三菱GTOが復活!?次期新型のデザイン・性能・価格・発売時期を予想!

この記事をシェアする

三菱・GTOが復活?

三菱のスポーツクーペ「GTO」が新型となって復活するかもしれません。

次期モデル登場の噂が出はじめてから1年以上が経ちましたが、改めてデザイン、性能、価格、発売時期など最新予想をお届けします。

※予想CG画像3枚掲載!

三菱・GTOとは

三菱GTO(前期型)

前期型

三菱・GTO(ジーティーオー)は、スタリオンの後継モデルとして1990年10月に発売されたスポーツクーペです。

北米市場向けのGTカーとして開発されたため、スポーツカーとしては珍しい全幅1,840mmの大きなボディや、直線道路で十分なパフォーマンスを発揮するトルクが特徴。※輸出モデルの車名は3000GT。

エンジンは、NA(225馬力)とツインターボ(280馬力)の2種類です。

「オール・ホイール・コントロール理念」をコンセプトにしたフルタイム4WDを採用している点もGTOの個性といえます。

4度ものマイナーチェンジ

三菱GTO(最終型)の外内装

最終型の外内装

1990年10月〜2001年3月の約11年に渡って販売していたGTOですが、その間に、ビッグマイナーチェンジと呼べる大型改良を4度も実施。

<前期型><中期型><後期型><最終型>の4つのモデルに分類されており、それぞれデザインが大きく変更されています。

新型GTOは次期フェアレディZの兄弟車として復活?

2016年、燃費不正問題が背中を押す形となり日産の傘下となった三菱自動車。

実質親会社となった日産には、長い歴史をもつ伝説的スポーツカー「フェアレディZ」が存在します。同車は現行登場からすでに10年経過。世代交代に向けてプロジェクトが始動済みです。

そして新型GTOは、次期フェアレディZの兄弟車として登場するのではないかと囁かれています。

日産・フェアレディZ

日産・フェアレディZ

スポーツカーの開発には一般のクルマよりもお金がかかります。しかも、昔みたいにバカスカ売れないので、費用回収もかなりハードルが高いです。そこで近年は、提携を結ぶメーカー同士で共同開発してコスト削減するケースが増えています。

例えば、スバル・BRZとトヨタ・86(ハチロク)。BMW・Z4とトヨタ・スープラなど。次期フェアレディZとGTOもこれらに続くというわけです。

シャシーは「FR-Lプラットフォーム」を採用予定。「FR」と名前に入っていますが、4WDにも対応しています。後輪駆動になる可能性が高いですが、旧型と同じく四輪駆動を継承してほしいところです。

関連 [予想画像3枚]日産 新型フェアレディZ 2020年フルモデルチェンジ最新情報!

次期GTOの予想デザイン

海外の自動車メディアで、新型GTOの予想CGが掲載されているのでご紹介します。

復活が噂される三菱GTOの次期新型予想CG(その1)

1枚目は2016年に報じられたもの。車高が極端に低く、流線で構成されたボディが特徴です。

とてもカッコいいですが、少しマツダの次世代デザインに似ているかな?

復活が噂される三菱GTOの次期新型予想CG(その2)

こちらはグレーのボディで硬派に決めたスタイル。フロントマスクは薄型のLEDヘッドライトが印象的です。なかなか現実的なイラストではないでしょうか。

一方、ボディサイドはガンダムばりのシルエット。レンダリングならではのお遊びでしょう。

復活が噂される三菱GTOの次期新型予想CG(その3)

赤い車体で描いている最新の予想イラスト。GTOのDNAを受け継いでいることが感じ取れるエクステリアです。大きく開いたフロントグリルやバンパーの造形がユニーク。

パワートレインはスポーツハイブリッドを搭載?

パワートレインは、3リッターV型6気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたスポーツハイブリッドを搭載すると予想。

最高馬力は400ps前後になると予想されています。

販売価格はいかほどか

往年のファンにとっては価格設定が気になるところでしょう。

旧GTOの販売価格は約300〜430万円でした。

次期GTOがフェアレディZと同じプラットフォームを採用することや、搭載するパワートレインのスペック予想などを鑑みると、最低でも350万円〜になりそうです。

発売時期はいつ?

2019年秋に量販モデルを世界初公開し、2020年発売と予想されています。

とはいえ、まだまだ噂の段階。しかも、信頼回復途中の三菱とゴーン会長の騒動で揺れる日産です。状況が状況なだけに非常に前途多難な道のりに思えますが、続報に期待したいところです。

ちなみに、同じ三菱のスポーツセダン「ランサーエボリューション(通称ランエボ)」にも復活の可能性が出てきています。

関連 三菱が『新型ランエボ11』の開発を検討か!復活の可能性やスペックを探る

どちらかだけ復活するのか、はたまた両方とも新型が登場するのか。楽しみに待ちましょう!

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る