レクサス 新SUVコンセプト『LF-1 Limitless』を北米オートショー’18で公開

この記事をシェアする

レクサスは2017年12月5日、アメリカ・デトロイトで2018年1月14日(日)~1月28日(日)に開催される北米国際自動車ショー2018において、新クロスオーバーコンセプト『Lexus LF-1 Limitless(以下、LF-1リミットレス)』を出展することを発表しました。

「LF-1リミットレス」の一部を公開

Lexus LF-1 Limitlessのボディ後部

レクサスはLF-1リミットレスについて、「新しいラグジュアリーの方向性を表現したフラッグシップ・クロスオーバー」と紹介。米国・南カリフォルニアに拠点を構えるキャルティ・デザイン・リサーチ社がデザインしたことも明らかとしています。

また、デトロイトオートショーでの出展に先駆け、レクサス公式HPにてLF-1リミットレスの一部画像を公開(上記画像)。全体像はつかめませんが、サイドまで大きく回り込んだリアランプや、エッジの効いたプレスラインなどが最上級モデルであること感じさせます。

またリアハッチの角度が非常に浅いのが印象的です。現在ラインナップされているクロスオーバーSUV「レクサスRX」に比べると、かなりゆるやかな傾斜になっているのが分かります。クーペ風のスポーティなスタイリングであることが想像できます。

Lexus LF-1 Limitlessのヘッドライト等

12月19日には、フロントマスク(ヘッドライトまわりの点灯シーン)を公開。

ヘッドランプは斬新な造形のアローヘッド形クリアランスランプが採用され、トヨタのアンダープライオリティ哲学(バンパー下部を強調するフロントマスクのこと)を創出する逆L字型のサブライトも見て取れます。ここでも、まるでセダンやクーペのような低重心具合が伺えますね。

なお、公式リリースではライトが順に点灯していく様子を見ることができます。

次期LXかRX?はたまた完全ニューモデル?

少し気が早いですが、はたしてLF-1リミットレスはどのモデルとして市販化されるのしょうか。各クルマ関連メディアでは、次期LX570と予想するところもあれば、次期RXシリーズに昇華するのではないかという見方もありました。

LX570

LX570

しかし、筆者は”両方とも違うのでは”という考えでいます。本格SUVであるLX570の対になる、もしくはそれ以上のフラッグシップに位置づけられるニューモデルクロスオーバーSUVとして登場するという見立てです。理由としては、LX570がLF-1リミットレスのようなクロスオーバー性の強いデザインに刷新されるとは考えにくいですし、RXをフラッグシップという位置づけに引き上げるのも違和感が残るから。

ただレクサスは来年、新型コンパクトクロスオーバーの「レクサスUX」を登場させる予定があり、そうするとレクサスのクロスオーバーSUVは「UX」、「NX」、「RX」の3つとなります。そこにさらに最上位モデルが追加されるとなるとラインナップが煩雑になる感はありますね。

そのため、次期RXという案は少し可能性が残りますが、やはり完全ニューモデルとみるのが自然だと思います。

世界初公開は来年1月15日!

冒頭でお伝えしたとおり、北米国際自動車ショー2018でお披露目されるLF-1リミットレス。

日本時間で1月15日(月)午後10時35分から開催されるレクサスのプレスカンファレンスにてワールドプレミアされる予定です。

LF-1リミットレスの全貌が明らかとなるのはもう少し!公開後に改めて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る