インプレッサ STIスポーツの発売日は2019年11月!価格や専用装備をチェック

この記事をシェアする

インプレッサ STIスポーツの発売日や価格

今年1月に開催された東京オートサロンで、『インプレッサ STIスポーツ』のコンセプトが出展されました。

市販化を前提としており、発売日は2019年11月となる見通しです。

多くの写真を見ながら専用装備をチェックしましょう。価格も予想します!

『インプレッサ STIスポーツ』がシリーズ第4弾として登場

STIスポーツ(STI SPORT)は、スバルとSTI(スバルテクニカインターナショナル)が共同で手がけるスポーツチューングレード。

現在はレヴォーグ、BRZ、WRX S4の3車種にラインナップしています。

そして第4弾は、スバルの中核をなすインプレッサに設定されます。

東京オートサロンで公開した「インプレッサSTIコンセプト」は、ハッチバックの「インプレッサスポーツ2.0i-Sアイサイト」がベース。

市販化をみすえた高い完成度から多くの注目を集めました。

発売時期は2019年11月と予想。インプレッサのマイナーチェンジと同じタイミングでデビューする見込みです。

インプレッサ STIスポーツの専用エクステリア

インプレッサSTIスポーツのデザイン

ボディがホワイト、ルーフがブラックの2トーン。サイドミラーやホイールも黒で統一してバッチリ決まっています。

グリルやセンターキャップなどに装着する赤色のSTIゴロがまた映えますね。

既存車にもアクセサリーとしてSTIスポーツパーツが売られていますが、それらをメインとしながらコンプリートモデル専用の装備・デザインを与えています。

ヘッドライトはもちろんホークアイLEDイルミネーションランプ。

▼外装の専用装備

  • フロントグリル(STIロゴ付き)
  • フロント/サイド/リヤアンダースポイラー
  • リヤルーフスポイラー
  • 中央二本出しマフラー
  • 18インチアルミホイール(艶ありブラック塗装)など

ボディカラーに新色&専用色を設定

インプレッサSTIスポーツのジェットホワイト

コンセプトモデルは「ジェットホワイト」という新色を採用。

従来のパール系やソリッド系とはまた雰囲気が異なり、真っ白で強い輝きを放っています。

ショーでお披露目したからには市販モデルにも設定するはず。かなり人気になりそう!

WRブルーパール

WRブルーパール(画像はレヴォーグ)

また、STIスポーツ限定色の「WRブルーパール」が用意されるでしょう。

スバルといえばこの青ですよね!

専用インテリアをチェック

インプレッサSTIスポーツの室内

インテリアカラーは明るめのレッドを選択。ステアリング、スタートスイッチ、シート、ドアトリム等にバランスよく配色しています。

ちなみに、他モデルのSTIスポーツはボルドーを採用してシックな装いです。ガラッと印象を変えてきたのは驚きでした。個人的にはスポーツ感MAXの新色が好みです。

座席の赤の部分には、デザインテーマのヘキサゴン柄が取り入れられています。

エンジンは2.0リッター水平対向を搭載

インプレッサは先代モデルから大幅改良されたエンジンを搭載。

水平対向4気筒の1.6L[FB16型]と2.0L[FB20型]を設定しています。

STIスポーツには、コンセプトに搭載していた2.0Lを搭載します。

パワートレーンは既存モデルと同等の装備・スペックとなる見込み。

駆動方式はAWD(常時全輪駆動)、トランスミッションはリニアトロニック。

2.0i-S EyeSight
エンジン:2.0ℓ DOHC 直噴
最高出力:113kW(154PS)/6000rpm
JC08モード燃費:15.8km/L(AWD)

足回りも当然STIチューン!

STIチューニングの専用サスペンションやパフォーマンスダンパーを装着します。

  • ビルシュタイン製フロントストラット(ダンプマチックⅡ)&コイルスプリング
  • ビルシュタイン製リヤダンパー&コイルスプリング

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)採用車では初のSTIスポーツなので、高次元の走行性能に期待です。

より強靭でしなやかな走りを発揮するフレキシブタワーバーとフレキシブルドロースティフナー(フロント)はオプションか。

SGPについて

現行インプレッサから投入され、フォレスター等の新型車に順次採用しています。

一番の特徴は高い安全性。従来プラットフォームに比べて車体のねじり剛性は1.7~2倍、衝突エネルギー吸収率が1.4倍向上しており、世界トップクラスの衝突安全性能を誇ります。

また、剛性化とともに軽量化、低重心化(重心高は従来比5mmダウン)、室内空間の拡大など多くのメリットがあり、他にも、ステアリング操作に無駄な挙動がなく路面に吸い付くように「まっすぐ走る」、ステアリング、シート、フロアの振動を低減して「不快な振動や騒音を防ぐ」、車体の揺れを50%減小させて「より快適な乗り心地」といった高いパフォーマンスを可能にしています。

インプレッサ STIスポーツの価格

レヴォーグの価格を参考にすると、ベース車の2.0GT-Sが361万円、STIスポーツが405万円。

その差は44万円。インプレッサも同じくらいの差額と想定されます。

ベース車の2.0i-S EyeSight 4WDが261万円なので、インプレッサSTIスポーツは305万円前後になるでしょう。

<あわせて見てね>

スバルを代表する人気車種『インプレッサ G4』と『インプレッサ スポーツ』が、2019年11月にマイナーチェンジを予定しています。 内...
スバルのスポーツセダンといえば、『WRX S4』とさらにハードな構成の『WRX STI』。 ともに設計の古さが目立ってきた現状ですが、...
スバルの人気ステーションワゴン『レヴォーグ』が2020年にフルモデルチェンジ予定。 昨年3月には次期型を示唆するコンセプトカーを発表す...
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る