【レクサスLC F】2019年 新開発V8ツインターボ搭載の本格派スポーツが登場!

この記事をシェアする

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定

【レクサスLC F】

レクサスは2017年3月、フラッグシップスポーツクーペ「LC500/LC500h」を発売。

そして現在、ハイパフォーマンスモデル『レクサスLC F』の開発が着々と進められています。

注目のパワートレインや気になるデザイン、価格や発売日など、超本格派スポーツへと引き上げられるLC Fの最新情報をお伝えします!

高性能モデル『レクサスLC F』が2019年にも登場予定

昨年3月にデビューしたラグジュアリースポーツクーペ「レクサスLC」は、新開発のGA-Lプラットフォームを採用し、優れた操作安定性や乗り心地を実現。

LC500h

LC500h

パワートレインは、

  • V6 3.5リッターのハイブリッド
  • V8 5.0リッターのNAエンジン

を揃えており、特にガソリン車は大排気量(5000cc)ならではの迫力ある加速感とエンジンサウンドを楽しめます。

すでに十分なスペックを誇るLCですが、「F」モデルでは内外装デザインから足回りに至るまでスポーツ性能をさらに追求。ラグジュアリークーペという肩書きが似合わないほどの”超本格派スポーツクーペ”に引き上げられます。

2017年2月に欧州連合知的財産庁(EUIPO)に「LC F(エルシイエフ)」を商標登録済み。発売時期は早ければ2019年秋頃を予定しています。最新情報によれば、11月のLAオートショーでの初披露が有力とのこと。

レクサスLC Fのテスト車両をスクープ!

「レクサスLC F」のスクープ画像

ついにスパイショットが激写されました。

基本デザインは通常モデルと共通ですが、フロントバンパーには冷却効果を高める大きなエアインテークを採用しています。

さらに、空力性能を重視したフロントスポイラー、ワイドに張り出したフェンダー、リヤディフューザー、左右2本出しマフラーなどが確認できます。

シャシーやボディにカーボン採用で徹底した軽量化

新開発プラットフォームを用いているため十分な軽量化が施されていますが、さらなる軽量化が図られます。

さまざまなパーツがCFRP(カーボンファイバー素材)に変更され、通常モデル比7%もの大幅な軽量化を目指しているとのこと。同時にサーキット走行にも耐えうる剛性アップも実現します。

さらにボンネットフードやルーフなどボディにもカーボンを採用し、重量軽減を図ります。

レクサスLC Fの予想CG画像をゲット

レクサスLC Fの予想CG

スクープ写真や最新情報をもとに作成された予想CGを入手しました。

サイド下部には気流が車体の底面に入り込むのを防ぎ、安定性を高めるサイドスカートを装着。また、スポーティさを際立たせるエアインレット・アウトレットもあしらっています。

なかなかリアリティのある予想画像です。

注目は新開発の4リッターV8ツインターボエンジンの搭載

レクサスLC Fに搭載予定のエンジンは、次世代型TNGAコンセプトに基づいて新開発される4.0リッターV8ツインターボ。今後Fシリーズに搭載されていくであろうエンジンです。

ライバル車に負けないよう、最高出力は600ps以上になるといわれており、670psに到達するという予想もあります。これは「日産 GT-R NISMO」の600psを抜き、日本車でトップに君臨する数値。とんでもない動力性能ということがお分かりかと思います。

トルク性能も抜かりはなく、世界最高クラスとなります。

また、トランスミッションはLC500と同じ10速AT。駆動方式は重量増を避けるため4WDではなく、通常のLCと同じFRになる可能性が高いとのこと。

エンジンスペック予想
エンジン種類V8 DOHC ツインターボ
総排気量3998cc
最高出力670ps/6,800rpm
最大トルク66.3kgm/1,600〜4800rpm
駆動方式FR(後輪駆動)
トランスミッション10速AT

レクサスLC Fの価格予想

通常モデルでも1300~1475万円と高額な設定。

LC Fは徹底した作り込みで少量生産となるため、2000万円オーバーとなる見込みです。

参考までに国産車では、日産 GT-R NISMOが1870万円、ホンダ NSXが2370万円。

さいごに

海外メーカーのスーパースポーツクーペに目を向けると、

  • メルセデスベンツAMG GT
  • BMW M6
  • ジャガー F-TYPE R

などが挙げられます。

レクサスLC Fはこれら対抗車を凌ぐエンジンスペックに期待がかかりますが、トータルでの出来にも注目したいところ。楽しみです。

あと、LCにオープン仕様も追加される予定です。こちらも要チェック!

関連 レクサスLC コンバーチブルを公開!2019年内にも市販、ルーフ素材は?

<ピックアップ記事>

レクサスLCが2019年11月にもマイナーチェンジ!?その真相や内容に迫る!

レクサス 新型車&モデルチェンジ最新情報【2019-2020】

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る