新型ジムニーにピックアップトラック!?予想イラスト見てたら欲しくなっちゃう…

この記事をシェアする

ジムニー・ピックアップ

ま、ま、まさか、ジムニーにピックアップトラック!?

いろんなクルマの予想イラストを製作するハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」が、新型ジムニーの派生モデルをCGで再現。

5ドア仕様やオープン仕様と同時に、ピックアップまで違和感無しに予想しているんです!

20年ぶりに全面刷新したスズキ・ジムニー(JB64型)とジムニーシエラ(JB74型)。 発売直後から飛ぶように売れています。 ...
20年ぶりの全面刷新を受け、記録的な売れ行きとなっている新型ジムニー。 この盛況ぶりと本格オフローダーという性質から、派生モデルの登場...

ジムニー・ピックアップトラックの予想イラスト

ジムニー・ピックアップトラックの予想イラスト

こちらがそのイラスト。

海外で展開するジムニーシエラがベースになっています。

レッド×ブラックルーフのボディにめちゃくちゃマッチしています。

ただ、荷台部分の長さがかなり短い…。長尺物を載っけるのは厳しいです。

歴代モデルでは輸出向けにホイールベースを延長して売っていた時期もありましたが(このあとご紹介)、やはり延長しないと実用的ではないですね。

正直言うと、お遊び系の予想イラストです。派生モデルとして登場する可能性は限りなく低いでしょう…。

実は過去にピックアップ仕様が存在した!

2代目のジムニー1000のときに「SJ40T」としてピックアップを販売していました。

もちろんスズキ純正。日本国内での販売台数はなんと321台だけというウルトラ希少車!

後席以降をばっさり切り落とし、キャリイトラックの荷台を載せるという強行策をとっています。(上の動画を見てもらえれば良く分かります)

だったら軽トラでいいじゃんと思ってはいけません。人間もクルマも中身が大事!ラダーフレームによる踏破性がジムニーの良いところだからです。

シエラであれば国内でも規制や規格をクリアできますが、開発・製造コストを回収するのはやっぱり困難だと思います。でも、もし出たら盛り上がるだろうなあ。

諦めるのは早い!改造でジムニーをピックアップ化

ジムニーをピックアップ化に改造

いつの時代も、無かったら作っちゃえ!精神の人がいるものです。

外板をぶった切ってピックアップ化する様子を綴っているブログが結構あります。2代目が多いですが、先代のJB23もちらほら。

FRPでの成形や補強などかなり根気のいる作業が必要なようですね

お金に余裕があって、信頼できるカスタマイズ業者が見つかったらチャレンジするのもありかも。納期1年とか言ってるこのタイミングでピックアップ化したら、猛者中の猛者として英雄視されるのは間違いありませんよ笑。

ちなみに、カーセンサーを見てみたらピックアップカスタムしてる車両が数台掲載されてました。(例:平成4年 JA11型 本体価格118万円)

【ジムニーのおすすめ情報】

新ジムニー/シエラに4ドア(5ドア)のロング仕様が出る?真相はいかに

新型ジムニーにオープン(カブリオレ)は登場する!?イメージ画像も掲載!

新型ジムニーの口コミ・レビュー|唯一無二の個性派を全方位チェック

新型ジムニー/ジムニーシエラの納期状況【2018年11月最新】

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る