三菱 新型eKスペース フルモデルチェンジの展望|電動化で2020年デビュー

この記事をシェアする

eKスペース・フルモデルチェンジ

三菱の軽スーパーハイトワゴン『eKスペース』が世代交代に向けて準備を進めています。

2代目となる新型eKスペースにはピュアEVモデルが登場予定。

その電動化ユニットやニューデザインなど、フルモデルチェンジについての展望をお伝えします。

2代目・新型eKスペースも日産と共同開発

現行の初代モデルは2014年2月にデビュー。

標準タイプとスポーティモデルのeKスペースカスタムを用意しています。

ekワゴン/カスタムのエクストラハイルーフ仕様で、容積重視なのが特徴です。

また、ekワゴン等と同じく、日産自動車と三菱自動車が共同出資する、NMKVが開発を手掛けているのも特色。日産ではデイズルークスの車名で販売しています。

2代目となる新型eKスペースも、引き続きNMKVによって誕生することになります。

新型eKスペース/カスタムの外形デザイン予想

現行eKスペース

現行eKスペース

現行eKスペースカスタム

現行eKスペースカスタム

標準モデルはベーシックな見た目。カスタムは精悍な顔つきが特徴です。

新型もその立ち位置を踏襲。さらにそれぞれの独自性を強調する外形を採用します。

丸みをもたせたフォルムに一新するのも面白そうですが、室内空間の広さが売りのモデルなので、やはりスペースを最大限活かせるスクエア形状が有力です。

新型eKスペース/カスタムの室内デザイン予想

eKスペースのスライドドアと広い室内空間

Mクラスミニバンに匹敵する1400mmの室内高を持ち、子供が立てるほどの頭上スペースを誇ります。

後席の前後スライドは260mmでクラストップ。足元の広さも余裕たっぷり。

すでに軽自動車の規格めいいっぱいで作っているので、居住性に関しては頭打ちでしょう。

現行に装備する、空気を循環させるリヤサーキュレーターのような快適機能の追加に期待したいところです。

走行性能|EVモデルが登場!

三菱は以前から「四駆性能と電動化」を今後のクルマ作りのテーマに掲げてきました。日産との協力体制のもと、その実現に向けて着実に前進しています。

そして電動化の部分では、ピュアEV(完全電気自動車)を次期ekワゴンとeKスペースに初搭載する計画を立てています。

いよいよ名のある軽自動車にEVモデルが登場することに。1充電あたりの走行距離などのスペックについては判明したらお伝えします。

※三菱の電気自動車「i-MiEV」は、今年4月の改良で軽自動車から登録車(小型車)に変更となっている。

なお、ガソリンエンジンは現在と同じものを継続使用し、ターボ仕様も設定する見通し。改良によって出力アップや燃費向上を図ると思われます。

最新版イーアシストでもっと安全に

現行も予防安全システム「e-Assist」を装備し、「サポカー S ベーシック+」の対象になっています。

新型eKスペースには最先端の技術が盛り込まれ、さらに安全性能が高められます。

主な機能・内容は次のとおり。

【衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)】
先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポート。

【低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)】
低速走行時(約5~約30km/h)先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポート。

【車線逸脱警報システム(LDW)】
走行中の車線から逸脱しそうな場合に、ドライバーに警報で注意。

【レーダークルーズコントロールシステム(ACC)】
渋滞での走行時でも、先行車との車間を維持しながらの走行が可能。

【誤発進抑制機能】
シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制。

【誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)】
前進時および後退時、シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制。

出典:三菱自動車公式サイト

日産とのタッグを活かして、自動運転にも期待したいところです。

新型eKスペースの想定価格

想定価格:128〜198万円

▼現行の売れ筋グレード
1位:Gセーフティパッケージ
2位:カスタムTセーフティ プラスエディション(特別仕様車)
3位:M eアシスト

eKスペースのフルモデルチェンジ時期はいつ?

まずはekワゴンが2019年春にフルモデルチェンジを予定。

新型eKスペースは約1年後の2020年春デビューと予想されています。

ゴーン体制のもと中期計画で投入するニューモデルに大いに期待です。

<関連情報>

三菱 新型eKワゴン/eKカスタムを予想!2019年春モデルチェンジでEVも登場

三菱 eKカスタム・アクティブギアの評判|アウトドア志向の特別仕様車を解説!

日産 次期デイズルークス|2020年フルモデルチェンジの進化内容を先読み!

日産デイズ 新型情報!2019年3月フルモデルチェンジ、プロパイロット搭載は?

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る