スズキ新型ジムニー/シエラを大解剖!フルモデルチェンジ2018年7月5日発売 カラーや価格は

この記事をシェアする

新型ジムニー/ジムニーシエラ

本格的な4WD軽自動車として国内外で人気のスズキ『ジムニー』が、20年ぶりにフルモデルチェンジ!

普通自動車版の『ジムニーシエラ』も同時にデビューします。

ティザーサイトも公開され、発売日も2018年7月5日(木)で確定。

本記事では、流出したカタログ画像などをご紹介しながら、新型ジムニー/シエラがどのような進化を遂げるのか詳しくお伝えしています。

【最新情報】新型ジムニー/シエラの先行情報サイトが公開!

スズキは2018年6月18日、新型ジムニー/ジムニーシエラの先行情報サイトをオープンしました。

これまで当サイトでは、市販モデルやカタログ等のスクープをお伝えしてきましたが、ついにスズキから正式発表されました。

先行サイトでは、世界を踏破してきたジムニーの歴史を振り返るとともに、グレード毎の主要装備、ボディカラー、安全システム等について触れられています。

ついにフルモデルチェンジした”市販型ジムニー”をキャッチ

フルモデルチェンジした”市販型ジムニー”

ビビットなイエローで身を包んだ新型ジムニーの姿が捉えられました。

デザイン的に一番人気が高かった2代目ジムニーに似た”カクカク”のスクエアボディ。ベンツ・Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)をそのまま小さくしたようなフォルムです。

丸型のヘッドライトやフロントグリルの縦型ルーバーを踏襲し、シンプルで硬派なスタイリング。スズキはお客様が何を求めているか分かっていますね。これは間違いなく売れるだろうな〜。

ドアミラー手前のウエストラインが少し下方にくぼんでいます。

これは側方の視界を確保するため。

いろんなカラーの新型ジムニーがビッシリ並んでいます。

ルーフはすべて白。

新型ジムニー/シエラのカタログ画像が流出、カラーなど詳細判明

新型ジムニー/シエラのカタログ

Twitter等のSNSにカタログ画像が流出。

ボディカラーやグレード構成、価格なども判明しています。

このあと、それぞれ詳しくご紹介していきます。

新型ジムニー/シエラのボディカラー

ジムニー(全13色)

新型ジムニーのボディカラー

●2トーンルーフ

  • キネティックイエロー/ブラック2トーンルーフ(DG5)
  • シフォンアイボリーメタリック/ブラック2トーンルーフ(2BW)
  • ブリスクブルーメタリック/ブラック2トーンルーフ(CZW)

●ブラックトップ2トーン(受注生産)

  • キネティックイエロー/ブラックトップ2トーン(DHG)

●モノトーン

  • キネティックイエロー(ZZB)
  • シフォンアイボリーメタリック(ZVG)
  • ブリスクブルーメタリック(ZWY)
  • ミディアムグレー(ZVL)
  • ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)
  • ジャングルグリーン(ZZC)
  • シルキーシルバーメタリック(Z2S)
  • ピュアホワイトパール(ZVR)
  • スペリアホワイト(26U)

※XCのみ2トーン設定可能。 価格はブラックトップが税込み43,200円、ブラックトップ2トーンが税込み64,800円

ジムニーシエラ(全12色)

新型ジムニーシエラのボディカラー

基本的に軽ジムニーと同じですが、ブラックトップ2トーンは無し。

質実剛健で機能性もバッチリの室内空間

新型ジムニーのインパネ周りと室内空間

新型のインパネ周りと室内空間

現行ジムニーのインパネ周り

[参考]現行のインパネ周り

インテリアも必要最低限で質実剛健なデザインとなっています。

インパネ周りは現行モデルよりも直線的で無骨な造形となっており、2世代くらい前の車かと思うようなレトロな雰囲気。男心をくすぐりまくりです。

中央に大型モニターが装備されていますが、モニターの周りを2センチはあろうかという太い枠で囲うことで、あえて先進性を感じさせない工夫をこらしています。

新型のカタログより

新型のカタログより

後部座席や助手席シートを倒すとフラット(ほぼフル?)になります。

カタログ画像では脚立を積んでいますね。また、汚れものなどを積んでも大丈夫な素材を採用しているようです。

仕事だけでなく、スノボーや釣り、キャンプなどのアウトドア、最近流行りの車中泊などにもってこいですね。

後席ウィンドウの室内側の窓枠がボディと同色なのも”道具感”を演出していて粋。

[ちょっと一休み]これまでのスクープ画像を振り返り

①スズキの関係者向け資料と思われる新型ジムニーのイラスト

次期ジムニーの4つのボディカラー

ルーフだけでなく、フェンダーやボンネットまで塗り分けされている2トーンカラーが斬新。

市販モデルでは、ルーフとボンネットがブラック塗装された「ブラックトップ2トーン」が設定されています。

②実車に近いイメージでカラーリングされた予想レンダリング

新型ジムニーのレンダリング(レッド)

残念ながら赤系カラーはラインナップされず。

ブラック塗装したフェンダーが似合っています。

③ヨーロッパの公道を走るテスト車両

ボディと連動してフロント・サイド・リアのガラスも長方形でほぼフラット。

ジムニー愛好家のみならず多くのクルマ好きに衝撃を与えました。

④ついに工場で”本物”が撮影された

工場で撮影された次期ジムニー(フロント)

内部の方のリークだと思われますが、その姿がばっちり確認できます。

サイズ感やフェンダーの盛り上がり具合から、シエラではなく軽自動車のジムニーでしょう。

ハスラーとのキャラ分けもばっちり

スズキ・ハスラー

2014年1月、スズキからクロスオーバーSUV軽自動車「ハスラー」が発売され、ポップなデザインや乗用車ライクなSUV性能が評価を得てこちらも人気となっています。

そのため次期ジムニーではしっかり差別化するだろうと思っていましたが、お伝えのとおり予想以上にオフローダー色を全面に出した無骨な装いで登場します。

フルモデルチェンジで伝統のラダーフレームもアップグレード

継承される伝統のメカニズム

新型ジムニーにも、はしご状のラダーフレームが踏襲されます。

モノコックボディ(ボディとシャシが一体となった構造のこと)が主流となるなか、伝統のラダーフレーム、そしてエンジン縦置きFRレイアウトを採用。

従来モデルと同じラダーフレームをベースにしながらも、剛性UPや軽量化などの改良がおこなわれ、飛躍的にパフォーマンスが向上すると思われます。

新型ジムニー/シエラのパワートレイン・足回り

ハスラーやワゴンRと同じ、0.66Lの「R06A直列3気筒ターボエンジン」を採用。「S-エネチャージ(マイルドハイブリッド)」は搭載されず。

駆動方式は副変速機付きパートタイム4WD。

トランスミッションはトルコン式4ATと5MTを採用する見込み。今どき4AT?と残念がる人も多いと思いますが、新興国でのメンテナンス性に配慮してとのこと。チープさを逆に楽しみましょう。

足回りには3リンクリジットサスペンションを採用。下り坂で速度を維持するヒルディセントコントロールや、坂道発進をサポートするヒルホールドコントロールなどの装備を追加する予定です。

なおシエラは1.5Lエンジンを搭載。

燃費性能は、最近導入されたWLTCモード(実燃費に近い)で掲載されます。詳細が判明したらお伝えします。

デュアルセンサーブレーキサポート搭載で安全性大幅UP

次期ジムニーには、最新の衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されます。

フロントガラス上部に装着する[単眼カメラ]と[レーザーレーダー]で近距離〜長距離の検知をカバー。クルマだけでなく歩行者も認識し、万一の危険の際には、ドライバーへの警報や自動ブレーキ等で衝突回避や被害軽減をアシストしてくれます。

また、新型スペーシアで軽初採用された「後退時ブレーキサポート」が装備される他、先進の安全システムが多数搭載されます。

搭載が予想される予防安全技術一覧
安全システム 内容
デュアルセンサーブレーキサポート 人にも対応する衝突被害軽減ブレーキ
後退時ブレーキサポート ※1 駐車場などで後方の衝突回避をサポート
誤発進抑制機能 踏み間違いによる急発進・衝突を回避
後方誤発進抑制機能 シフト入れまちがいによる急な後退を防ぐ
車線逸脱警報機能 不注意による車線はみ出しを予防
ふらつき警報機能 眠気などによるふらつきを予防
標識認識機能 進入禁止をドライバーにお知らせ
先行車発進お知らせ機能 うっかり出遅れをブザー音などでお知らせ
ハイビームアシスト ハイ / ロービームを自動で切り替え
全方位モニター用カメラ ※2 車の周囲を立体的に表示する3Dビュー対応
ヘッドアップディスプレイ ※3 走行情報などをフロントガラスに投影
※1,2,3:2017年12月に全面改良した新型スペーシアで軽自動車初採用
※2,3:全方位モニター用カメラパッケージを要装着(スペーシアの場合)

先代ジムニーは20年選手だったので当然といえば当然ですが、前時代的な安全装備しかありませんでした。新型では飛躍的に安全性能が向上します。

新型ジムニーのグレード・装備・販売価格

ジムニー

新型ジムニーのグレード・価格
グレード 価格(税込み)
4AT 5MT
XG 1,555,200円 1,458,000円
XL 1,679,400円 1,582,200円
XC 1,841,400円 1,744,200円

現行モデルは129万円〜だったので、25万円ほど底上げされています。

グレードXG

新型ジムニーXGグレード

【主要装備】
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • SRSカーテンエアバッグ
  • フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
  • エアコン
  • フロント2スピーカー
  • 16インチスチールホイール など

※デュアルセンサーブレーキサポートを追加装備可(税込み42,120円)

グレードXL

新型ジムニーXLグレード

【主要装備】※XGに追加
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • フルオートエアコン
  • キーレスプッシュスタートシステム
  • 電動格納式リモコンドアミラー
  • スモークガラス など

※デュアルセンサーブレーキサポートを追加装備可(税込み42,120円)

グレードXC

新型ジムニーXCグレード

【主要装備】※XLに追加
  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • LEDヘッドランプ
  • ハイビームアシスト
  • ヘッドランプウォッシャー
  • クルーズコントロールシステム
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • 16インチアルミホイール
  • シートヒーター など

ジムニーシエラ

新型ジムニーシエラ
グレード 価格(税込み)
AT MT
JL(XL相当) 1,857,600円 1,760,400円
JC(XC相当) 2,019,600円 1,922,400円

シエラはグレード2つのみ。

グレードJL

新型ジムニーシエラJLグレード

【主要装備】
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • フルオートエアコン
  • キーレスプッシュスタートシステム
  • 電動格納式リモコンドアミラー
  • スモークガラス
  • 15インチスチールホイール など

※デュアルセンサーブレーキサポートを追加装備可(税込み42,120円)

グレードJC

新型ジムニーシエラJCグレード

【主要装備】※JLに追加
  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • LEDヘッドランプ
  • ハイビームアシスト
  • ヘッドランプウォッシャー
  • クルーズコントロールシステム
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • 15インチアルミホイール 
  • シートヒーター など

発売日・予約受付・納期の最新情報

冒頭でもお伝えしたとおり発売日は2018年7月5日(木)

6月18日(水)に予約受け付けを開始しており、簡易カタログの配布もおこなっています。

納期については、初期生産台数が少ないという噂があり、契約が遅れるとかなり待つことになりそう。

20年ぶりの刷新ということや新型の出来をみると申し込みが殺到する気がするので、購入を考えている人は早めに相談したほうがよいでしょう。

【こちらもおすすめ】

スズキ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2018-2020】

スズキ新型ハスラー最新予想!次のマイナーチェンジ時期は2018年?内容は?

スズキから新型車XBEE(クロスビー)が登場。注目の新ジャンルワゴンを徹底解説!

ベンツ新型Gクラス情報!外内装画像・サイズ・日本発売日(海外は2018年5月)など

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る