スバル 次期レヴォーグ大予想!2020年フルモデルチェンジでSGP&新ターボ採用

この記事をシェアする

次期レヴォーグ

スバルの人気ステーションワゴン『レヴォーグ(LEVORG)』が2020年にフルモデルチェンジ予定。

今年3月のジュネーブショーでは次期型を示唆する「ヴィジヴ・ツアラーコンセプト」が初公開され、着々と世代交代の準備が進んでいることがうかがえます。

本記事では、新開発ターボや最新版アイサイトの導入など、大きく進化する次期レヴォーグについて余すことなく予想・解説しています!

ジュネーブショー’18で『ヴィジヴ ツアラーコンセプト』初公開

ジュネーブショー'18で公開されたヴィジヴツアラーコンセプト

スバルは2018年3月に開催されたジュネーブ国際モーターショー(スイス)において、「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」を世界初公開しました。

このコンセプトが次期レヴォーグのベースモデルになります。

VIZIV TOURER CONCEPTのポイント

  • 2013年に登場した”VIZIVコンセプト”シリーズの最新モデル
  • 走り・使い勝手・安全を高レベルで融合。ツアラーとしての新価値を表現
  • 最新版アイサイトによる高度運転支援技術を装備
  • デザインフィロソフィ“DYNAMIC x SOLID”で塊感を演出

▼主要スペック

全長×全幅×全高:4,775×1,930×1,435mm
ホイールベース:2,730mm
タイヤサイズ:245/40 R20
乗車定員:4人

※後ほどヴィジヴツアラーコンセプトのデザインを詳しくご紹介!

[参考]現行レヴォーグについて

現行レヴォーグ STI Sport

現行レヴォーグ STI Sport

レヴォーグはレガシ・ツーリングワゴンの後継車として2014年6月に登場。

  • 4代目レガシィとほぼ同じボディサイズ
  • 走りの楽しさを追求したハンドリングと動力性能の高さ
  • ワゴンならではの使い勝手の良さ

などが評価されています。

SGP採用で基本性能大幅UP

新型レヴォーグには、弟分のインプレッサで初採用された新世代プラットフォームSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が導入されます。

2016年のマイナーチェンジではSGPの技術を活用したサスペンションチューニングが施されましたが、やはり屋台骨の性能の差は大きいものでした。

ようやくレヴォーグにもSGPを採用することで、クルマの基本性能が飛躍的に向上します。

ボディサイズ拡大、グローバルモデルとして展開か

ヴィジヴツアラーコンセプトのボディサイズ

レヴォーグは米国市場用にサイズアップしたレガシィに代わる国内専売モデルとして開発されました。

しかしここ最近は、同セグメントの競合モデルと比べると、少し中途半端なサイズ感・格下感といった印象もありました。

そこで新型ではプラットフォームの刷新を機にボディサイズも拡大する見込み。結局、日本モデルのはずが欧州市場の要望で海外展開した経緯もあるので、グローバルに販売可能なサイズにするというわけです。

ボディサイズ予想・比較
モデル名 全長 全幅 全高 ホイールベース
ヴィジヴツアラーコンセプト 4775 1930 1435 2730
次期レヴォーグ(予想) 4750 1800 1460 2730
現行レヴォーグ 4690 1780 1490 2650

ヴィジヴツアラーコンセプトの全幅はショー仕様となっていますが、ホイールベースや全長は現実的な数値となっています。

次期レヴォーグは従来モデルに比べて、

  • 全長:+60mm
  • 全幅:+20mm
  • 全高:-30mm
  • ホイールベース:+80mm

と予想。全高は3センチ前後低くなり、よりスポーティなフォルムに仕上がるはず。

次期レヴォーグのエクステリア(外形デザイン)

新型レヴォーグ(ヴィジヴツアラーコンセプト)のフロントビュー

デザイン面もヴィジヴツアラーコンセプトが大きなヒントとなります。

昨年の東京モーターショーで発表された「ヴィジヴパフォーマンスコンセプト」と共通のデザイン言語を取り入れつつも、やや控えめなフロントバンパーやエアインテークの造形。

「ダイナミック×ソリッド」で塊感を強調しつつ、フラッグシップワゴンらしい重厚感や洗練された雰囲気を身に纏っています。

ボンネットフードにはターボ車の証であるエアスクープが設けられています。

新型レヴォーグ(ヴィジヴツアラーコンセプト)のサイドビュー

個人的に一番好きなのがサイドビュー。

全長が伸び、車高が抑えられていることで、伸びやかでシャープなプロポーションです。

また、大きく張り出したフェンダーが躍動感を演出。後輪の上からリアランプへと刻まれたプレスラインが今にも走り出しそうな前傾姿勢をつくりだしています。

市販モデルにもこのエッセンスをたっぷり注ぎ込んでほしいところ。

新型レヴォーグ(ヴィジヴツアラーコンセプト)のリアビュー

リアも塊感たっぷり。

その奥にはステーションワゴンならではの広いラゲッジスペースを備えています。

リアコンビランプは「コの字型」を継承。

『ヴィジヴツアラーコンセプト』の画像ギャラリー

アイサイトの最新版”バージョン4”搭載なるか

運転支援システム「EyeSight」の次世代版となる”バージョン4”の搭載を前提に開発が進められています。 (現在の最新型はアイサイト・ツーリングアシストの”ver3.5”)

バージョン4では、新型フォレスターで実用化されたドライバーモニタリングシステム(顔を認識して居眠りや前方不注意を警告)をパッケージング。

また、フロントバンパーに新たなレーダーセンサーを装着。横方向からクルマが飛び出してきた場合も衝突回避・被害軽減を支援してくれます。

さらに注目は高速道路での自動運転。レーダーとデジタルマップGPSを用いることで、車線変更を自動でおこなったり、カーブでの減速が可能になります。人間の介入がほとんど不要になり、長距離ドライバーにはとても助かる機能です。

ただ、バージョン4の開発が暗礁に乗り上げているという情報があります。次期レヴォーグに間に合わないか、発売時期がずれ込む可能性も考えられます。

パワートレインには新開発ターボエンジンが登場!

中期経営計画『際立とう2020』によると、2019年に新設計のダウンサイジングターボエンジンが登場する予定となっています。

その第一弾搭載モデルとして有力なのが次期レヴォーグです。

新設計ダウンサイジングターボの導入計画

現行モデルには、

  • 2.0L ハイパフォーマンス“DIT”(FA20型)
  • 1.6L インテリジェント“DIT”(FA16型)

の2つの直噴ターボが設定されていますが、新型では、

  • 2.0Lに代わって[新開発1.8L ターボ]
  • 1.6Lに代わって[新開発1.5L ターボ]

となる見通し。また、

  • STIスポーツ用の[2.4L直噴ターボ]

がフラッグシップに据えられます。

次期レヴォーグ 予想エンジンスペック
  1.5L 1.8L 2.4L 
エンジン 水平対向4気筒 DOHC+ターボ
最高出力 約150ps
約180ps 約270ps
燃費(JC08) 18.0 km/L 15.0 km/L 13.0 km/L

次期レヴォーグの価格予想

現行モデルの価格設定は、

  • 1.6Lターボが286万円〜
  • 2.0Lターボが361万円〜

新型は新開発ターボの搭載や最新バージョンのアイサイトを全車標準装備することから、10万円前後の値上がりが予想されます。

▼新型レヴォーグの予想価格

  • 1.5Lターボが290万円〜
  • 1.8Lターボが370万円〜

次期レヴォーグの発売日はいつ?

予想発売時期:2020年6月

2019年にも発売という見立てでしたが、どうやら次世代アイサイトの完成を待って2020年デビューが有力のようです。

順調にいけば2019年秋の東京モーターショーでお披露目があるかも。

【あなたにおすすめ】

スバル 新型レガシィアウトバック フルモデルチェンジ情報!発売時期は2020年

スバル 次期レガシィ B4 最新予想!2020年フルモデルチェンジで新開発ターボ採用

スバル 新型WRX STI まとめ!2019年にも全面改良か 新デザインや搭載エンジン予想

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る