【 ジムニーシエラ】10の燃費向上策と実燃費をライバル比較した結果発表

この記事をシェアする

他のクルマでは代用が効かない唯一無二の存在、ジムニーシエラ。オーナーになるに当たり、燃費を考慮した人は極めて少数と思われます。しかし、ガソリン代は維持費の中で大きなウェイトを占めるのも事実。

そこで、楽しさをスポイルすること無く燃費を向上させる10個の工夫の紹介と、ジムニーシエラ実燃費調査およびライバル比較もしてみました。さて、結果はいかに? 

ジムニーシエラの実燃費は約13km/L・年間ガソリン代10万円強(月間約9,000円)

当サイト独自の調査によると、下の表のとおり、ジムニーシエラの実燃費はATで12.9km/L、MTで13.4km/Lとなりました。

↓ 表は横にスクロールできます

 実燃費年間ガソリン代差額
4速オートマチック(4AT)12.9km/L10万7,751円
5速マニュアル(5MT)13.4km/L10万3,731円4,020円安い

年間ガソリン代試算の前提

  • 年間走行距離1万km(全国の平均的なユーザーの走行距離)
  • ガソリン1リットル139円(執筆時点での全国平均を適用)

試算によると、年間のガソリン代はAT、MTとも10万円台(1ヶ月あたり約9,000円)。思ったよりATとMTの差が大きくないと思ったのは私だけでしょうか?

10のカンタン燃費向上メニューからあなたに合うものをチョイスしよう

まず始めに、燃費を良くする方法をご紹介しましょう。燃費向上のキモはズバリ軽量化と空気抵抗などの低減。これに尽きます。

今回は、手軽に燃費向上の効果が現れる10の方法をピックアップしますので、この中からあなたに合ったメニューを取り入れていただくだけでOKです。

10の燃費向上メニューまとめ
    1. 市街地では高めのエンジン回転数で走る
    2. タイヤの空気圧を適正値に保つ
    3. タイヤに窒素ガスを充填する
    4. スペアタイヤを外す
    5. 不要な荷物は降ろす
    6. 空気の抵抗と乱れを最小限にする
    7. アクセルワークはマイルドに
    8. 下り坂ではエンジンブレーキを使う
    9. 高速道路は80km/hをキープ
    10. リエゾンとSSを使い分ける
    11. 番外編〜ハードな燃費向上策〜
 
では、1つずつ確認してみましょう。

その1 : 市街地では少し高めのエンジン回転数で走る(MT限定)

まずは最も意外で最も実用的な方法をご紹介。ジムニーシエラは、街乗りだと少し高めのエンジン回転数で走行した方が燃費が伸びます。

これは、2,000回転あたりでトルクの谷が発生すると言われていることが原因だと思われます。具体的には、最も静かに走れるエンジン回転域より、少し高めの回転域で走ること。

ただし、この方法が使えるのはマニュアルタイプ限定となりますので、ご注意ください。

その2: タイヤの空気圧を適正に保つ

タイヤの空気圧は、低すぎると接地面積が大きくなって、燃費低下にダイレクトに影響します。しかも、スタンディングウェーブ現象の原因にもなり、突然タイヤがバーストして大事故にもなりかねない危険な状態です。

スタンディングウェーブ現象の実験動画をどうぞ ↓

逆に、空気圧が高すぎても、乗り心地の悪化、タイヤのグリップ力低下そしてパンクやバーストの原因となります。

タイヤの空気圧が高ければ接地面積が減るので燃費は向上しますが、命を危険にさらしてまで燃費にこだわる理由はどこにもありません。適正なタイヤ空気圧を保って、燃費と安全の両方を損なわないようにしましょう。

その3: タイヤにチッ素ガスを充填する

通常、タイヤには空気を入れますが、空気の代わりにチッ素ガスを充填すると、燃費が向上します。その理由は、チッ素は空気に比べてゴムを通過しにくく、結果としてタイヤの空気が抜けにくいからなのです。

パンクしてないのに、いつの間にかタイヤの空気圧って低下しますよね。あれは、時間とともに空気がゴムを通過して抜けて行くからです。チッ素ガスは空気に比べてゴムを通過しにくく、適正な空気圧をより長期間にわたり維持できるので、燃費がよくなる上にエコで安全な走行が可能です。

そのほか、チッ素にはタイヤ劣化防止、ノイズ低減、燃えにくいというメリットがあります。デメリットはチッ素自体が有料なこと。タイヤショップやカー用品店などで、タイヤ1本500円くらいからとなります。(値段は店舗によって異なります)

その4: スペアタイヤを外す

ジムニーシエラのスペアタイヤを外すと、20kg弱の軽量化が図れます。これは、18リットルの灯油缶1缶より重い重量です。スポーツ業界では、莫大な資金を注ぎ込んでグラム単位の軽量化に取り組んでるように、重量を軽くすることはパフォーマンス(=燃費)向上に最も効率的な方法です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@suzuki_jb64wがシェアした投稿

タイヤ1個の軽量化で得られる燃費の改善はわずかかも知れませんが、効果があるのは確実です。ちなみに、JCグレードのAT仕様で燃費が、カタログ値(WLTCモード)と同じ13.6km/ℓを実現したレポートがありました。

より実用に近いWLTCモードとはいえ、カタログ値と同じ燃費ってすごくないですか? 通常はカタログ値を下回るのが普通なのに。スペアタイヤを外すの、効果あり!ですね。

また、スペアタイヤを外すのに抵抗があるなら、ホイールの軽量化と高性能タイヤで燃費を稼ぐという手もあります。そんなあなたにぴったりの記事がこちら。 ↓

関連 ジムニー注目のホイールはlittleGおすすめのタイヤはこれ!

その5 : 不要な荷物は降ろす

ジムニーシエラ乗りは荷物を積みっぱなしにしがちですよね? 使い方によってアタックツールやキャンプ用品、釣具など。積んでる荷物は違えど、理由は一つ。

ドライブ中に面白そうなポイントを見つけると、ついチャレンジしたくなっちゃいますよね? 分かります。その気持ち。実は私も、ザックやフィールドシューズをクルマに積んだままにしてます。

でも、車の重量が重くなればなるほど燃費が悪くなるのも事実。ここは思い切ってツールを絞り込むか、使う可能性がゼロな場合は荷物を降ろしちゃいましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A-STYLE CO.,LTD.さん(@a_style.co.ltd)がシェアした投稿

断捨離後の車内は見違えるほどスッキリした広い空間が現れて、普段のドライブが一段と爽やかになるかもしれませんね。

その6 : 空気の抵抗と乱れを最小限にする

ジムニーシエラを使い倒せば使い倒すほど、エクステリアのカスタムにも手を着けちゃうのが人情ですよね。荷物を乗せるためのルーフキャリアとか、スタックしたときのためのウインチとか。

燃費は空気抵抗が大きくなれば大きくなるほど、空気の流れが乱れれば乱れるほど悪くなります。燃費性能向上にしのぎを削ってる自動車メーカー各社が、流線形のデザインを採用する大きな理由の一つがこれですね。

空気抵抗をより小さく、空気の流れをよりスムーズにするためにも、エクステリアへ取り付けるカスタムは最小限にするのが吉かも。

とはいえ、せっかくジムニーシエラのオーナーになったのに、燃費を気にしすぎて楽しめないのは本末転倒。納得いくまでこだわって、自分だけのジムニーシエラに仕上げたいですよね。

カスタムの王道かつ醍醐味! リフトアップ記事はこちら ↓

関連 ジムニーシエラ カスタムするならリフトアップ!その方法と費用は?

外観やアイテムを我慢せずに燃費も伸ばす方法も、もちろんあります。

その7 : アクセルワークはマイルドに

急な加減速は、クルマに負担を強いるばかりか、燃費にも悪影響を及ぼします。たとえば、加速時にアクセルをガバッと踏むと、燃料は大量に消費されますが、レスポンスがついてこれないので加速はそれほどでもない。という残念なことに。

いわゆる「急加速」はガソリンの無駄遣いと心得て、マイルドなアクセルワークを心がけましょう。その方がクルマにも環境にも優しいし、何より、一緒に乗ってる大切な人やペット、積み荷に優しいですよね。

ただ、注意したいのは、あまりにものんびり過ぎるアクセルワークは、逆に燃費を悪くするのでご注意を。

その8 : 下り坂ではエンジンブレーキを使う

引用: スズキ公式

燃費を少しでも良くしようと、下り坂をニュートラル状態で走ったり、クラッチを切った(クラッチペダルを踏んだ状態)まま走ったりする方法を聞いたことはないでしょうか? あれ、残念ですが効果ありません。

というか、下りでは、ニュートラルやクラッチを切ったまま走るより、エンジンブレーキを使った方が燃費は伸びます。その理由は簡単。エンジブレーキは燃料を消費しないけど、ニュートラルやクラッチを切った状態だと、燃料を消費するからです。

エンジンブレーキを使ってる時は、アクセルペダルは踏んでないですよね? 特殊な環境や運転をしてない限りは。ということは、スロットルが閉じられてるので、燃料が噴射されないんです。

これに対して、ニュートラルやクラッチを切った状態だと、エンジンはアイドリング状態なので燃料を消費します。この違いが燃費の違いに反映されるというわけですね。

それよりも、エンジンブレーキを使わずに下り坂を降りるのはとっても危険な行為です。フェード現象で車が暴走して大事故にもつながりかねません。

そういったことからも、下り坂ではエンジンブレーキを使いましょう。安全走行できて燃費にも影響しないなんて、一石二鳥ですね。

その9: 高速道路は80キロをキープ

ジムニーシエラはそのボディスタイル上、高速走行が得意とは言い難いクルマです。それは、空気抵抗が比較的大きくなるから。

燃費トップクラス代表のトヨタ・プリウスと比べると一目瞭然ですよね。走行したときの空気を受け止める面積と、空気を流す流線形度合いが全く違います。

それを踏まえて、高速道路では80km/hで走るのが最も効率的です。空気抵抗は速度が上がれば上がるほど大きくなるのはご存知のとおり。例えば、80km/h走行と100km/h走行では、空気抵抗は実に4倍にもなってしまいます。

これにジムニーシエラの、空気抵抗を逃すのが苦手なボディ形状が大きく影響して、燃費はどんどん悪くなると言うわけ。

車種は違いますが、巡航速度を80km/hにしたところ、今までより約3km/hも燃費が良くなったという報告もありました。

その10 : リエゾンとSSを使い分ける

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チョコです (•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾さん(@_choko1)がシェアした投稿

せっかくオフロード界の王者、ジムニーシエラのオーナーになったんだから、林道や未舗装路を走るときには燃費なんか気にせず楽しく走りたいですよね? その気持ちは同じオフロードフリークとして痛いほど分かります。

でも、ちょっと待って。アタックエリアに到着するまでのルートで、もう既にアタックモードになっていませんか? エンジンの「おいしいところ」を使っての運転は気分が高まり爽快で、まさしく「スポーツ」を実感できるところですが、ここはひとつオトナになって冷静に。お楽しみエリア外はリエゾンと思ってゆったり走りましょう。

パワーバンドでの走行は、ジムニーシエラの性能をMAXに楽しませてくれる一方で、燃費のことは二の次。ガソリンをどんどん消費して燃費低下は免れません。

ちなみに、ラリー用語でリエゾンは移動区間、SSは競技区間でしたよね。そして、日常での運転は、もちろんリエゾンモードですよね。

その11: 番外編〜ハードな燃費向上策〜

これまでは簡単に燃費が向上する方法をご紹介しましたが、おまけとして、「簡単とは言えない」けど、燃費が良くなる秘策をお伝えしますね。

エコタイヤ(省燃費タイヤ)を履く

タイヤはクルマの性格を大きく変えるアイテムです。どんな悪路もひるまない走破性重視のタイヤがある一方で、燃費向上を第一に開発されたエコタイヤ(省燃費タイヤ)をチョイスするのもまた一案。

引用:ブリジストン公式

このECOPIAを履くと、燃費が10%向上したという報告もありました。悪路へ行かないなら、十分検討に値する方法ですね。

ただ、悪路走破性は期待してはいけません。不用意に荒れた未舗装路へ入り込むと、スタックして脱出できなくなる可能性大。あくまで燃費にこだわるオーナー向けのタイヤです。

ホワイト系の車体色を選ぶ

引用:スズキ公式

これは、カラーによる蓄熱効果を考慮したものです。よく言われるように、黒色は熱を吸収して、白色は熱を反射しますよね。これは車体色も同じ。

濃色系やブラック系は熱を吸収しやすいので、特に夏は車内温度が上がりやすく、エアコン使用が多くなりがちです。エアコンは燃費低下に大きく貢献するので、結果として「黒や濃色のボディは燃費が落ちる」傾向にあるんです。

逆に、ホワイト系は熱を反射するので、ブラック系に比べてエアコンへの負荷は軽いといえます。なので、燃費に関して言えばホワイト系がブラック系より有利です。

ただ、燃費優位のためにボディーカラーを選ぶのってちょっと違いますよね? あくまで参考程度に受け止めて頂ければ。

ジムニーシエラの燃費が悪いのは仕方ない?

ジムニーシエラで気になることのひとつのは、燃費がいいのか悪いのかじゃないでしょうか? フルモデルチェンジしたんだから、燃費性能は良くなってて欲しい反面、燃費性能を良くするあまり、本来の走破性をスポイルしてたらガッカリだし。

そんなモヤモヤにお答えするのがこの章です。それではまず結論から。

  • カタログ燃費はMT15.0km/L、AT13.6km/L
  • 実燃費はMT13.4km/L、AT12.9km/L
  • シエラ同士だとMTは約4%ATより燃費がいい
  • 新旧での実燃費比較は、新型が約16%の燃費向上を達成
  • ライバル対決は・・・

これらをじっくり検証してみましょう。

ジムニーシエラの燃費基本スペック

引用: スズキ公式

まずは、ジムニーシエラのカタログ燃費と実燃費を見てみます。ジムニーシエラはカタログではWLTCモードに準拠した燃費性能が表示されてます。WLTCモードとはWorldwide-harmonized Light vehicles Test Cycleの略で、世界標準規格です。日本では平成29年夏以降にWLTCモード燃費が算定されたクルマから、順次カタログに搭載されることになります。

WLTCモードの最大の利点は、今まで使われてたJC08モードに比べてより実燃費に近い数値が測定されることで、車種や乗り方によっては、カタログスペックと同等かそれを上回る数値を叩き出すレポートも続出してます。

カタログ値はMT15.0km/ℓ、AT13.6km/ℓ

ジムニーシエラの燃費をカタログからまとめると、下の表のようになります。ちなみにグレードでの差はなく、JCもJLも同じ燃費です。

トランスミッション5速マニュアル4速オートマチック
WLTCモード15.0km/L13.6km/L
市街地モード12.8km/L11.2km/L
郊外モード15.8km/L14.7km/L
高速道路モード15.9km/L14.6km/L

実燃費はMT13.4km/L、AT12.9km/L

当サイトの独自調べによると、ジムニーシエラの実燃費はMTで平均13.4km/L、ATで約12.9km/L でした。

 5速マニュアル4速オートマチック
実燃費13.4km/L12.9km/L
カタログ燃費15.0km/L13.6km/L

4速オートマチックはカタログ値と実燃費との誤差が約5%と、WLTCモードの正確性が証明された形になりましたね。対して5速マニュアルは約10%の開きとなっていますが、これは恐らく、マニュアルを選択するユーザーは趣味性が高い(=「遊ぶ」要素が高い)ためだと思われます。

私の知人も今年(2019年)8月にジムニーシエラを納車したばかりなんですが、街乗り、高速道路、そしてフラットな林道を少し走って1回給油した時点で13km/Lだと言ってました(AT、オフロードタイヤにカスタム済)。

ただ、実燃費はオーナーの使い方によってかなり差が出るのも事実。中には1ケタ台というケースもあったので注意が必要です。

新旧比較は新型に軍配。新型ジムニーシエラは燃費アップ

同じジムニーシエラ同士の新旧燃費比較はどうでしょう? カタログ燃費は、 旧型がJC08モード、新型がWLTCモードと計測方法が異なるので、実燃費で比較してみましょう。

旧型ジムニーシエラ新型ジムニーシエラ
11.1km/L12.9km/L

※ATモデルの燃費比較

ジムニーシエラは、旧型と比較して約16%の実燃費向上が図られてることが明らかになりました。スズキ開発陣の健闘が光ります。

ジムニーシエラ vsライバル車の燃費対決

正確には、ジムニーシエラにはライバルは存在しないと言っても過言ではないでしょう。その独特の存在感は何者にも代え難く、唯一無二の存在。尋常じゃない納車待ち期間からも、それは伺い知れますよね。

しかし、今回は、主にリッターカーSUVほかの

  • 旧型シムニーシエラ
  • 新型ジムニー660cc
  • スズキ・イグニス4WD
  • スズキ・クロスビー4WD
  • トヨタ・C-HR 4WD(ガソリン)
  • 同上(FFハイブリッド)
  • ホンダ・ヴェゼル4WD(ハイブリッド)

達に、あえて「ライバル」として対決して頂きました。

カタログ燃費比較

カタログ燃費比較は、あくまで参考程度に留めておきます。というのも、燃費の計測基準が異なるからです。今までのJC08モードに変わり、平成29年夏以降にモデルチェンジを受けた車両から順次WLTCモードでの表示に切り替わってるんです。

計測方法が異なるので、単純に比較できないんですね。ただ、未確認情報ですが、WLTCモードに0.9をかけるとJC08モードに換算できるとの話も聞こえてきますので、ご参考まで。

カタログ燃費での比較をグラフにしたものがこちら ↓

ハイブリッド車の燃費には、ガソリン車が叶うはずもありません。しかし、トヨタC-HRの4WDガソリン仕様(下から3番目)と比べると、その差は1.8km/Lと、そんなに差がないことが分かります。

相対比較グラフがこちら ↓

旧型シエラと比較すると、7%の燃費改善が図られてます。旧型がJC08モードで新型がWLTCモードであることを考えると、実際の改善値は更に数字が大きくなることは確実です。

実燃費比較

次に、当サイトが独自に調査した実燃費で比較してみましょう。

実燃費での比較をグラフにしたものがこちら ↓

トヨタC-HRの4WDガソリン仕様(下から3番目)と比較して、その差は0.2km/Lと、ほとんど差がなくなりました。もはや、同等と言っても過言ではないでしょう。

ちなみに、トヨタ・C-HRのFFハイブリッドの実燃費は23.7km/Lでした。(グラフから突き抜けちゃってますね)

そして、驚くことに、新型シエラATの実燃費は、新型ジムニー660ccのMTを0.3km/L上回る結果となりました。小排気量かつマニュアル車が大排気量ATに燃費で負けるとは驚きませんか? 

ただ、これはエンジン性能というよりも、使い方で大きく差が出たんだろうと思われます。いわゆる、ジムニーフリークによる「本来の」ジムニーの使い方をした結果が反映されているのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

haluka.mさん(@haluka___m)がシェアした投稿

大小ジムニー燃費比較以外の、新型ジムニー660とジムニーシエラの比較記事もどうぞ ↓

関連 新型ジムニーVSジムニーシエラ。違いで分かったそれぞれのメリット

相対比較グラフがこちら ↓

トヨタ・C-HRのFFハイブリッドは、ジムニーシエラATの1.8倍の燃費です。さすが。とはいえ、クルマの性格の違うし、そもそもFFだし、購入時のライバルにはなり得ませんね。あくまで参考ということでご了承お願いします。

旧型ジムニーシエラと比べると14%もの燃費向上が図られてます。新型になってエンジン排気量が1,300ccから1,500ccへと200ccアップしたのに燃費が14%も向上するとは、スズキの開発力に驚かされますね。

ジムニーシエラのエンジンが時代に逆行した理由

引用: スズキ公式

ジムニーシエラはモデルチェンジして、旧型の1300ccから新型の1500ccへと排気量がアップされました。ところが、最近のトレンドはエンジンの小型・軽量化と小排気量化。

たとえば、コンパクトSUVの排気量を見てみると、

  • スズキ イグニス:1,200ccハイブリッド
  • スズキ ハスラー:1,000ccターボ、マイルドハイブリッド
  • トヨタ CH-R:1,200ccターボ
  • ホンダ ヴェゼル:1,500cc

と、軒並み小排気量シフトが進んでいます。では、なぜ、ジムニーシエラはあえて大排気量への道を選んだのでしょうか?パワーアップを安易に排気量に求めた? 

いいえ、違います。ジムニーシエラが時代に逆行して排気量をアップさせたのは、低速域での十分なトルクを得るためだったのです。

凍結路や泥濘地など、μ(ミュー。摩擦係数)が小さい(= スリップしやすい)路面での活動が想定される車の性格上、低速域でのトルクはとても重要です。つまり、悪路走破性をより高めるための改善と認められます。

まとめ

  • ジムニーシエラ の実燃費はATが12.9km/Lで、MTは13.4km/L
  • 燃費向上のポイントは軽量化と抵抗の軽減
  • すぐできる10個の燃費向上メニューで維持費が安くなる
  • ジムニーシエラの燃費は同排気量SUVの中では悪くない
  • 新型ジムニーシエラはトルク向上のために排気量アップが図られた

冒頭でも触れたように、ジムニーシエラのオーナー、又は検討されてるあなたは、おそらく燃費性能はそこまでシビアには求めてないはず。でも、負担なく燃費を良くできるならそれに越したことはないですよね。

更に、燃費が良くなると航続距離の長大化にもつながり、より山深い奥地へと足を踏み入れることも可能になってきます。

燃費向上で得たお金や航続距離の余力、あなたなら何に使いますか? 

関連新型ジムニー/ジムニーシエラの納期状況【2019年8月最新】

関連 新型ジムニー 内装をおしゃれにカスタム!おすすめのツールを紹介

関連新型ジムニー/シエラの5ドアロング仕様計画!?最新情報まとめ!

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る