有効期限ぎりぎりで不合格になってしまったという場合も安心してください。試験場で有効期限の延長措置をとってくれます。

延長はしてくれますが、どちらにしても

  • 余裕をもって免許の更新を行う。
  • 不合格となった場合はすぐメガネやコンタクトレンズを準備する。

ことを心がけましょう!

スポンサーリンク



◆この記事をシェアする

運転免許取得や免許更新に必要な視力は?不合格だとどうなる?
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪