【3/28発売】新型eKクロス/eKワゴンを初披露!外内装画像やカラー、燃費など

この記事をシェアする

eKワゴン/eKクロスのフルモデルチェンジ

三菱の軽自動車『eKワゴン』が2019年3月28日にフルモデルチェンジします。

最大の注目は、eKカスタムの代わりに登場する『eKクロス』というクロスオーバー風モデル。

正式に公開された新型の外内装デザインをはじめ、グレードごとの価格&装備、燃費等をまとめてご紹介します!!

【新着情報】新型eKクロス/eKワゴンを公開

今月14日、三菱自動車の水島製作所で行われたオフライン式で、

  • 三菱『eK wagon(ワゴン)』『eK X(クロス)』
  • 日産『DAYZ(デイズ)』『DAYZ(デイズ)ハイウェイスター』

の新型、計4モデルを初公開しました。

6年ぶりの世代交代で登場する新型は、従来型と同じく三菱自動車と日産自動車の合弁会社「NMKV」が企画・開発を担当。シャシーからエンジンに至るまで基本コンポーネントを刷新し、性能が大幅UPします。

eKシリーズの発売日程

  • 2019年3月14日(木)先行予約受付を開始
  • 同3月28日(木)発表・発売

姉妹車(クルマの中身や性能はほぼ同じで、見た目だけ違いを演出)の日産デイズシリーズも同じタイミングで発表・発売となる予定。

日産の軽トールワゴン『デイズ/ハイウェイスター』がまもなくフルモデルチェンジ! 新設計のプラットフォームやエンジンを採用し、さらに半自...

エクステリア

新型eKワゴン

新型eKワゴン

まずはネーミングを引き継ぐノーマル仕様。

クセの少ないベーシックな装いで、幅のあるヘッドランプがマイルドな雰囲気をつくりだしています。バンパーやホイールもシンプルな形状で女性受けが良さそう。ただ、従来モデルに比べると精悍なルックスになっています。

なお、両モデルともダンロップの環境タイヤ「エナセーブEC300+」を装着します。

新型eKクロス

新型eKクロス

フロントデザインは先月ビッグマイチェンを受けたばかりのミニバン「デリカD:5」にクリソツです。ダイナミックシールドという三菱共通の顔つきなのですが、ここまで同じにしなくてもと思うほど。

そもそもeKカスタムをeKクロスに継承したのは、世界的にSUVが流行していて、軽自動車でもスズキー・ハスラーが成功するなど今後も高い需要が期待できることから、今まで以上にSUVに注力・特化していこうという三菱の戦略が背景にあります。その意志表示として人気のデリカに似せてきたのだと推測します。

ちなみに、従来モデルにはアウトドアシーンに映える特別仕様車「ACTIVE GEAR」を設定していますが、今後eKクロスに設定するのか気になるところです。

関連 eKカスタム・アクティブギアの評判|アウトドア志向の特別仕様車を解説!

[参考]旧型のエクステリア↓

eKワゴン

eKワゴン

eKカスタム

eKカスタム

”流出画像”でeKクロスのリアデザインをチェック!!

※画像の掲載を終了しています。

1月下旬、何の擬装もしていない新型eKクロスの写真がSNSに投稿されました(現在は削除済)。撮影されたのは北海道のとある港。輸送する際だったと思われます。同時に新型デイズ・ハイウェイスターもフロント・リアとも鮮明に激写されているので、もしや日産or三菱の関係者がわざとやったのでは…?とさえ思えてしまいます。

なんと言っても黄色と白の2トーンカラーが印象的。なかなかに派手ですね〜。後ほどお伝えしますが5種類の2トーンカラーを用意しています。

リヤエンドには存在感のあるルーフスポイラー。また、この車両にはルーフレール(メーカーOP)が付いていますね。

バンパー部分にはフロントと同じマットシルバーのプレートが取り付けられていて、オフロードっぽさを演出しています。ただ、車高はeKワゴンと同じです。

カラーラインナップ

eKワゴンは全7色

※標準モデルの具体的なボディカラー名称は確認中

eKクロスは計11色

単色(6色)
  • ブラックマイカ
  • チタニウムグレーメタリック
  • ライトニングブルーマイカ
  • レッドメタリック
  • ホワイトパール[有料色]
  • サンシャインオレンジメタリック[有料色]
ツートン(5色)

※ボディの色/屋根の色

  • ライトニングブルーマイカ/スターリングシルバー[有料色]
  • レッドメタリック/ブラックマイカ[有料色]
  • サテンイエローメタリック/ホワイトソリッド[有料色]
  • オリーブグリーンメタリック/チタニウムグレー[有料色]
  • ナチュラルアイボリーメタリック/サンシャインオレンジメタリック[有料色]

流出画像の車両はサテンイエローメタリック/ホワイトソリッドですね。有料色の具体的な金額は未確認ですが、単色が2万円ほど、ツートンが5〜7万円ほどとのこと。

インテリア

▼新型eKワゴン

▼新型eKクロス

グレード&価格(税込)

グレード ターボ 価格
(2WD)
価格
(4WD)
eKワゴン”M” 1,296,000 円 1,425,600 円
eKワゴン”G” 1,377,000 円 1,506,600 円
eKクロス”M” 1,414,800 円 1,544,400 円
eKクロス”G” 1,555,200 円 1,684,800 円
eKクロス”T” 1,636,200 円 1,765,800 円

eKワゴンが2グレード、eKクロスが3グレードの計5種類。

eKクロスにだけターボ仕様を設定します。

eKワゴン主要装備/メーカーオプション

eKクロス主要装備/メーカーオプション

eKワゴン主要諸元(スペック)

eKクロス主要諸元(スペック)

新設計エンジン&CVTを投入!マイルドHVも設定

エンジンは現行型をキャリーオーバーかと予想されていましたが、新設計エンジンを搭載します。

さらに、eKクロスには電気モーターを搭載するマイルドハイブリッド方式を採用。NA仕様(自然呼気)とターボ仕様を設定します。ターボ仕様の最高出力は64psから変更ありませんがトルクが強化されています。

CVTにも大きくテコ入れ。ステップ制御が組み込まれることで、よりダイレクトでシームレスなアクセルフィール&加速を実現します。試乗したディーラーの方によると、すぐ分かるくらい良くなっているようです。

現行の燃費の最高値は25.8km/L(JC08モード)でしたが、新型は29.8km/Lまで引き上げられました(eKクロスのMグレード/2WD)。ここまで上げたなら、印象的にも何とか30km/Lにのせたかったですね。

EVモデル(電気自動車)が追加登場

まずはガソリンモデルのみ登場しますが、約1年後にEVモデルが追加される見通しです。

三菱自動車の中期経営計画には「2020年以降、主力モデルに電動化パワートレーンを投入し、そのうち1台は軽自動車になる」とあります。

三菱は現在、EVの「i-MiEV」を販売していますが、三菱が言う”そのうち1台”は次期eKシリーズになります。

いよいよ名のある車にEVを投入し、本格的に普及させようというわけです。成功の鍵は、1充電にかかる時間や航続可能距離がどれだけ実用に耐えうるか。とても楽しみです。

<おすすめ記事>

日産デイズ新型を公開!2019年3月28日フルモデルチェンジ、価格や内装も判明!

三菱 新型eKスペース フルモデルチェンジの展望|電動化で2020年デビュー

日産 次期デイズルークス|2020年フルモデルチェンジの進化内容を先読み!

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る