ホンダ新型ジェイド 2018年春マイナーチェンジ!2列シート5人乗り設定

◆この記事をシェアする

ホンダの6人乗りロールーフミニバン「ジェイド」が、マイナーチェンジされる予定です。

ソリッドウィングフェィスとジュエルアイLEDの導入で、見た目はさらにスタイリッシュに。また、2列シート5人乗りモデルがいよいよ日本でも発売される見通しとなっています。

パワートレインや安全装備、気になる価格まで、詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

ジェイドとはどんなクルマ?

ホンダ・現行ジェイド

現行ジェイド

ホンダ「ジェイド (JADE)」は、中国を主なターゲットに据えて開発されたミニバンです。2013年に中国で発売されたのち、2015年には日本と香港での販売がスタートしました。

日本国内でのラインナップは当初ハイブリッドモデルのみでしたが、1.5Lターボエンジンを積んだ「RS」モデルが追加され、現在は「HYBRID」「HYBRID X」「RS」の3グレードが展開されています。

国内仕様のジェイドは6人乗り3列シートの3ナンバー車で、全長4,650mm×全幅1,775mmのゆったりとしたボディサイズですが、特筆すべきはその背の低さです。

他のミニバンの多くが、機械式立体駐車場で多く見られる「1,550mm制限」を超える高さで作られている中で、ジェイドの全高1,530mmというのは大きな特長となっています。

前身のホンダ「ストリーム」が2014年に終了し、全高が低かった前バージョンの「オデッセイ」は2013年のモデルチェンジで1,685mmの高さへ大型化。ライバルのトヨタ「ウィッシュ」も全高1,590mmとなっており、いまやジェイドの低全高ミニバンというコンセプトは貴重なものとなりました。

新型ジェイド 最新マイナーチェンジ情報

エクステリア

新型ジェイド(中国仕様)

中国では、ジェイドのマイナーチェンジが2016年におこなわれました。

日本で発売になる新型ジェイドは、現在中国で販売されているジェイドとほぼ同じデザインになると考えられますので、ここでは日本の現行モデルと中国の新型ジェイドを比較してみたいと思います。

ソリッドウィングフェイスを導入

現行ジェイドのフロントマスク

現行ジェイド

新型ジェイド(中国仕様)のフロントマスク

新型ジェイド(中国仕様)

新型ジェイドのフロントマスクには「ソリッドウィングフェイス(Solid Wing Face)」が採用されています。

ホンダのグローバル戦略として導入が進められているソリッドウィングフェイスは、世界市場におけるホンダのブランド価値を高めるための共通デザインコンセプトです。

グリルとヘッドライトはひと続きになり、まるで翼を広げたかのようなシルバーのラインが、力強く精悍な印象を与えていますね。

またフロントバンパーも、グリルやフォグランプ周りが以前よりエッジの利いたフォルムに変更されて、力強さが強調されました。フォグランプ自体も横長デザインとなってシャープさを増しています。

ジュエルアイLED採用

新型ジェイドのジュエルアイ

新しくなったジェイドには、キラキラとまばゆい光を放つジュエルアイLEDが採用されました。

ジュエルアイLEDは、複数並べられたLEDから複雑な反射が生み出されるように作られており、その効果によって、点灯時以外でも周囲の光を反射してきらびやかな表情を見せてくれます。

2017年9月に新型が発売された「ステップワゴン」や、2017年11月のマイナーチェンジが予定されている「オデッセイ」にも導入されており好評です。

マフラーはバンパーと一体化

現行ジェイドのリアデザイン

現行ジェイド

新型ジェイド(中国仕様)のリアデザイン

新型ジェイド(中国仕様)

次にリアのデザインを比べてみますと、最も変わったのはバンパー下部です。左右に2つ配置されたマフラーは、スポーティーなスタイルのバンパーと一体化した上、シルバー加飾がほどこされており、高級感が大幅にアップしています。

ナンバープレートの下から左右テールランプへ繋がるシルバーメッキのラインは、現行のデザインから引き継がれていますが、新しいマフラーとの相乗効果でかっこよさが倍増していますね。

インテリア

現行ジェイドのインテリア

現行モデルのインテリア

こちらは現行モデル国内仕様の内装写真です。ジェイドの内装には木目パネルが多く使われ、とても上品な仕上がりとなっています。

シートには、汚れやしわに強くしっとりとした質感が特徴のプライムスムースが使用されていて、視覚のみならず肌触りでも空間の上質さを感じることができます。

2列目座席には左右が独立した肘掛けつきのキャプテンシートを採用。

V字スライドという機構により、左右の座席それぞれが斜め内側に向かって後退するので、後輪のホイールハウスにぶつからずスライドすることができます。約170mmのロングスライドで足元もゆったり。長時間のドライブも快適に過ごせますね。

新型ジェイドの内装も、現行モデルのコンセプトをそのまま引き継いだものになりそうです。

5人乗りモデルが追加

今回のモデルチェンジに伴って、5人乗り2列シートモデルが登場する見込みです。

国内ではこれまで、6人乗り3列シートのみの販売でしたが、中国では発売当初から5人乗り2列シートのワゴンスタイルがラインナップされていました。

ここでは中国ですでに流通している新型ジェイドの6人乗りと5人乗りの室内空間を見てみましょう。

6人乗り3列シートイメージ

6人乗り3列シートイメージ

5人乗り2列シートイメージ

5人乗り2列シートイメージ

2列目のシートがベンチシートになり、3人並んで乗車できるようになっていますね。若干前後の座席間隔が延びている感じもします。

ジェイドユーザーの中には普段2列メインで使っている人も多く、これまでのレイアウトだと2列使用では4人までしか乗れないという不便さがありました。

そこで、3列目部分をラゲッジスペースとし、2列目をベンチシートに変更することで、6人乗車可能という条件を捨てる代わりに「いつでも5人乗れる」という利便性が手に入ることになりますね。

また、国内でのジェイドの売れ行きにブレーキをかけていた要因として「価格の高さ」が挙げられていますが、今回、5人乗りレイアウトを追加することでエントリーモデルの価格を引き下げる狙いがあると考えられています。

新型ジェイドのパワートレインは

現在国内で販売されているラインナップは「ハイブリッド」「ハイブリッドX」「RS」の3種類ですが、これはこのまま引き継がれると予想されています。

ハイブリッド車には1.5L直4DOHC+モーターの「SPORT HYBRID i-DCD」を採用しており、その魅力は2L並みのパワフルな走りと7速DCTによるスムーズな加速です。

RSグレードには1.5L直4DOHCターボエンジンを搭載。この「VTEC TURBO」と呼ばれるエンジンは2.4Lに匹敵するトルクを持ち、強い加速が持ち味となっています。またパドルシフトを自在に操ることでMT車感覚の走りを楽しめます。

現行の燃費はハイブリッドで25.0km/L、ターボモデルで18.0km/Lです。ミニバンの中ではかなり高い燃費性能を誇っていますから、改良されなくとも充分だという見方もできますね。

今回のモデルチェンジで、中国で販売されている1.8Lガソリンエンジンが追加されるという噂もありますが、国内での需要を考えると、追加の可能性は低いと思われます。

ホンダセンシングは機能を拡充か

ホンダセンシングイメージ

現行モデルでハイブリッドXに標準装備されている安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が、全車標準装備される見通しです。

また次期ジェイドには、ホンダセンシングの機能をグレードアップして搭載すると予想されますので、詳しく見ていきたいと思います。

現在、ジェイドに装備されている安全機能は以下の通りです。

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • ACC 〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

これに対して新型ステップワゴンと新型オデッセイには、歩行者に近づき過ぎた時に避けるサポートをする「歩行者事故低減ステアリング」が装備され、ハイブリッド車のクルーズ・コントロールには全車速域(0~100km/h)で機能する「渋滞追従機能」が追加されています。

このように安全装備の充実は一般的なこととなっていますから、新型ジェイドにも同様の機能追加が図られるだろうと予想できます。

新型ジェイドの気になる価格は

5人乗りガソリン仕様の価格は、240万円程度からと予想します。

ちなみに、現行ジェイド(6人乗り)の価格は

RS 253万円~
ハイブリッド 272万円~
ハイブリッドX
(ホンダセンシング付き)
292万円~

となっています。

6人乗りに関しては従来どおり、ホンダセンシングが追加されても価格はほぼ据え置かれるでしょう。従来の価格の高さが販売台数の伸び悩みの原因のひとつでもあるわけですから、値上げしてくるというのは考えにくいですよね。

そして新たにラインナップされる5人乗りは、6人乗り仕様からマイナス10万円の243万円から。キリの良いところで240万円と、期待も込めた予想にしておきましょう。価格の面でも使い勝手の面でも、ユーザーの選択肢が広がることになりそうです。

新型ジェイドの発売日はいつ?

次期ジェイドの国内発売は、現時点では2018年5月が予想されています。

今後新たな情報が入りましたら、随時お届けします。

スポンサーリンク



◆この記事をシェアする

ホンダ新型ジェイド 2018年春マイナーチェンジ!2列シート5人乗り設定
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪