三菱 次期eKワゴン/eKカスタムを予想!2019年モデルチェンジでEVが登場

この記事をシェアする

eKワゴン・フルモデルチェンジ

三菱の軽ハイトワゴン『eKワゴン』と『eKカスタム』が2019年にフルモデルチェンジを実施します。

SUVラインナップが主軸の三菱にとってekシリーズは貴重な存在。

次期型にはEVモデルが登場する見通しとなっており注目度が高まっています。

関連 日産デイズのフルモデルチェンジ情報はこちら

次期eKワゴンも合弁会社NMKVにより生産

現行の3代目モデルは2013年6月にデビュー。

ノーマルボディの「eKワゴン」とエアロパーツをまとった「eKカスタム」を用意。

三菱自動車と日産の合弁会社、NMKVが企画・開発を担当しています。

日産では「デイズ」「デイズ ハイウェイスター」として展開しており、いわゆる兄弟車の間柄。そのためクルマの中身や性能はほぼ同じで、見た目だけ違いを演出しています。

次期型もNMKVによって生み出されます。デイズとの関係性も継続です。

次期eKワゴン/eKカスタムの外形デザイン

現行eKワゴン

現行eKワゴン

標準仕様のeKワゴンは、クセの少ないベーシックなデザインを採用。

幅のあるヘッドランプがマイルドな雰囲気をつくりだし、バンパーやホイールもザ・オーソドックスという印象です。

特に女性の方に人気です。

現行eKカスタム

現行eKカスタム

一方のeKカスタムは、三菱の主要モデルに取り入れている共通デザイン「ダイナミックシールド」を採用。

ヘッドライトからフロントバンパーまで連動性のある迫力フェイスが特徴です。

その他、

  • メッキパーツの多用
  • スポーティなアルミホイール
  • クリアレンズを用いたテールランプ

がワイルドなスタイリングに導いています。

次期モデルでは、それぞれのタイプの特徴をよりアピールするデザインになると予想。

eKワゴンはさらに穏和な表情になり、eKカスタムは最新のダイナミックシールドを導入して、より押し出し感のある外見になるでしょう。

好評の、アウトドアシーンに映える特別仕様車「ACTIVE GEAR」も引き続き用意してほしいところ。

関連 三菱 eKカスタムにアウトドア志向の特別仕様車「ACTIVE GEAR」を追加

EVモデル(電気自動車)が登場!

新型eKワゴンは2019年3月にフルモデルチェンジする予定。

まずはガソリンモデルのみ登場しますが、約1年後にEVモデルが追加される見通しです。

三菱自動車の中期経営計画には「2020年以降、主力モデルに電動化パワートレーンを投入し、そのうち1台は軽自動車になる」とあります。

三菱は現在、軽EVの「i-MiEV」を販売していますが、三菱が言う”そのうち1台”は次期eKシリーズになります。

いよいよ名のある車にEVを投入し、本格的に普及させようというわけです。成功の鍵は、1充電にかかる時間や航続可能距離がどれだけ実用に耐えうるか。とても楽しみです。

ガソリンエンジンは現行型をキャリーオーバー

時間的にエンジンを新規につくる余裕がないため、現行型を改良してパワーと燃費を向上するとのこと。

ただでさえ世代交代が早い軽自動車ですし、EVの開発も同時並行していれば厳しくなるのは容易に想像がつきますね。

発売から数年後の大幅改良でニューガソリンエンジンを投入する流れかもしれません。

MIVEC DOHC 12バルブ インタークーラーターボチャージャー

MIVEC DOHC 12バルブ インタークーラーターボチャージャー

ちなみに、現行エンジンにはNA仕様(自然呼気)とターボ仕様を設定しています。デイズはカスタム仕様のハイウェイスターにのみターボが用意されていますが、ekワゴンは標準車にも設定しています。

NAエンジンはパンチ力に欠け余裕がないという評価。元気のいい走りを期待するならターボ車を検討すべきです。

[参考]現行パワートレーンの詳細
種類 NA(自然呼吸) ターボ
エンジン 660cc 直3 DOHC[3B20型]
最高出力 49ps/6500rpm 64ps/6000rpm
最大トルク 6kgm/5000rpm 10kgm/3000rpm
駆動 FF/4WD
トランスミッション CVT
JC08モード燃費 22.0 〜 25.8 km/L 21.8 〜 23.2 km/L
使用燃料 レギュラー

最新のe-Assistを標準装備

現在も装備する予防安全技術「e-Assist」。電波レーダーやカメラなどでクルマの周囲を検知し、安全かつ快適なドライブをサポートするシステムです。

次期eKワゴンには発売時点の最新システムを搭載します。

主な機能・内容は以下のとおり。

【衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)】
先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポート。

【低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)】
低速走行時(約5~約30km/h)先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポート。

【車線逸脱警報システム(LDW)】
走行中の車線から逸脱しそうな場合に、ドライバーに警報で注意。

【レーダークルーズコントロールシステム(ACC)】
渋滞での走行時でも、先行車との車間を維持しながらの走行が可能。

【誤発進抑制機能】
シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制。

【誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)】
前進時および後退時、シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制。

出典:三菱自動車公式サイト

その他、安全・快適装備の積極採用に期待

カーテンエアバッグ&ヘッドアップディスプレイ

他メーカーが先駆けて採用する安全・快適装備の採用に期待です。

まずはホンダ・N-BOXが軽初搭載したアダプティブ・クルーズ・コントロール。前を走る車両との車間距離を維持しながら追従走行してくれる機能。安全かつ運転者の疲労軽減に役立ちます。自慢のプロパイロットを持つ日産・三菱連合だけに、黙って見ているわけにはいかないでしょう。

また、スズキ・ワゴンRスティングレーやソリオの上位グレードに装備する「カーテンエアバッグ」の導入に期待です。今まで蔑ろにされていた側面衝突時の頭部への衝撃を緩和してくれるもので、今後急速に市販化が進むと思います。

また、スペーシアが軽初搭載した、フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイにも挑戦してほしいところ。前衛的な見た目だけでなく、視線の移動量が減ることで安全性も大きく向上します。

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る