エルグランドのボディカラーを売れ筋順にご紹介[現行E52型]

この記事をシェアする

エルグランドのカラー

エルグランドは日産の最上級ミニバン。

現行(E52型)は2010年デビューの3代目モデルです。

迫力あるエクステリア、豪華な雰囲気のインテリア、乗降性とシートの座り心地の良さなどが魅力です。

ボディカラーは厳選された全5色。少なめですが定番色を揃えています。

ということで、エルグランドのカラーを売れ筋順にご紹介していきます!

エルグランドのボディカラー売れ筋順

1位 ブリリアントホワイトパール(40%)

2位 ファントムブラック(40%)

3位 ブリリアントシルバー(5%)

4位 インペリアルアンバー

5位 メタルグレー

ホワイトとブラックで全体の9割を占めています。

それでは、各カラーごとに詳しくみていきましょう。

エルグランドの各カラーをチェック!

1位 ブリリアントホワイトパール

ブリリアントホワイトパール

ブリリアント=さんさんと輝く
パール=真珠

という名称のとおり、光沢感があってとても輝いているホワイトです。

エルグランドのプロポーションの良さを、一番引き立たせてくれる色だと思います。

また白は清潔感があって大人の余裕を感じさせます。膨張色で大きく見えるのも特徴。

どんな色のホイールでも良く似合いますよ!

2位 ファントムブラック

ファントムブラック

ファントムとは「まぼろし」や「幽霊」を意味します。

一般的なブラックに比べて少し明るめですが、暗いところでは深みのある黒に見えます。

そのギャップはまさにファントム。なんとも言えないオーラがあります。

また、黒は傷が目立ちやすいですが、スクラッチシールド(この後説明)のおかげであまり神経質にならなくてもOK。

リセールバリューも当然◎

3位 ブリリアントシルバー

ブリリアントシルバー

若干青みがかった明るいシルバー。セラミック風にもみえます。

個人的に好きなカラー!

汚れが目立ちにくいのでズボラさんにおすすめです。

残念ながら下取り査定はブラックやパールホワイトに比べて低くなる傾向があります。

4位 インペリアルアンバー

インペリアルアンバー

2014年1月の大幅改良時に「オーロラモーヴ」に替わってラインナップ。

琥珀をイメージしたカラーで、濃いブラウンです。

とても高級&重厚な雰囲気があります。

光の加減によっては黒に近い感じにも見えます。

フロントグリルのメッキパーツが映える色でもありますね。

5位 メタルグレー

メタルグレー

2012年11月の一部仕様向上で追加された新色。
※替わりに「シェルブロンドメタリック(250XG専用色)」が廃止

ミニバン初のスクラッチシールドで傷を修復

スクラッチシールドの修復前と修復後

エルグランドは、スクラッチシールドという塗装技術をミニバンで初めて採用(全カラー)

普段使いで生じるちょっとしたスリ傷や引っかきキズを、時間の経過とともに修復してくれます。

外板に軟質樹脂を含んだ特殊クリヤー塗装を施す(中塗りとベースコートの上に)ことで、細かい傷であればほぼ元通り。凄すぎですよね!

また、傷がつきにくいので水はじき、ツヤ、光沢など、新車時の品質を長くキープすることができます。

来年ついに全面改良か!?新色が楽しみ!

登場からすでに8年がたち、全体的に設計が古くなってたエルグランド。

2019年にも世代交代を計画しています。

次期型では鮮やかな暖色系も追加されるはず。今から楽しみです!

関連 日産 新型エルグランド 2019年春にフルモデルチェンジか e-POWERの搭載は?

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る