ヒュンダイ高性能モデル「i20N」の発表は2020年前半か

この記事をシェアする

ヒュンダイのハッチバック車「i20」に、2020年前半、高性能モデル「i20N」が追加される予定です。

ニュルブルクを爆走中の開発車両をカメラが初めて捉えました。

果たしてどのようなモデルとなるのか、早速確認していきましょう。

ヒュンダイ高性能ブランド「N」とは

2015年秋に発表された「N」ブランドは、スポーツカーのノウハウが詰め込まれた、ヒュンダイ初の高性能ブランドです。

「N」という名前には、ヒュンダイの研究開発の拠点がある南陽と、開発後のテストの地ニュルブルクへの思いが込められています。

「N」ブランド第一弾は「i30」がベースに

2017年7月には、第一弾として「i30N」が発表されました。

i30Nは、「i30」の5ドアハッチバックをベースとして開発されていて、エクステリア、インテリアともに専用のスポーツ仕様が施されている。

また、パワートレインも、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDI」が採用され、最大出力250ps、最大トルク36kgmを持つ。

i30Nは発売後、すでにフォルクスワーゲンGolf GTIやフォードFocus、ルノーMeganeなどのホットハッチのライバルとして高く評価されています。

「N」ブランド第二弾は「i20」がベースとなるか

i30Nで成功を収めたヒュンダイはさらなる「N」ブランドの拡大を狙っています。

次のターゲットとなるのは、2016年に世界累計販売台数100万台を達成し、今なお人気を誇る「i20」。

現行のi20は、2014年に登場した2代目モデル。2018年4月には、フェイスリフトが施されました。

「i20N」もこのフェイスリフト後のi20モデルがベースとなります。

2021年には次期型の3代目へと移行するとも言われており、i20のNモデルの発表は近く、2020年前半にも発表される可能性が高いようです。

ヒュンダイ「i20N」のテストカーをスクープ

ニュルブルクを走る開発車両「i20N」をカメラが捉えました。

プロトタイプから、車のスピードに重点を置いた仕様になっていることが伺えます。

車高は下げられ、足元には強化されたブレーキ、そしてそれを覆うタイヤには215/40 R18のPirelli P-Zeroタイヤが使用されています。

また、強力なターボエンジンを匂わせるデュアルエキゾーストパイプも備えています。

フロントバンパーに目を向けると、インタークーラーが後ろに絞られているように見えます。これは、ボンネット下でエンジンの大幅なパワーアップが行われたことを示しています。

6速MTを装備か

i30Nを継承し、シフトノブにはスポーツカーらしく「6速マニュアルトランスミッション」が装備されていることも判明しています。

1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDI」エンジン搭載か

パワートレインには、1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDI」エンジンを搭載される可能性が非常に高いです。

i20Nのライバルとなる「GRヤリス(日本名:ヴィッツ)」も最近ニュルブルクでのテストカーのスクープが話題となりました。

同車は、1.6リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力250psと言われています。

関連 新型ヤリスGR SPORT/GRMN最新情報!スクープ画像を大公開!

他にも、フォルクスワーゲンPolo GTIやフォードFiesta STなどのライバルと戦っていくためには200ps以上のパワーが必要不可欠となりそうです。

「i20N」発表は2020年前半か

冒頭にも述べた通り、i20高性能モデル「i20N」の発表は2020年前半と予想されています。

「N」ブランドを拡大したいヒュンダイは、第二弾に「i20」、第三弾に「Tucson」を高性能化するとも言われています。

ホットSUVとなるTucsonのNモデルは、最大馬力300bhp以上を持ち、ヨーロッパでCupra Atecaと競い合うことが期待されている。

まとめ

  • 2020年前半に、i20高性能モデル「i20N」が発表される予定
  • 1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDI」エンジンが搭載されると予想されている
  • ライバル車であるGRヤリス、フォルクスワーゲンPolo GTI、フォードFiesta STと競うには最低でも200ps以上のパワーを持つと期待されている

i30Nに続く高性能ブランド「N」の拡大。モータースポーツ界でもそのさらなる進化が期待されています。2020年以降の発表が気になりますね。

<あなたにおすすすめ>

詳細 アストンマーティンの新型DBX。2019年冬公開に先立つ最新情報!

関連 【新車情報】スクープ&予想!2019-2020カレンダー

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る